BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■東日本大震災 2011年4月24日 2011.04.24

テレビ朝日の「朝まで生テレビ」で、
勝間和代がいつものノリでまくしたて、
非難をあびている。

勝間:「放射性物質が実際より恐いと思われているのが問題」
は?
放射能を甘くみる方が問題では?

勝間:「放射線がちょっと増えただけ、問題ない」
え?
3月18日、福島県浪江町で記録した数値は150uSv毎時で、
通常の「3000倍」。
アタマ大丈夫か?

勝間:「プルトニウムは特に大きな危険はないはず」
0.01グラムほど吸ってみたら?
この量で死亡率50%。

勝間:「チェルノブイリの事故で小児甲状腺ガンは増えたが、それ以外は不明」
だから?
「それ以外は不明」なら、
小児甲状腺ガンが増えても問題ないと?

勝間:「今回の福島原発事故は、むしろマネジメントの問題」
おいおい、
高さ38メートルの津波が記録されているのに、
けちって、数メートルの対策ですませたことが、
マネジメントの問題か?

これほど話がムチャクチャなら、
考えられる理由は2つ。
頭が悪いか、
原発擁護派から何かを得ているか。
いずれにせよ
勝間、お前は社会をなめている。

4月20日、
「母乳調査・母子支援ネットワーク」は、
千葉と茨城の女性4人の母乳から、
放射性物質が検出されたと発表した。
ただし、被験者の数は少ないし、
検出された量も大したことはないらしい(母乳の基準はないのだが)。
だから安心?
ゼンゼン!
千葉は原発から220kmも離れているのに、
検出されること自体、恐くないか?

4月21日、
放射線量が高い地域の小中学生を、
疎開させる案がもちあがった。
対象となるのは、
「0.6uSv毎時」以上の学校。
実はこの数値でも通常の10倍。
こんなのが降り積もった運動場を、
駆け回る気にはなれない。

4月22日、
原発20キロ圏内が警戒区域に指定され、
立ち入りが原則禁止になった。
ということは、
今まで人が入っていた?
何を考えているのだ?
放射能汚染を甘く見ていないか?

すでに、政府は、
「避難住民の6~9カ月後の帰宅を目指す」
ことを約束しており、
一時帰宅についても、
制限つきで認めるという。
それも、半径20km圏内!
信じられない。
そんな国がどこにあるのだろう?

原発の20km圏内に、
牛や豚や鶏が、
多数取り残されているという。
畜産農家は、
「餓死を待つなんてむごい。せめて殺処分を」
と訴えているらしい。
気持ちはわかるけど、
事の重大さが分かっていないのでは?
政府が、
「ただちに害があるわけではない」
とか、
帰宅の約束をするから、
みんな放射能汚染に鈍感になっているのだ。

ほとんどの日本人が、
チェルノブイリ原発事故を知りながら、
現実を直視していない。
事故から25年も経った今でも、
チェルノブイリの放射能汚染は深刻で、
強制移住させられた住民11万人も、
帰還する見通しが立っていない。
こんな簡単なことも理解できない?

さらに、
福島第1原発から出た放射性物質の量は、
すでにチェルノブイリを超えたという学者もいる。
チェルノブイリは一気に吹き上げたから、
目立っただけ。
じつは、
福島第1原発内の放射性物質量は、
チェルノブイリ原発よりはるかに多い。
それが今でも「垂れ流し」なのに ・・・

これらの事実を考慮すれば、
現時点でも、
半径30km圏は数十年住めなくなる、
と考えたほうが無難だ。
ところが、
政府や御用学者は、
「ただちに害になるわけではない」
の一点張りで、
「6~9カ月後の帰宅」を吹聴している。

一方、
「現時点で、すでに危険」
と訴える学者は、
危機を煽る「反社会分子」と見なされている。
もちろん、
どっちの言い分が正しいか、
今はわからない。
結果がでるのは5~10年後だろう。
であれば、僕なら、
悪い方に備える

最終的には、
国が放射能汚染地域をすべて買い上げ、
ソーラーパネルを敷きつめ、
太陽光発電エリアにするしかないだろう。
農産物はムリだが、
ここで発電された電気なら大丈夫。
電気が放射能に汚染されることはないだろうから。
これが、住民に安全な福島の未来だと思っている。

少し前、
管さんは珍しく良いことを言った。
「ただの復興ではなく、一から創造するつもりでやるべきだ」
素晴らしい!
ところが、
民主党内からも反対の声があがったという。
なんで?
この発言のどこがおかしいのだ?
言ったのが管さんだから ・・・ なるほど。
管さん、ガンバレ、
信用しているわけじゃないけど、
僕は影ながら応援している。

by R.B

関連情報