BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■マカオ出張・帰国  2011.07.24

朝4時半、
モーニングコールが鳴る。
電話機は2機あるが、
例によって、ベッドから遠い方。
電話をとると、
4時半とかなんとか言っている。
機械的な声なので、
自動録音だと思い、
そのまま切ってしまった。

すると、
5分後にまた電話が鳴る。
そこで今度は、
「Ok!Thank you」
と答えると、
それっきり鳴らなくなった。
ひょっとして、相手は人間?
それにしても、
徹底したモーニングコールだ。
中国人(マカオ人)恐るべし!

窓の外を見ると、
ヴェネチアンホテル周辺のホテル群が見える。
今、ここコタイ地区は建設ラッシュだ↓
Macao_Venetian_Windows

ところが、50年前まで、
この一帯は、
タイパ島とコロアン島にはさまれた海だった。
それを、
マカオ政府が人口過密を解消するため、
埋め立てたのである。
地震や津波がきたら、
たぶん、イチコロ。
コワイコワイ ・・・

今日は帰国する日だ。
当初の予定では、
「マカオ国際空港 → 関西国際空港」
だったが、
その便が欠航になってしまった。
福島第1原発事故で、
中国人客が減ったのだという。

そこで、
マカオから香港国際空港まで船で行き、
「香港国際空港 → 関西国際空港」
で帰国することになった。
ところが、
香港国際空港10時発なので、
朝、4時半起き!
ちなみに、この日のスケジュールは、
4時30分:起床
5時45分:ホテルをチェックアウト
5時50分:ホテルを出発
6時20分:マカオのフェリー乗り場に到着後、出国手続き
(乗船の1時間前に出国手続きをする必要があるため)
7時30分:ターボジェット・シー・エクスプレス(高速船)でマカオを出港
8時15分:香港国際空港に到着
10時5分:香港国際空港を出発
以上、立案したのはランディ。
中国人とは思えない緻密さだ(失礼)。

5時30分にホテルロビーに行き、
チェックアウトをすませる。
5時45分キッカリ、ランディが来る。
朝早いので、
さすがに、着の身着のままという感じ。
マイクロバスに乗って、
ランディと最後の世間話をする。

ランディ曰く、
「マカオはカジノの賜(たまもの)です。
マカオのカジノの税収はいくらだと思いますか?」
(見当もつかん)
「1日40億円です。
これ、マカオの税収の40%なんです、ハイ」

この潤沢な税収により、
マカオでは65歳以上は医療費がタダだという。
さらに、
労働力が慢性的に不足しているので、
若者が18歳になっても、
仕事に困ることはないという。

それどころか、
就職した後も、
若者たちが辞めないよう、
上司はご機嫌取りに腐心しているという。
辞めても働き口に困らないからだ。

たぶん、
これは誇張ではない。
数字もみても明らかだ。
今回宿泊したヴェネチアンホテルは、
2万人の従業員が働いているという。
ところが、
マカオの人口は55万人。
労働人口が30万人として、
巨大ホテルが20もあれば、
マカオ経済は成り立つ。
(実際、巨大ホテルは20ある)

というわけで、
若者はメンドーなガイドの仕事などやりたがらないという。
実際、
マカオ市内を歩いていると、
ガイドは年寄りばっかり(60歳以上?)。
ランディは30歳だが、
会社で一番若いという。

ただ、ランディは、
初めからガイドの仕事をしていたわけではないらしい。
大学を卒業した後、
上海のIBMで働いていたという。
なかなか良い会社だと言っていた。
(そりゃそうだろう)

ランディが言うには、
上海は、
日本語ができれば、
仕事に困らないらしい。
ちなみに、
ランディが話せるのは、
北京語、広東語、韓国語、日本語、英語、ベトナム語(頭いいなぁ)。
さらに、
ランディの夫は大学院出だが、
カジノのVIPルームで働いているという。
大学院出てサービス業というのも、
マカオならではだろう。

