BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■マカオ出張・ショッピング 2011.07.18

マカオタワー1Fに降りると、
ランディが待っていた。
顔を見るなり、
ニッコリ笑って、
「ごくろうさま」
コミュニケーションの呼吸が、
日本流なので、
気疲れしない。

今日のマカオは快晴だ。
ところが、
まとわりつくような湿気。
「今日は湿度高いですね」
と言うと、ランディ、
「今日は80%なんで、まだいいです。
120%のときあります、ハイ」
湿度120%!?

マカオは年間を通じて、
気温が8度~30度とポカポカだが、
湿度が高いので、
湿気に弱い僕にはこたえる。

ランディと、
とりとめのない話をしていると、
マイクロバスが迎えに来た。
バスに乗ると、
頼んでおいたお土産が、
もう届いている。

僕が買ったのは、

1.ポルトガルのポートワイン「Port Wine」(8000円)
本物のポルトガルワインにはこの「Port」の名が刻まれるという。
マディラワインと同じ「酒精強化ワイン」なので味は期待できそうだ。

2.マカオクッキー(1000円)
2色のクッキー(ホテルで売ってない)。
ランディお勧め。

3.鍋敷きと巾着袋セット(1000円)
鍋敷き2枚と巾着袋のセット。
「鍋敷き」は、生地がしっかりしているし、デザインもおしゃれ。
「巾着袋」は、鮮やかな朱色と金色の絵柄で、とても綺麗だ。

バスの中で、
カジノについてランディと話す。

僕:
「ランディ、昨日、1万円負けた」

ランディ:
「それ、負けたうちはいらないです。
ランディのお客さん、
昨日、700万円負けました、ハイ」

え、ウソ?でも、ランディは普通に真顔。

ランディ:
「でも、VIPルームのお客さん、
1回の掛け金は最低20万香港ドル(200万円)です。
ランディのお客さん、
一晩で1億円負けたことあります、ハイ」

VIPルーム?

ランディ:
「VIPルームはお金持ちだけのカジノです。
プランは最低200万香港ドル(2000万円)から。
でも、そんなお客さん少なくて、
1000万香港ドル(1億円)から2000万香港ドル(2億円)、多いです。
でも期間は、1ヶ月、2ヶ月でもOKです、ハイ」

1回の掛け金が200万円で、負け金が2億円?
僕の場合、
1回の掛け金が200円で、負け金は1万円なので、
どっちも1万倍 ・・・ つじつまはあってる。

ランディ:
「でも、1000万香港ドル(1億円)以上は宿泊費はタダです、ハイ」

そりゃそうだろ。
ホテル代なんて端数じゃん。
ところで、
VIPルームの大金持ちってどんな人?
ランディに聞くと、
上海人、香港人、台湾人と言っていた。
そのVIPルームの売上だが、
カジノの全売上の70%だとか ・・・
僕が落とした1万円はチリかゴミ。

20分ほどで、
ヴェネチアンホテルに到着。
その後、すぐショッピングへ。
明日、帰国なので、
お土産を買うのは今しかない。

ホテル3Fに、
ショッピング街があるが、
広すぎてマップを見る気がしない。
ムダ覚悟で、
何度もグルグル回る。
(こっちの方が楽)

フロア全体が、
イタリアのヴェネチアの町並みを模していて、
3本の運河が流れている。
そこに、
ゴンドラが浮かべられ、
「サンタァ~ル、チィ~ア」
と歌付き↓
Macao_Venetian_Cannal

運河沿いには、
大小350の店が並び、
天井が吹き抜けで、
青空が見える。
(じつは人工の空)↓
Macao_Venetian_Shop

ただ、
ほとんどが免税店で、
民芸品を売る店は少ない(残念)。
カミサンと息子に財布を買ってやろうと、
免税店のハシゴをしたが、
そこで奇妙な体験をした。

どの免税店に入っても、
店員がいきなり、
「○@△#×% ・・・」
と、中国語で話しかけてくるのだ。

???

