BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■マカオ出張・ZAIA 2011.07.06

午後7時、
ホテル西ロビーに行くと、
ランディが待っていた。
(ランディは僕らのガイドさん)

ランディは、
「ZAIA(ザイア)」のチケットを渡すと、
得意げにこう言った。
「良い席がとれましたよ。
最近、人気があるんで、
予約しないと、
良い席取れないです、ハイ」

さらに、
「ZAIAは世界のトップを集めているんで、
楽しめると思いますよ、ハイ」
そう言って、
僕らを劇場まで案内してくれた。

ランディが特別なのか、
会社の方針なのかわからないが、
サービスが徹底している。
日本人でもこうはいかないだろう。
(昔、フィレンツェのパブで日本人ガイドに置いてけぼりにされ、ヒドイ目にあった)

今回取った「ZAIA」のチケットはA席で、
788香港ドル(7800円)。
その上に、
1280香港ドルのVIP席もあるが、
すべて良い席とは限らないので注意が必要だ。
ただし、
VIP席とA席以外は全部隅っこなので×。

「ZAIA」は、
ありていに言えば「芸術的サーカス」だが、
ヴェネチアン・マカオ・リゾート・ホテルでしか観ることができない。
いわば、地球のオンリーワンショー。

上演場所は、
ホテル1Fのロビーに近い常設劇場。
劇場のフロントから
SF風の細長い通路を通り、
劇場内に入る。
ちょっと大きめの映画館という感じ。
ところが、
天井だけ異様に高い。
係員がミニライトでチケットを照らしながら、
席に案内してくれる。
けっこう手際がいい。

自分の席を見つけ、席に着く。
確かに良い席だ。
ちょうど中央に位置し、
すぐ後ろがVIP席。
A席の料金で、VIP席!
ランディに謝謝(シェシェ)。

ステージの真ん前にもVIP席があるが、
これは最悪。
近すぎて首が折れそう。
ちなみにこのVIP席は、
インド人が多かった。
やっと、インド人を見つけたぞ!
(カジノではゼンゼン見かけない)

午後8時、開演。
ステージの反対側から、
2人のピエロが空中を自転車をこぎながら登場。
退屈な芸で最前列の客をいじる。
その後、本編スタート。
ビジュアルもサウンドも素晴らしい↓
Macao_Venetian_Zaia

ちなみに、
ショーの撮影は基本ダメなのだが、
観客(ほとんど中国人)は、
カメラをバシャバシャ、
フラッシュたきまくり。
なんというおーらかさ!

ところが、
30分ぐらい経つと、
係員が撮影を取り締まりだした。
本人の目の前までにじり寄って、
ミニライトで顔を照らし、
厳しくとがめている。
コワ ・・・

それでも、
中国人たちはやめない。
無敵の中国人観客と無敵の中国人係員、
どっちが勝つのだ?

それにしても、
この元気パワー、
ちょっとうらやましい。
不景気やら節電やら放射能で、
意気消沈の日本人、
ちょっと見習ってはどうでしょう?

ステージのバック全体が、
スクリーンになっていて、
大宇宙の星々、宇宙飛行士、シロクマ(意味が分からん)、
が映し出される。
それなりに迫力がある。

ステージの上では、
格調高いオペラと、
優美な肉体パーフォーマンスが繰り広げられる。
軽業、力業が中心だが、
衣装はヴィヴィッドで、
動きはバレエのように優美。
それに、照明もいい。

「技術」より「芸術」を狙っているのは明かで、
ここがサーカスと大きく違う。
(サーカス定番の動物芸もナシ)

一番のウリは、
劇場の全空間を使った空中パーフォーマンス。
といっても、
天井からの「ぶら下がり芸」ではない。
スーパーマンのように空中をビュンビュン滑空する。
これは圧巻 ・・・
Macao_Venetian_Zaia_Fly

天井を見あげると、
巨大な機械仕掛けが見える。
これであの「空中飛行」をささえているわけだ。
常設の専用劇場ならではの大ワザ。

「ZAIA」は、
シルク・ドゥ・ソレイユ(CIRQUE DU SOLEIL)の常設公演の1つ(後で調べた)。
シルク・ドゥ・ソレイユとは、
1984年にカナダで発足したエンターテインメントグループで、
世界中で公演を行っている。

シルク・ドゥ・ソレイユの公演は、
常設公演(レジデントショー)と移動公演(ツアーショー)があり、
常設公演を観ることができるのは、
1.ラスベガスのホテル(複数あり)
2.米国ディズニー・ワールド・リゾート
3.東京ディズニーリゾート(ZED
4.マカオのヴェネチアン・マカオ・リゾート・ホテル(今回観たZAIA)
のみ。

さらに詳しく調べると、
常設公演には共通のフォーマットがあるようだ。
1.サーカス+バレエ
2.人間離れした肉体パーフォーマンス
3.空中パーフォーマンス
4.高い芸術性

これをみて、
コメディア デラルテ」を思い出した。
コメディア デラルテは、
音楽と軽業をまじえた即興劇で、
16世紀から18世紀に、
ヨーロッパで一世風靡した。
やっぱり、
この手の文化はヨーロッパかな。

さて、
その「ZAIA」だが、
演技者の技量は確かに高い。
ただし、演出はそれなり。
(ストーリーが読めないせいかも)

とはいえ、ZAIAは、
理屈抜きなら、十分楽しめる。
衣装、照明、音楽、パーフォーマンスが巧みにコーディネートされ、
すべてが「感動」にフォーカスされている。
「究極のエンターテインメント」と言ってもいいだろう。
ということで、
「エンターテインメント」について考えさせられた。

エンターテインメントは行く着くところ、
面白い!楽しい!ハラハラドキドキ!
ではなく、
単純に「感動」なのかもしれない。
昔やったシミュレーションゲーム(GE・TEN)を思い出し、
あれは何だったんだろう?
と考え込んでしまった。
ちょっとショック。

ランディによれば、
「ZAIA」を見るために、
わざわざマカオに来る人もいるという。
(ただし、中国人はほとんどがカジノ目的)

公演が終わった後、
劇場の横にあるショップで、
「ZAIA」のOriginal Music CDを買った。
あの感動を忘れないために。

その後、
カジノフロアに行き、
中国レストランで夕食。
中華料理なので、
それなりに美味い。
ドリンクは大好きなチンタオビール、
といきたいが、
郷にいれば郷に従えで、
マカオビール。
ちょっと薄味だが、
バドワイザー(米国)ほどではない。

中華料理といえば、
紹興酒(しょうこうしゅ)なので、
1本注文することにした。
ところが、
メニューをみても、
それらしきものがない。
係員に話しても通じない。
そこで、
「紹興酒」と書いたメモを渡したが、
首をひねっている。
おいおい、中国人やろ?
日本の中華料理店でもおいてあるぞ。
しかたがないので、
マカオビールをもう1本。

食事の後、
部屋に帰るつもりが、
間違ってメインロビーに出てしまった。
とにかく、広い ・・・
酔っぱらうと、
部屋に帰るのも一苦労だ。

いつの間にか、
カジノフロアに迷い込み、
ネズミみたいにグルグル回って、
やっと、部屋へ通じる出口を発見。
なんとか部屋にたどりついた。

明日はマカオの市内観光なので、
準備をしようと思ったが、
そこで、
電池が切れてしまった ・・・

by R.B

関連情報