あと、興味深かったのは、
マカオの国籍の話。
今、マカオのID(国籍)を取るのは至難なのだという。
ポルトガル語ができる弁護士とか、
特殊な技術をもったエンジニアとか、
レアな人材に限られるらしい。
ランディはマカオのIDを取得しているが、
その頃は、
マカオで1000万円以上の家を買えば、
無条件で取れたという。

受け狙いなのだろうが、
ランディはこんな話もしていた。

「カジノで負けて、
食事代100ドル(1000円)貸してくれというお客さんいます。
ランディ、初めは貸したのですが、
今貸さないです。
貸したら、それも賭けごと(カジノ)に使うので。
意味ないですね、ハイ」

30分でタイパフェリーターミナルに到着。
じつは、
ここで出国手続きができるのだ。
しかも、
スーツケースを預ければ、
そのまま関西国際空港まで運んでくれる。
これは楽チン。

ただし、
船に乗るには、
20香港ドルが必要だ(アップストリーミングチェック手続きのため)。
日本円もVISAカードもダメ。
なので、香港ドルをカジノで使い切らないように!
マカオの法廷通貨はマカオ・パタカだが、
どこでも香港ドルでOK(1香港ドル=1パタカ=10円)。

7時30分、
ターボジェット・シー・エクスプレスに乗船し、
香港に向かう。
速い!スクリュー船とは比較にならない。
客室内もちょっとした飛行機なみ↓
Macao_JetShip

45分で香港国際空港に到着。
香港ドルが100ドル(1000円)ほど残っていたので、
土産を買おうと思ったが、
迷ったあげく、
ぜんぶ、円に交換した(ケチ)。

その後、予定どおり、
10時5分、キャセイパシフィック航空で、
香港空港を飛び立つ。
一路、日本に向かった。

キャセイパシフィック航空は、
ワインもでるし、
テレビもあるので、
退屈しない。
ニコール・キッドマンの地味な映画を観て、
時間をつぶす。
この女優、キレた役は最高だ。
ということで、
あっという間に関空に着いた

そこで驚いたのは、
人の少なさと陰気くささ。
あらためて、
日本の現状を思い知った。
放射能、節電、不況、我慢 ・・・
ハッピーなマカオから、
いきなり現実に引き戻されたわけだ。

だが僕は思う。
幸も不幸も自分の”思い”しだい。
放射能・節電・不況という現実を、
ちゃんと受け入れた上で、
どう立ち向かうかだ。

ところが、
今の日本は、
現実を受け入れることなく、
ひたすら、恨み、嘆いている。
大切なものを、
より大切なもののために、
断ち切る覚悟が必要なのに。
それをやらないから、
不幸の袋小路に入っているのだ。
せっかくの人生、
もったいない。

電車を待つ間、
暇つぶしに、
マカオのビデオを再生してみた。
さすがハイビジョンカメラ。
画質がきめ細やかで美麗。
ところが、
途中、ギョッとした。

ヴェネチアン・ホテルの
エレベータがあまりに豪華だったので、
とっさにカメラを回したのだが、
なんと、そこに、
自分の姿が映っていたのだ↓
(全面鏡張りだったので)
Macao_Venetian_Elevator

どこからどう見ても中国人 ・・・
これで、あの謎が解けた。
「どの免税店でも、中国人と間違われた」件だ。
ふふ、これは好都合、
何かあれば中国人で通せる。

その何かとは ・・・

このままいけば、
20~30年後には、
米国は大きく衰退し、
日本は後ろ盾を失う(本当は後ろ盾でも何でもないのだが)。
もちろん、
世界最強国にのし上がるのは中国だ。
そのとき、
ビジョンなき腰抜け外交でしのいできた日本は、
つけを払わされる。
つまり、
「中華人民共和国・日本省」。

もし、そうなったら、
中国人でとおすことにしよう。
中国人が間違えるほどだから大丈夫。
中国語が話せない?
ゼンゼン問題ない。
「ワタシ、ニホンニ、ラチサレテイマシタ」
(拉致被害者の方を冒涜するものではありません)

まぁ、冗談はさておき、
中国語は話せたほうがいいだろう。
ということで、
中国語の勉強でも始めるかな。

by R.B

関連情報