BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■壊れまくるパソコン 2011.05.22

最近、
会社でも自宅でも、
パソコンが壊れまくり ・・・
一体どうなっている?

15年前から、
パソコンはデル(Dell)と決めていた。
安くて、高性能で、壊れないから。

ただ、一度だけ、
ゲートウェイ(Gateway)に浮気したことがある。
ゲートウェイは米国のメーカーで、
デルと同じ通販オンリーだった。
「心臓部のマザーボードはインテル純正」
がウリで、
信頼性は抜群、
しかも、安かった。
実際、
12年前に買ったゲートウェイは、
Windows98とともに今も稼働中。

初めて、ゲートウェイが、
我が家に届いたとき、
ギョッとした。
箱全体が牛の白黒まだら模様!
ところが、
しばし眺めていると、
じわじわ、感動が ・・・

そして、
箱からモノを取り出すと、
2度目の感動。
マニュアルが素晴らしいのだ。
「オマケ」がこれなら、
本体はさぞかし ・・・
イエス、
スペックはいいし、
高速だし、
抜群の安定感!

そして、
3度目の感動は、
マウスパッド。
これがなんと、
牛の白黒まだら模様なのだ!
しかも、
ご丁寧に電話番号までプリントされている。
「0120-54-2000」(もう通じませんよ)
というわけで、
あれから12年経った今でも、
机の上には、
あの”モーモー”マウスパッド。

ところで、
なぜ、ゲートウェイは牛にこだわったのか?
創業者の家が牧場を経営していたから。
なんともベタな話だが、
「モーモー精神」忘れまじ、
というところか?

ここでムチャ振り。
この「モーモー」で思い出すのが、
「ディアブロ(Diablo)2」だ。
10年前に大ヒットしたアクションRPGゲームで、
その後、伝説となった。
(2011年には「ディアブロ3」がリリース予定)

「ディアブロ2」はコアなゲームだ。
この手のゲームにありがちなのだが、
世界観は暗く重く、ディープ。
ところが、
ストーリーの半ば、
ヘンなミニゲームがあった。

村の片隅にある古びたゲートをくぐると、
広い牧場があり、
そこに、
とぼけた顔付きの牛がいた。
この牛をやっつければ、
ポイントをかせげるというわけだ。

試してみると、
牛の攻撃は体当たりだけ。
チョロイもんだと、
牛退治に励んでいると、
牛の数がどんどん増えてくる。
やがて、
牧場は牛で埋めつくされ、
圧死!

おいおい、
完全武装の歴戦の戦士が、
牛の”おしくらまんじゅう”でゲームオーバーか!?
ムカついたので、
何度も試したが、
結果は同じ。
それにしても、
なんで、あんなムキになったのだろう?

話はもどる。
こうして、僕はゲートウェイのファンになったが、
2001年、突如、ゲートウェイは日本から撤退する。
米国本社の経営が悪化したからである。
さらば、ゲートウェイ、
まだら模様の”モーモー”パソコン、
僕は決して忘れないよ。

その後、
僕の心はデル(Dell)に戻った。
以後、
「いつでもどこでもパソコンはデル」
ところが今、
そのデルが壊れまくっている。
しかも、
壊れ方がハンパじゃない。

2009年、
会社でデルのワークステーション「Precision」を4台購入したが、
うち3台が、1年~2年で故障した。
つまり、
購入後1年以内の故障率は66%!
しかも、
マザーボード交換なので最悪だ。
そして、
残り1台も動作があやしい(不安定)。
「Precision」は確か、
ワークステーションの名をうった高級機だったのでは?

さらに ・・・

同じ2009年、
自宅で購入したデル(Dell)が、
すべて1年以内に故障した。
内訳は、
1.Dell Precision T5500(デスクトップ) ×1台 → 電源交換
2.Dell Precision M6400(ノート)    ×2台 → マザーボード交換

なんと、1年以内の故障率は100%。
つまり、
ここ2年間の、デルパソコンの1年以内の故障率は、
会社では、66%、
自宅では、100%
シャレにならん。

次に、デルのサポート体制。
自宅の「Precision T5500」が壊れたときの、
電話のやり取りを紹介しよう。

僕 :「電源スイッチを入れても、何の反応もないです。
ハードディスクも読みにいってないですね。
本体フロントの○番と×番のLEDがついてます」
デル:「しばらくお待ちください ・・・」

おいおい、
電源スイッチ入れてもウンともスンともいわんのだから、
電源回りにきまっとるやろ!

10分ほどして、
デル:「お待たせしました。マザーボートと思われます ・・・」

電源やっちゅうに ・・・

デル:「あの ・・・」
僕 :「なんですか?」
デル:「ところで、DVDは大丈夫でしょうか?」

おいおい、DVDなんて一言も言ってないぞ、
一体、どれだけ壊れとるんや?

ただ、翌日には、
家に来て修理していった。
修理報告書によれば、
「電源交換」
だから、電源やっちゅうに ・・・

ただし、ここでデルを弁護しておく。
第1に、
壊れまくっているのは、デルだけではない。
第2に、
デルの修理対応は、迅速で手際がいい。
ただ、僕は必ず、
「5年間当日対応オンサイト保守サービス (平日のみ対応)」
で契約している。
このサービスを選べば、
訪問修理してくれるので。

今、会社で、
数十台のワークステーションが、
CGのレンダリング(描画)を行っている。
一晩レンダリングして、
朝出社したら、フリーズしてました、
ではシャレにならない。
つまり、
「高くても壊れないパソコン」は、
確実に需要がある。

ということで、
高くてもいいから、
壊れないパソコンを作ってくれ!

そして今、唯一、
「高性能・高価格」で勝負しているのが、
パナソニックのLet’snote(レッツノート)だ。
今、日本で製造されているのはレッツノートだけらしい。
つまり、
唯一無二の「made in Japan」パソコン。

僕は出張用に、
レッツノートのCF-S8を使っている。
セキュリティに問題があるので、
仕事の資料は入ってないし、
メールもとれない。
あるのは、
撮りためたムービーと、
暗号めいたメモだけ。
それでも、
打ち合わせのメモ、
移動中、食事中のムービー鑑賞、
ホテルでのインターネット、
と、稼働率は高い。

さて、
そのレッツノート・CF-S8だが、
液晶はすごく綺麗だし、
光沢液晶ではないので、目にやさしい。
キータッチはまあまあ、
ボティ剛性はかなり高い。
OSはWindows7で、安定しているが、
動作はモッサリしている。
Windows7がWindowsXPより速いというのは、
絶対ウソ。

さて、
パナソニックは、
デフレが吹き荒れる世界で、
高品質・高価格で勝負している。
今より、ずっと貧しかったあの時代、
安くて、良いモノを作り、
世界に認めてもらおうと頑張った日本。
その結果が、
世界最強ブランド「made in Japan」だったのだ。

古今東西をとわず、
ビジネスで至高の価値は「ブランド」である。
今の日本が自信をとりもどすには、
これしかない。

by R.B

関連情報