BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■バイオショック(ゲーム) 2011.08.28

息子が徹夜でゲームをしていたので、
「人生を棒に振るぞ」
と説教をたれた後、
面白そうなので、
プレイしてみた。
結果、
最高!とはいかないが、
それなりに面白い。

「バイオショック(BioShock)」は、
Xbox360のゲームだが、
息子が持っていたのはPC版。
なぜ、PC版かというと、
息子はこのジャンルのコアーゲーマーなのだ。

バイオショックは、
FPSとよばれる一人称視点のシューティングゲーム。
プレイヤー視点で、
あっちをウロウロ、こっちをウロウロ、
敵を倒してまわるのだが、
それだけでは退屈なので、
ストーリーもある。
つまり、
「FPS+RPG」。

これまで、僕と息子は、
米国id Software社の「DOOM」、「QUAKE」シリーズ、
米国EA社の「メダル・オブ・オナー(Medal of Honor)」シリーズ
などFPSの名作をプレイしてきた。
その経験から言うと、
ゲーム専用機よりPCのほうが操作しやすい。
マウスとキーボードを併用できるからだ。

具体的には、
’W’:前方移動
’S’:後方移動
’A’:左移動
’D’:右移動
マウスで視点をグリグリ変えて、
左クリックでShoot!
これが一番。
息子が、Xbox版ではなく、
PC版を買った理由はここにある。

ただ、
PC版はPCのハードに大きく依存する。
スペックがチープだと、
解像度や画質を落とす必要があり、
けっこうメンドー。
ところが、息子のPCは、
ドスパラ(DOS/Vパラダイス)最強のゲームマシン。
彼はこの天下無双のマシンで、
毎夜、ムダに世界を救っているわけだ。

さて、そのバイオショックだが、
いわゆる「洋ゲー(洋モノゲーム)」で、
何もかもがアメリカ的。

ストーリーは ・・・

飛行機が海に墜落し、
あたりを見渡すと、
なぜかそこに建物がある。
建物まで泳ぎ、
中に入るとゲーム開始。

地上からエレベータで、
海底に降りていく。
どうやら、海底都市らしい。
その後、
この海底都市ラプチャーを歩き回り、
敵を殲滅する作業に入る。

ところで、
この手のゲームは世界観が重要だ。
さっそく、
アマゾン(Amazon)でチェックすると、
バイオショックの世界観は、
1.レトロフューチャー
2.スチームパンク
らしい。
まぁ、あたらずとも遠からず。

ここで、
「レトロフューチャー」とは、
レトロ(懐古的)なフューチャー(未来)。
具体的には、
一応ハイテクなのだが、
どこか懐かしい、
古き良き時代的な世界。
最近では、
映画「スカイキャプテン/ワールド・オブ・トゥモロー」が、
ビンゴだろう。

「スチームパンク」は、
ちょっとややこしい。
ハイテクなのだが、
現実とは違った進化をとげた世界。
具体的には、
「電子計算機」ではなく「歯車計算機」、
「原子力機関」ではなく「蒸気機関」、
人体改造は、
「DNA操作」ではなく「メカの埋め込み」。
それに、超能力や霊魂も ・・・
というわけで、
ちょっとコワイ世界。

「スチームパンク」は、
デイヴィッド・リンチの映画「デューン/砂の惑星」と
庄野晴彦のPCゲーム「ガジェット・完全版」が
際立っている。
大友克洋のアニメ「スチームボーイ」も、
スチームパンク狙いだが、
こっちはスカ。
絵はうまいし、
描き込まれてるのに、
何かがズレている。
(声優は最低)

バイオショックに話をもどそう。
アマゾンの評価にケチをつけるわけではないが、
「レトロフューチャー」というよりは、
レトロな過去?
「スチームパンク」というよりは、
技術が古いだけ?
つまり、
1960年代のアメリカが、
そのまま海底都市に封印された感じ。
とはいえ、
「退廃」と「オカルト」のスパイスが効いているので、
独特の世界観はある。

一方、
登場キャラはなかなかいい。
頭のネジがはずれた雑魚キャラ、
海底都市ラプチャーを徘徊し、
死体からADAMを抜き取る不気味な少女「リトル・シスター」、
それをガードする潜水服キャラ「ビックダディ」。
どれもこれもユニークだ。

ストーリーは良いが濃くはない。
しょせん、シューティングなので、
あまりストーリーが濃いと、
わずらわしく感じるからだろう。
このへんのバランスは難しいが、
バイオショックは一応、○。

あと、
「ハッキング」というミニゲームがある。
金庫を開けるときや、
商品をディスカウントするときに必要だ。
パターン認識とスピードだけの
一発勝負のパズルゲームだが、
なかなか面白い。
後半、難しくなるが、
ボケ防止にもなると思い、
すべてクリアした。
(カネを払えばスキップ可能)

次に武器。
レンチ、ピストル、ショットガン、マシンガン、ケミカルガン、
弓矢、バズーカ砲など、
わりと平凡。
あと、
プラスミド(特殊能力)もある。
電撃、火炎、念力のたぐい。
こちらも平凡。
ただ、武器と併用すれば、
戦闘のコストパーフォーマンスは上がる。
たとえば、
電撃で敵の動きを止めた後に、
武器で仕留める、など。

ゲームの難易度はかなり低め。
この手の洋ゲーにしては珍しい。
とはいえ、
若い頃のようにはいかないだろうから、
「簡単」モードでプレイした。
すると、サクサク進む。
アイテムや弾薬はあまるほどだし、
敵も適当なところで死んでくれる。
ヒントもあるので、
次にどこへ行くか困ることはない。
これは楽チンだ。

ただ、
世界観はいいのだが、
同じようなシーンが多く、
すぐにダレる。
もう少し構造物にメリハリがあったほうがいいと思う。
たとえば、
全面ガラス張りで、海底が丸見えの部屋とか。
もっと、”異形”が欲しい。

バイオショックの開発元は、
米国「2Kボストン/2Kオーストラリア」だが、
この世界によくある話で、
すでに買収されたらしい。

そういえば、
「DOOM」や「QUAKE」を世に送り出した名門「id Software」も、
すでに買収されている。
あれだけ、ヒットを飛ばしたのに。
ゲーム業界も最終的には、
大手数社に統合されるのだろう。
(映画業界のように)

バイオショックは、
ゲームの難易度を下げ、
世界観とストーリーで勝負している。
まぁ、今どきのゲームだろう。
とはいえ、
この手のゲームは日本人では作れない。
粋で、深みのあるセリフが必要だからだ。
だから、
どう頑張っても、
似て非なるモノしか作れないだろう。
スクエニのFFのように。

さて、エンディングだが、
リトルシスターを救う、または手にかける、
でシーンが違うらしい。
僕は「救う」を選択したが、
そのエンディングは ・・・
ちょっとジーンときた。
1分ほどのムービーなのだが、
ツボを得て感動的。
これがセンスなんだろうな。

ゲームをプレイしたのは、
ほぼ1年ぶりだった。
バイオショックは、
それなりに楽しめたが、
”没入”とまではいかなかった。

ゴッドオブウォー」のような、
ド迫力の映像と高いゲーム性、
「ガジェット」のような、
魂を揺さぶるような世界観、
バイオショックには、
そんな力はない。
まぁでも、
秀作であることは確かだ。
ということで、
洋ゲー、いまだ健在!

by R.B

関連情報