BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■マカオ出張・世界遺産観光 2011.07.10

朝7時半、
電話がけたたましく鳴る。
電話は2機あるのに、
よりによって遠い方。
部屋が40畳ほどあるので、
電話まで行くのが大変だ。

電話にでると、
モーニングコールだった。
今日は、
ガイドのランディの案内で、
マカオの世界遺産を観光する。

下着といっしょに、
大理石のバスルームに入り、
朝風呂と洗濯を一気にすませる。
「プチ貧乏&せっかち」の哀しい習慣と、
白い目で見る友人もいるが、
僕は良い習慣だと思っている。

その後、
朝食をとりに、
ビュッフェ「カフェ・デコ」へ。
相変わらず人が多い。

昨日は初日だったので、
なんとか我慢できたが、
今日はたがが外れてしまった。
食べ放題、飲み放題なので、
「プチ貧乏&田舎モン」の悪い癖がでて、
2皿もたいらげる ・・・
ソーセージ、ベーコン、ブタの角煮、サラダ、
蒸しパン、揚げパン、ショッパン、
オレンジジュース、リンゴジュース↓
Macao_Venetian_CafeDEKO

食い過ぎやろ ・・・

部屋にもどって、
市内観光の準備をする。
外は蒸し暑いので、
今日は上着はナシ。
パスポートなどの貴重品は手持ちカバンへ。

棚の上のミネラルウォーターを、
カバンに入れる。
じつは、
棚の上にあるものはすべてタダ。
ただし、
棚の中にあるものはすべて有料。
(冷蔵庫も含め)
なので注意が必要だ。

午前9時20分、
ホテルの西ロビーに行くと、
ランディが待っていた。

その横に、
30歳と50歳ぐらいのおばさんが立っている。
ピンときた、日本人だ。
表情が無く、陰気なのですぐにわかる。
近づくと、関西弁 ・・・ やっぱり。

今回のマカオ出張で学んだことがある。
中国人と日本人は、
顔の造りは同じだが、
勢いが違う。
中国人は、
声はでかいし、顔もシャキっとしている。
まぁ、とにかく元気。
それにくらべると、日本人は ・・・
お前はもう死んでいる(ホントだぞ)。

社長は、
朝から賭けごと(カジノ)なので、
観光は僕ともう一人の役員だけ。
ランディを含め3人で、
20人乗りのマイクロバスに乗り込む。
ちょっと贅沢な観光ツアーだ。
目指すは、
世界遺産テンコ盛りの マカオ歴史地区だ。
いざ出陣。

ヴェネチアン・ホテルがあるコタイ地区から、
タイパ島を抜け、
マカオ半島部に入る。
30分ほどで歴史地区(歴史市街地区)に到着。
マカオは意外に狭い。

まずは、
マカオ歴史地区の顔、「聖ポール天主堂」↓
Macao_Tour_SaintPole

写真からもわかるが、
じつは、聖ポール天主堂はハリボテ、
正面壁しかない。
1835年の火災で、
大学や聖母教会を含むすべてが焼失したらしい。

聖ポール天主堂は、
17世紀初め、
イエズス会の修道士によって建造されたという。
ところが、
実際に造ったのは日本の石工らしい。
彼らは、
徳川家康のキリスト教迫害から逃れてきたのだという。
じつは、その証拠が、
聖ポール天主堂に刻まれている。

ランディいわく(生録)、
「正面の壁、3段目、真ん中、聖母マリアさま。
ハイ、その横、
7つの頭持った龍、見てください。
一番上の頭は、
1630年代の徳川家康さんの頭、モデルにして作られたんです。
それを聖母マリアさん踏みつけてますね↓
Macao_Tour_SaintPole_Dragon
なぜっていうと、
徳川家康さん、昔、キリスト教迫害したからです、ハイ」

ん~、興味深い。
ヨハネの黙示録12章18節には ・・・

は、海の砂の上に立っていた。
わたしは、1匹の獣が海から上がってくるのを見た。
その獣には、10本の角と7つの頭があり、
角の上には10の冠があった。
そして頭上には、神を汚す名がついていた」

キリスト教世界では、
「7つの頭を持つ龍」は神を汚す獣を意味する。
それが徳川家康さん?
コワイコワイ ・・・

聖ポール天主堂のすぐ横に、
小屋みたいな寺院がある(失礼)。
名は「ナーチャ廟(びょう)」という↓
Macao_Tour_Nertya

これも世界遺産!?
(意味がわからん)
理由をランディに聞くと、
ますます、意味不明に。
この寺院は仏教かと聞くと、
道教だという(ホントかな)。
(あとで調べるとホントだった)

それにしても、異様な光景だ。
ヨーロッパの建物と中国の建物が仲良く並んでいる!?
フツー、ありえんやろ ・・・
ひょっとして、
このチャンポンぶりが、
世界遺産の理由?

ナーチャ廊の左横に、
古い城壁がある(上の写真左の灰色の壁)。
1569年にポルトガル人が造ったらしい。
大航海時代のポルトガル人は、
アフリカ、インド、アジアで、
居留地を防衛するため、
このような城壁を造ったという。
近くで見ると、
ワラや貝殻も混じっている。
材料だけはマカオ式?