中国語は、
大学時代、麻雀で勉強したが、
数しかわからない ・・・
イー、リャン、サン、スー、ウー、ロー、チー、パー、チュー
(何の役にもたたん)

そこで店員に、
「Not Chinese!」
というと、
相手は申し訳なそうに、
「Sorry, sir!」
と英語に切りかわる。
問題は、
6店舗入って、
すべて同じ展開だったこと。
(理由は後で判明)。

もう一つ驚いたのは、
免税店で「日本円」が使えないこと。
ガイドブックには、
「免税店は日本円はOK」
とあるし、
後で社長に聞いても、
「ありえん」
の一点張り。

息子が就職で内々定をもらったので、
ちょっと奮発して、
ブルガリの財布を買ってやることにした。
値段は6500香港ドル(6万5000円)。
(僕の財布は中国製で3800円)

手持ちの香港ドルは20ドルしかないので、
日本円で払うしかない。
ところが、日本円はNG。
そこで、
VISAカードを使おうとしたが、
「Passwrod,please」
は?日本じゃ、ありえん。
そもそも、暗証番号なんて知らんわ。

仕方がないので、
円を香港ドルに替えて買ったが、
日本円の持ち金はゼロに。
間一髪 ・・・
海外でVISAカードを使う場合は、
暗証番号を確認しておこう。

夜の食事は、
ホテルの外で取ることにした。
初日、取引先に教えてもらったポルトガル料理店に行く。
マカオ半島部にある店で、
タクシーで20分ほどかかった。
あたりを見渡すと、
どこかで見たような風景 ・・・
海事博物館?
世界遺産の観光コースの一つだった!
マカオって本当に狭い。

午後6時、開店直後、
レストランに入ると、
席がほとんどうまっている。
人気のある店なんだろう。
取引先から教えてもらった料理を頼むが、
なかなか通じない。
結局、
お目当ての「アフリカンチキン」は頼めなかった。
(チキン+スパイス+ココナッツミルク ・・・ 美味そうだったのに)

イワシの塩焼きはなんとか頼めた。
オリーブオイルと塩で焼いたもので、
そこそこ美味い↓
Macao_PortDinner_Iwasshi

あと、
タコ入りの蒸しご飯も、まぁまぁ。
(日本人にはあうと思う)
ドリンクは、
タマネギ入りのワインだが、
これは×。
素のワインのほうがいい。
お金がないので、
全部社長のおごり。
社長に謝謝(シェシェ)。

僕らの席の横に、
中国人のTVクルーがいた。
女性が2名、男性が10名、
仕事の後の会食だろう。
肉料理がこないので、
まずは、パンと赤ワインで宴会が始まる。
完全に西洋式だ。

やがて、
若い人がボトルをもって、
年配者に酒をついで回る。
古き良き時代の
日本の宴会風景 ・・・
だが、
日本人の宴会と微妙な温度差を感じた。

日本人の宴会は、
盛り上がると、
「ヨッパライのバカ騒ぎ」モードへ。
顔が真っ赤、
目がどんより、
ろれつが回らないのに、
若者にからむ ・・・
(おじさんたち、ホントは若者は嫌ってるんですよ)

ところが、
彼らは(中国人TVクルー)は、
宴たけなわでも
どこまでも正気で、
顔から精気が失せない。
しかも、明るい。
「ヨッパライ」感がまるでないのだ。
この光景は新鮮だった。
(中国人すべてがこうとは思えないが)

食事が終わると、
ボーイが来て、
タクシーを呼ぶかどうか聞いてくる。
手回しのいいことだ。

そのままホテルに帰って、
帰国の準備をする。
ところが、
お土産がスーツケースに入りきらない。
全部詰め込むのに2時間もかかった。
そのあと、
カジノで最後の一勝負と思ったが、
明日は4時半起き ・・・
そのまま寝てしまった。

by R.B

関連情報