BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■東日本大震災 2011年3月27日 2011.03.27

【3月26日(土)】
 福島第1原発から半径20~30km圏内が、
「自主避難」と決まった。
その意味するところは、
・逃げられる人 (強者) → 脱出
・逃げられない人(弱者) → とり残される

つまり、
政府みずから「弱肉強食」の世界をつくり出している。
「秩序を保つ」のが政府の仕事なのに ・・・

すでに、
半径40kmの飯舘村の土壌で、
1平方メートル換算で326万ベクレルのセシウム137が検出されている。
これは、
チェルノブイリ原発事故で強制移住の対象となった値の6倍にあたる。
半径40km圏内でも危険なことは小学生でもわかる。

危険かどうかは距離だけでは判定できない?
なるほど。
しかし、もしそうなら、
半径40km以遠でも、
場所によっては危険なのでは?
安全をふんで、
20km~30km圏内は、
「自衛隊の車両を使った強制避難」
しかないと思うのだが。

【3月27日(日)】
 福島第1原発の南放水口の海水から、
法令が定める濃度限度の1250倍の放射性ヨウ素が検出された。
(原子力保全・保安院の発表)
東京電力によると、
「汚染された水が海に流れ出た可能性が高い。
たまり水との関連は否定できない」

何のんきなこと言っている。
それしかないだろう。

東京電力と協力会社の作業員は、
今でも、高濃度の放射線の中で、
死の恐怖と極限の疲労と闘っている。
同じ会社なのに、
なぜ、こんなに差があるのだ?
これでは、
組織の一体感は生まれない。
東電の経営陣は、
自社の作業員の「命がけ」に見合う、
行動をおこすべきだ。

現在、最も憂慮すべきは放射能汚染だろう。
福島第1原発から流出した放射性物質は、
大気と海と土壌を汚染しつつある。
問題は、
人体にどのような影響を与えるかだ。

放射線の量をあらわす指標は3つある。
1.シーベルト(Sv):人間の被ばく量を表す。
2.グレイ(Gy)   :空気など物質に含まれる放射線量を表す。
3.ベクレル(Bq) :放射線を放つ根源の能力を表す。

違いを一言で言うと、
放射線を放つ能力は「ベクレル(Bq)」、
放たれた放射線が大気や物質に含まれる量は「グレイ(Gy)」、
それが人体に与える影響は「シーベルト(Sv)」で表される。

ただし、
「シーベルト(Sv)=グレイ(Gy)」
と考えていい。

次に、量について。
「1ミリ=1/1000メートル」から想像がつくように、
ミリは1/1000、マイクロは1/1000,000。
これをシーベルトに当てはめると、
1マイクロシーベルト=0.001ミリシーベルト=0.000001シーベルト
となる。

また、単位をアルファベットで記す場合は、
マイクロシーベルト → uSv
ミリシーベルト   → mSv

また、たまに「nGy(ナノグレイ)」という単位をみかけるが、
ナノは1/1000,000,000 なので、
単純に1000で割れば、マイクロシーベルトになる。
たとえば、
「47nGy=0.047uSv」

さて、単位がわかったところで、
放射線量が人体に与える影響をみてみよう。

放射線の量(mSv) レベル 被爆の影響
7000~ 致死 100%死亡。
3000~7000 重症 50%死亡。
2000~3000 軽症 5%死亡。白血球減少、出血、脱毛。
1000~2000 死亡率は低い。吐き気、嘔吐。
500~1000 軽度 リンパ球減少。
250~500 白血球減少。
200~250 胎児の異常
0~200 影響なし 被爆の影響は確認されていない

表の放射線量と人体への影響は、
全身被ばくを想定している。
なので、局所的に被ばくした場合は、
表よりダメージは小さくなる。

表をみる限り、
被ばく量が、200mSv以下なら大丈夫そうだ。
ちなみに、
人間が自然界で1年間に浴びる放射線量は「2.4mSv」(世界平均)。
また、日本の法令では、
一般人の最大限度は年間「1mSv」と定められている。
ただし、放射線業務に従事する人は、
最大限度は年間「50mSv」。
放射線を浴びざるを得ない仕事なので、
これが、人体に影響を与える限界と考えていいだろう。

さて、
放射線量と人体に与える影響の関係がわかったところで、
現状を分析しよう。

原発を除けば、放射線量が最も高いのは、
福島県・浪江町で、
150uSv毎時(3月18日15:00)。
つまり、1時間に150uSvの放射線が出ている。
もし、この状態が3ヶ月続いた場合、
150uSv×24時間×90日=324000uSv=324mSv
上記の表でみると、
白血球が減少するレベルになる。

屋内にいれば、
浴びる放射線は1/10程度になると言われるが、
土壌はそうはいかない。
確実に汚染されていく。
その土地に住めるかどうかは、
土壌汚染にかかっている。

また、ここで期間を3ヶ月としたのは、
中央制御室とポンプの修復を終え、
燃料棒を安定冷却するには、
1ヶ月以上かかると予測したから。
中央制御室は、
コンピュータを含む複雑な電子装置で構成され、
一気に通電というわけにはいかない。
システム全体をブロックにわけ、
1つ1つチェック、修理していくしかない。
高濃度の放射線の中なので、
作業は大変だ。
とても、1ヶ月で終わるとは思えない。

また、
安定冷却に成功する前に、
格納容器が破損した場合、
桁違いの放射性物質が放出される。
控えめに見積もって、現在の10倍とすると、
324mSv×10=3240mSv。
表でみると、
死亡率は50%に達する。
政府が冷却ポンプ回復を最優先にする理由はここにある。

そこで、現在(3月27日午前)の各地の数値をもとに、今後を予測する。
1.格納容器が破損しない状態で、3ヶ月後と1年後の放射線量。
2.格納容器が破損した状態で、3ヶ月後と1年後の放射線量。
※格納容器が破損した場合、破損しない場合の10倍として計算。

地域 平均値
(μSv毎時)
格納容器が破損しない 格納容器が破損する
3ヶ月(mSv) 1年(mSv) 3ヶ月(mSv) 1年(mSv)
東京都・新宿 0.116 0.251 1.02 2.51 10.2
埼玉県・さいたま 0.096 0.207 0.841 2.07 8.41
茨城県・茨城町 0.505 1.10 4.47 11.0 44.7
水戸市 0.222 0.480 1.945 4.8 19.5
栃木県・那須町役場 0.37 0.799 3.241 7.99 32.4
新潟市・西区 0.044 0.095 0.385 0.95 3.85
石川県・志賀 0.046 0.099 0.403 0.99 4.03

すべて、50mSv以内。
また、この計算は一日中外にいた場合で、
屋内にいれば放射線量は1/10程度になる。
格納容器が破損して、
10倍を超える放射線が放出されない限り、
首都圏は大丈夫そうだ。

問題は、原発周辺地域だ。
誰がどうみても、
半径40kmも安全とは思えない。
各都道府県に割り当てを決め、、
福島県の避難民を受け入れてはどうだろう。
大気汚染は一時的だが、
土壌汚染は長期間つづく。
今後、この土地で暮らすのはリスクが大きすぎる。

思い出がつまった故郷を去るのは辛いだろうが、
子供や若い世代のためにも、
県外移住を考えてはどうだろう。
命さえあれば、
どこでもやりなおせるから。

by R.B

関連情報