BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■燕温泉 2009.09.21

野尻湖を後にして、
一路、宿に向かった。
目指すは「燕ハイランドホテル」。
燕温泉の近くにあり、
「ブナ林に囲まれた一軒宿」
がウリ。
勝手に森林浴を想像して、
期待に胸をふくらませた。

カーナビをセットすると、
野尻湖から30分ほどの距離。
軽い気持ちで運転していたら、
いきなり、山道に入った。

道が狭い。
対向車とすれ違うのがやっと。
しかも、片側は断崖絶壁。
ガードレールらしきものはあるが、
衝突すれば、ひとたまりもない。
コワイコワイ ・・・

お気軽ドライブが一転、
伸るか反るかの決死行となった。
そして、
ふたたび問題発生 ・・・
カーナビが反応しないのだ!
こんなとこで、故障かよ?
カーナビを心から信じて、
地図はおいてきたし、
初めて通る道だし、
高所恐怖症だし、
どーしてくれる!

怒りが通じたのか、
カーナビが突如回復した。
なんとか、「燕ハイランドホテル」に到着。
キャッチコピーの
「ブナ林に囲まれた一軒宿」
んー、そのままだ。

ホテルを一目見るなり、
スイスの山小屋を狙っている、
と確信した。
(スイスの山小屋は行ったことはない)
スイスの美しい山々を背景に、
窓に花を飾った、
コジャレた木造の家、
そう、あれ。
アルプスの少女ハイジ。
(観たことはない)

ホテルの中は、期待どおり、
スイスの山小屋風。
露骨な木の演出はさけ、
Woodyで上品にまとまっている。
廊下には真っ赤な絨毯が敷かれ、
いかにも、ハイソな山小屋ホテル。

純ヨーロッパ風のロビーの横に、
純日本風の茶室があるが、
これも違和感ナシ。
このコーディネートはなかなか。
付け焼刃の「こだわりの××」ではなさそうだ。
長年かけて培ったのだろう。
歴史と伝統は、
目に見えない何かを感じさせる。
カネではつくれない価値だ。

近くに、露天風呂があるというので、
行ってみることにした。
妙高山で最も高所にある「燕温泉」だ。
車は恐いので、徒歩で行くことにした。
思った通り、道は狭い。
断崖絶壁、高さは100mを超える。
ところが、それが、
息をのむ絶景 ・・・

10分ほどで、燕温泉街に着く。
滝が流れ落ちる崖の上に、
小さな温泉街がある。
土産物屋を見つけ、買い物をする。
80歳ぐらいの夫婦がのんびり店番をしている。
孫とだぶったのか、
おちびにハンカチをくれた。
こんな山奥の土産物屋は、
誰も跡を継がないのだろう。
老夫婦と土産物屋をビデオに収める。
いい絵だ。

午後6時、ホテルで夕食。
レストランは古いが、上品で小綺麗。
ところで、お味は?
よろしくない。
理由は2つある。

第1に、
僕は仕事がら、会食が多く、
この価格帯の料理をよく食べる。
なので、点数はどうしても辛くなる。

第2に、
燕ハイランドホテルは、
標高1100mの山奥にあるので、
良い食材を調達するのが難しい。
刺身は特に。
だけど、そのぶん、
盛りつけは綺麗だし、ボリュームは満点だ。
だから、
顧客満足度はGood!

ところが、
寝るときは困った。
敷き布団が薄いのだ。
定規で測ったわけではないが、
2センチ5ミリ。
案の定、夜中に腰が痛くなった。
かつて痛めた右ヒザまで痛くなる。
室温はどんどん下がるが、
暖房がつかない。
なかなか、寝つけなかった。

午前8時、朝食。
このレストランは夜もいいが、
朝も映える。
スイスの山小屋らしく、洋食。
女将がわざわざ来て、
パンの生地をスイスから取りよせて、
焼いていると自慢する。
たしかに、パンはうまい。

チェックアウトの前に、
ホテルのロビーでくつろぐ。
周辺案内のパンフレットがあり、
妙高そばの記事を見つけた。
「長沢茶屋・幻のそば」。
天ぷら、笹寿司、そばが楽しめる茶屋セット1150円。
とくに笹寿司は、上杉信玄も好物だったとある。
NHKの大河ドラマも上杉だし、
ちょっと行ってみるか ・・・
これが、災難の始まりだった。

妙高山をおりて、
関山駅から東に向かう。
カーナビでは、太めの国道だったのに、
道がどんどん狭くなる。
イヤな予感 ・・・
曲がりくねった細道を、
車酔いに耐えながら、延々40分も走る。
やっと、目的地周辺へ。

橋を渡って、
「長沢茶屋」に入ろうとすると、
駐車場が一杯。
そもそも、
駐車場というよりは脇道で、
数台しか駐車できない。

駐車場から1台出てきたので、
道を空けようとしたが、
逃げ場がない。
しかたなく、橋をバックで渡り、
そのままバックで国道に出た。
このあたりは、すべて川沿いの道で、
へたをすると、川に落ちる。
冷や汗をかいた。

狭い国道をUターンし、
再度、「長沢茶屋」に入ろうとすると、
一瞬早く、後からきた車が進入。
再び、駐車場(脇道)は満杯。
もう、うんざり ・・・
こんな神経を逆なでするような場所で、
こんな危険な試技を繰り返したくない。
客商売で、こんな駐車場を放置する神経がわからない。

パンフレットには、
「深山の里・霧下そば」と「大滝荘・こそば」もあったが、
長沢茶屋より、さらに悪路が予想された。
家族はみんな、車酔いで、グッタリ。
「どんなにうまくても、行きたくない」
で意見が一致。
そのまま、妙高を後にした。

長沢茶屋同様、
燕ハイランドホテルも、
場所に大きなハンディがある。
だけど、燕ハイランドホテルは
それをカバーしようと、
目一杯の努力をしている。
子供用のスリッパがなかったが、
おちびのために、
30分もかけて、捜し出してくれた。
喜んでもらおうと一生懸命、
それがヒシヒシ伝わってくる。

一方、「長沢茶屋」は、
お客にとって、
不便であること、危険であることが、
付加価値だと思っているフシがある。
それでもよければ来てください、
うちのソバは、そういう方に食べていただきます、
そんなピントはずれの「こだわりの××」が、
伝わってきた。
なら、
パンフレットにもそう書いとけば ・・・
僕は初めから行かないし、
不快な思いをする客も減る。

不便なことはあったし、
腰も痛めたけど、
燕ハイランドホテルには、
また行きたいと思う。
けど、あのソバ屋は何があっても行かない。
食べる前にこれでは、
客商売はおしまいだ。
サービス業の原点を見たような気がした。

by R.B

関連情報