細い路地を抜けると、
セブンイレブンがあった。
ランディが、
「セブンイレブンでウォーター買ってください。
それ以外のお店、全部2倍高いです、ハイ」
日本じゃ考えられん。

少し歩くと、
聖ドミニコ教会が見えてくる。
淡い黄色の壁に、純白のふちどり、
うっとりするほど美しい↓
Macao_Tour_Dominiko

聖ドミニコ教会は、
1587年、アカプルコから来た3人のスペイン修道士によって建てられたという。

え?マカオはポルトガル領だったのでは?
といぶかる人は物知りだ。
確かに、
1557年にポルトガルは中国(明)から、
マカオの居留権を得ている(スペインではない)。
ところが、1580年~1640年、
ポルトガルはスペインに併合されていたのである(同君連合)。
また、この頃のスペインは、
アカプルコとマニラを結ぶ交易路を確立していた。
だから、
アカプルコからマニラ経由で来たスペイン修道士が、
マカオで聖ドミニコ教会を建てたとしても不思議ではない。

聖ドミニコ教会は、
立派な世界遺産だが、
現役の教会でもある。
じつは、
これがマカオの世界遺産の特徴。
マカオの歴史地区は、
22の建築物と8つの広場が、
ユネスコ世界遺産に登録されているが、
その多くが、
日常生活で使われている。

聖ドミニコ教会のすぐ近くに、
セナド広場がある。
ちょっと見づらいが、
路面は波の模様のモザイク↓
Macao_Tour_CenadoSquare

セナド広場もマカオの顔なので、
ランディの解説にも熱が入る。

ランディいわく(生録)、
「広場の中で、セナド広場、有名です、ハイ。
波の模様してるんで、
いちおう、
ポルトガル人は500年くらい前は、
大航海の夢の国ですが、
そういうことで、
共通するために、ぜんぶ波の模様、ハイ。
石は、ぜんぶリスボンから運んできて、
政府はお金はらって、買ったんです。
全部リスボンの石です、ハイ」

ちょっとヘンな日本語だが、
意味は伝わってくる。
ランディの不思議な日本語を聞いていると、
人生が楽しくなる。
(美人だからかな?)

セナド広場に面する建物は、
パステルカラーで統一され、
とても綺麗だ。
その反対側に、
対照的にシックな建物がある。
ポルトガル統治時代のマカオ市政庁の「民政総署」だ。
1784年に建てられたもので、
近世ヨーロッパの「新古典様式」そのまま。
2階の議事堂は、
静寂で、冷房がきいていて、心地よい。
警備のおじさんが居眠りをしていた↓
Macao_Tour_MinseiShousho

ランディが言うには、
「ポルトガル統治のとき、
ポルトガルの役人、
朝9時半に出勤したら、昼であがり、
昼出勤したら、3時であがり、
みんなのんびり、ハイ」
そんなだから、
植民地戦争で負けたんだろうなぁ。

その後、バスにのって、
海事博物館へ。
ここは、ポルトガル人が最初に上陸した場所。
じつは、
「マカオ」の名もここから来ているという。

ランディいわく(生録)、
「400年前は、
ポルトガルの海軍が、
最初この前の海事博物館の場所から上陸したんです、ハイ。
上陸して後は、
地元の地名わからないから、
え、地元の漁師たちと会って、
ちょっと、地名尋ねたんですよね。
こちらはどこですか。
漁師たちはポルトガル語、英語通じないから、
勘違いして、
このお寺の名前、伝えたんです。
マカオの地名の由来これです、ハイ」

海事博物館の前には、
「マコッミウ」とよぶお寺がある。
「マコッミウ→マカオ」
というわけ。

それにしても、ランディの日本語、
文法がどこかヘンなのだが、
それがどこか指摘できない。
ん~、気になる ・・・

この寺院(マコッミウ)には、
たくさん線香が売られていた。
中にはこんな巨大な線香も↓
Macao_Tour_senkou

写真ではわかりづらいが、
ランディが指さす値札には、
「2888香港ドル(約3万円)」と書かれている。

ランディによると、
「長く燃えるほど、
ちゃんとお願い神様にかける、ハイ。
でも縁起のいい数字ですよ。
「8」はもうかる、ハイ。
「2」は楽々。
「2888」は楽々もうかる、ハイ」

あんまり調子がいいので、
思わず吹き出してしまった。
なるほど、中国では、
「2」と「8」は縁起がいいわけだ。

寺院をあとにし、
バスでマカオタワーに向かう。
このあたりは、
海をはさんで、
中国本土と近いという。
そのため、
生活に困った中国人が、
泳いでマカオに来るのだという。

ランディ:
「貧乏な人、お金ないから、
中国からマカオ、泳いで来ます、ハイ」

僕:
「えー、ホント!」

ランディ:
「ハイ、マカオでお金かせいで、泳いで帰ります」

僕:「お金を背負って泳ぐわけ?」

ランディ:
「ハハハ、
でも困ったら、また泳いで来ます」

ちなみに、
僕らのバスの運転手さんも、
泳いで来たクチらしい。
ランディがバスの中で、
「日本語わからないから、大丈夫、ハハハ」
と教えてくれた。

10分ほどして、
マカオタワーに到着。
高さは338mで、
上からバンジージャンプもできるという。

ランディいわく、
「バンジージャンプ、おすすめできないです。
3万円払って飛ぶ、
理由わからないです、ハイ。
でもランディ、
20万円もらったら、飛びます」
(僕は、200万円でも飛ばんわ)

エレベータに乗り、
60階の回転レストラン「360度カフェ・西アジア料理」へ。
窓側がレストランになっていて、
フロア全体が1時間で1回転する。
なので、1時間座っていると、
マカオが360度見渡せる↓
Macao_Tour_MakaoTower

料理はバイキングで、
アルコール以外は飲み放題、食べ放題。
ちょうど、1回転したところで、、
ランチ終了。

半日コースなので、
マカオの世界遺産観光は、
これでおしまい。
ランディが待つ1Fへと向かった。

by R.B

関連情報