BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■プリウス試乗・ハイブリッド革命 2011.08.07

息子に内々定が出たので、
酔った勢いで、
車を買ってやる、
と約束してしまった。
(もちろん中古車)。

酔いが覚めたところで、
ふと、愛車のプジョー307SWを思い出した。
もう、8年も乗っているので、
立派な中古車。
同じ中古なら、
どこの馬の骨ともわからない車より、
307SWを息子に譲った方がいいのでは?
と思い立ったのだ。
(新車が欲しかった?)

2日後、
トヨタのセールスマンが飛んできた。
カミサンに「Passo」を売ったセールスマンだ。
カミサンがチクった?

でもね、
ハッキリ言っておきますけど、
僕は国産車が大嫌い。
走りはフワフワで、
気持ちが悪い。
鋭く曲がると、
ボディがフニャリ。
ボディ剛性が足りないのだ。

それに、
ブレーキの効きが悪いので、
マジでコワイ。
しかも、
イスが柔らかすぎて、
腰にくる。
あげく、
3年経つと足回りがやれて、
走りはガタガタ。

そして、とどめはあの見てくれ。
信じられないほどの没個性。
あのアホズラ、何とかならんのか?
それが「世界のトヨタ」なのだ(失礼)。

さて、トヨタのセールマン、
カミサンから、
僕の”好み”を聞いて、
持ってきたのが「プリウス」だった。
よりによって、プリウスかよ?

セールスマン曰く、
「とにかく、一度乗ってみてください」
乗るまでもない、
見ればわかるやろ、
プリウスや!
とはいえ、
わざわざ、家まで持ってきてくれたのに、
追い返すのも大人げない。
金沢は世間がせまい。
ヘンなウワサが立つとあとがメンドーだ。
ということで、
我慢して試乗することにした。

まずは、
パーキングの解除。
これがなんと電子スイッチ!
やっぱりプリウスや、トヨタや、
とすでに感情は逆立っている。
わけのわからんシフトレバー操作をして、
いざ、出陣。
アクセルを軽く踏む。

あれ、無音 ・・・
やっぱり、モーターや。
自動車たるもの、
力強いエンジン音でスタートやろ。

アクセルをさらに踏み込む。
ん?意外にトルクあるな。
けっこうスムースに加速するが、
相変わらず、無音。

主線道路に出たので、
さらにアクセルを踏み込む。
モーターからエンジンに切り替わる。
想像していたより加速感がある。
ちょっと意外だ。

速度を上げて、カーブを曲がる。
ボディがふにゃり、
と思いきや、
シャキッと曲がる。
えっ、ウソ ・・・
ボディ剛性が高い?
ありえん。

次に、急ブレーキを踏む。
ブレーキは浅く、
すぐにググッと効くタイプ。
おー、欧州車や!
これ、ほんとにトヨタ車か?

その後、
蛇行したり、曲がったり、ブレーキを踏んだりと、
思いつく限りの意地悪をしたが、
けっこう安定している。
ボディ剛性が高いのかも?
いや、それはありえん。

次に、
路面が荒れた道路を走行。
ロードノイズはしっかり拾う(うるさい)。
同乗したセールスマンすかさず、
「エンジン音が小さいのでロードノイズが目立つんです」
それはちょっと違うな。
吸音材をけちっているからだよ。
(価格を考えればしかたがないが)

また、段差のある悪路だと、
凹凸をうまく吸収できない。
ガタガタが直接伝わってくる。
足回りをけちっているからだ。
(価格を考えればしかたがないが)

さて、試乗が終わり、
下車したとき、
ドアの開閉音をチェックした。
「ペシャッ」
フムフム、やっぱりチープ。
初めて味わう納得感。
これでもし、
「ボムッ」だったら ・・・ トワイライトゾーンやわ。

ところが、しばらくして、
熱いものがこみ上げてきた。
よくこんな車をこの価格で ・・・
燃費がどーのこーの以前に、
車の造りが素晴らしいのだ。

プリウスは、
これまでのトヨタ車とは別もの、
設計思想からして違う、
と思ったほうがいい。
(トヨタのセールスマンもそう言っていた)

車で大切なのは、
1.走る
2.曲がる
3.止まる
あたりまえ、と思うかもしれないが、
国産車で、
これを満たしている車は少ない。

ドイツ車は、
ここは合格なのだが、
壊れまくるのが難点だ。
そして、プリウス。
意外なことに3つともクリアしている。
ボディと足回りが
しっかり作り込まれているからだ(価格の割に)。

ただ、
ドアの建て付けはチープ。
なので、
正攻法でボディ剛性を高めたのではないだろう。
バッテリーの配置、重量のバランスなどが重なって、
結果として、
ボディ剛性が高まった?

インパネもしかり。
チープで殺風景に見えるが、
ムダがなく美しい。
プジョーと表現は違うが、
狙いは同じ「Simple is best」。
僕はこういう車が好きだ。
まぁ、好き嫌いはあるだろうが。

そして、
誰もがみとめる高燃費!
リッター25kmはまさに驚異だ。
ただプリウスは、
モーターとエンジンの混合車。
歴史をみれば明らなのだが、
このようなハイブリッド(混合)技術は、
必ず短命に終わる。
真打ちは、
電気自動車(テスラモーターズ)だろう。

しかし ・・・

我々は今、
実需もないのに、
マネーゲームで不当につり上げられた
高いガソリンを買わされている。
だから、
プリウスは我ら庶民のヒーローなのだ。

ということで、
僕はプリウスに感動した。
プリウスは20年に一度の傑作車だ。
通勤、街乗りならプリウス、
遠出も兼ねるならプリウスα(アルファ)
それ以外の選択肢はない、
とさえ思う。

いろいろキツイこと言ったけど、
ホントは尊敬してますよ、トヨタさん。
トヨタの経営力、組織力、技術力、
そして緊張感は、
間違いなく世界一。
アホな政府、
性根の腐った電力会社、
だまされやすい国民、
そんなフンづまりの日本を導いてね、トヨタさん。

by R.B

関連情報