BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■東日本大震災 2011年4月21日 2011.04.21

東日本大震災を目の当たりにして、
リーダーのあるべき姿について、
考えさせられた。

今回のような大惨事では、
わずかな判断ミスや、一瞬の迷いが、
「犠牲者の数」を増大させる。
しかも、
失われた命は二度ともどらない。
つまり、
取り返しがつかないという点で、
他の問題とは根本が違う。
だからこそ、
人の上に立つ者は、
卓越した「危機管理能力」が必要になる。

1986年11月15日、
伊豆大島の三原山が噴火した。
当初は、
噴火を見ようと観光客が押し寄せるほどで、
島はルンルンの観光気分だった。

ところが、
11月21日、事態は急変する。
溶岩が流れだし、町に迫ったのである。
島民を南部に避難させたものの、
大型船が接岸できない。
このままでは、
町も島民も溶岩に丸のみにされる。

このとき、
事態の収拾を一任されたのが、
時の官房長官、後藤田正晴だった。
中曽根政権は、
島民の運命を彼に託したのである。
中曽根首相は、
「責任はすべて自分が負う」
と約束し、
超法規的な権限を御藤田に与えた。
御藤田は、
官民を問わず、船舶をかきあつめ、
1人の例外も許さず、
全島民を避難させたのである。
観光客と島民をあわせると、
1万5000人にのぼったという。

この迅速かつ徹底した避難作戦が功を奏し、
犠牲者は1人も出なかった。
もし、この時、
島民の「郷土愛」や「財産」に耳を傾けていたら、
もし、
噴火がさらに拡大していたら、
大惨事になっていただろう。

危機的状況おいては、
人命を第一におき、
他のすべてを切り捨てる覚悟が必要だ。
もちろん、
それを住民に期待するのはムリ。
だから、リーダーは、
非難を一身にあび、
全責任を負う覚悟で、
決断、実行するべきなのである。

生前、後藤田正晴は、
「カミソリ後藤田」の異名をとったが、
その卓越した「危機管理能力」は、
後世の語りぐさとなった。

さて、
今回の東日本大震災はどうだろう?
首相は管さん、
官房長官は枝野さん、
彼らの指導力はいかに?

枝野さんは言葉は明瞭だが、
内容はスカスカ。
いつまでに、何をどうしたら、どんな効果があるのか、
確信犯的にぼかしている。
さすが、弁護士。
だけど、
そろそろ非難覚悟で、
国民のために働いたら?

一方の管さん。
やる気満々はいいのだが、
すぐにキレるのが問題だ。
そのため、
「使用済み”管”燃料棒」とやゆされ、
彼がメルトダウンしないよう、
周囲が気遣っているという。
また、
しょちゅう、当たり散らすので、
周囲の人たちが、
「被爆者の会」
を結成しているという。
笑えないジョークだ。

そんな管さんだが、
損しているなぁ、
と感じることがある。

管さんが、
放射能汚染地域について、
「10年、20年住めない」
と発言し、
被災者やマスコミからボコボコにされた。
避難命令が出た福島県飯舘村では、
102歳の男性が自殺したこともあり、
管パッシングがヒートアップしている。

飯舘村の菅野村長にいたっては、
「少しでも早く戻れるようにするのが『政治家の仕事』なのに、
これが政治家の言葉なのか。
全く悲しくてならない。
直ちに抗議する」
と涙ながらに訴えたという。

だが、この村長は間違っている。

「政治家の仕事」とは、
現実を受け入れ、
国民、村民の命を守ることであって、
偽りの希望を持たせることではない。

年配者にとって、
故郷を離れるのは辛いだろうが、
子孫のことを忘れていないか。
チェルノブイリ原発事故では、
子供たちの甲状腺ガンが増加したのは5年後で、
ピークをうったのは10年後だった。
つまり、10年経たないと、
どんな災いが進行しているかわからないのだ。
それでも、
「故郷に戻る」を大前提とすることが正しい?

原子力の専門家でなくてもわかることがある。
1.放射性物質はまだ放出している。
2.放出が数十年続く可能性もある。
3.その間、放射性物質は増え続ける。
4.その大半が大地に蓄積し土壌と植物と大気を汚染する。
5.放出が止まっても、放射性物質を除去するには何年、何十年もかかる。

以上は単なる憶測ではない。
チェルノブイリを見れば明らかだ。

それだけではない。
すでに放出された放射性物質の量は、
チェルノブイリ原発事故を超えたという学者もいる。
爆発で吹き上げていないので、
拡散しないだけのこと。
もちろん、
出たものは大地にとどまっている。

こんな状況で、
被爆地に住んでいたとしたら、
僕なら子孫のために、
故郷をあきらめる。
仮設住宅で暮らす2年の間に、
政府や東京電力に怒鳴り込んで、
関西で就職口をさがしてもらう。
たとえ、政府がもう安全と発表してもだ。

もし、
さらに事態が悪化し、
日本列島全域が放射能に汚染されれば、
子供を連れて、
チベットでも南極でも行く(北極はムリだけど)。
命さえあれば、
やり直せるから。

以前、管さんが、
「最悪なら東日本がつぶれる」
と発言し、大ひんしゅくを買ったことがある。
だが、
東工大卒の管さんの論理的思考力をなめてはいけない。

京都大学の助教授によれば、
「もし、格納容器が爆発したら、
半径700km圏が避難区域になる」
という。
首都圏どころか、
北海道から岡山県までが避難対象区域。
この人は御用学者ではないので、
本音で言っている可能性がある。
政府もマスコミも国民も、
放射能を甘く見ていないか?

個人的には、
管さんが提案した「エコタウン」構想には、
大賛成だ。
放射能汚染地域から遠く、
津波がこない高台に、
新しい都市をつくる。
それが、どうして非難を浴びるのかわからない。
たとえ、
故郷から遠く離れた「強制移住」になったとしてもだ。

年配者が郷土愛に執着し、
子孫を放射能リスクのある地域に住まわせたとする。
もし、
チェルノブイリのように、
5、10年後に甲状腺ガンが急増したら、
どうするのだ?
もう死んでいるから関係ない?
それはないだろう。

政府、マスコミ、国民すべてが、
25年前の後藤田正晴の避難作戦を、
思いおこすべきだ。
島民の命を最優先にし、
例外なく、強制避難させる ・・・

我々がなすべきことは、
現実を受け入れ、
現実的に対処すること。
過去を振り返るのは、
それからでも遅くはない。

大切なのは、
頭のてっぺんから、足のつま先まで、
「リアリスト」であること。
でないと、
判断を誤ったあげく、
取り返しがつかなくなる。

by R.B

関連情報