BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■東日本大震災 2011年3月23日 2011.03.23

【3月22日(火)】
 東日本大震災の犠牲者数は、
すでに、1万8000人を超え、
最終的には数万人に達するかもしれない。
町や村が津波に丸のみにされ、
人が存在した証(あかし)まで消失しているからだ。

現在、被災地では、
遺体を火葬にすることができない。
遺体の数が多すぎて、
遺体を燃やす油が足りないのだ。
このままでは、遺体が腐敗し、
衛生上の問題が出る。
そこで、
一部自治体は「一時的土葬」に踏み切った。

一方、福島原発は、
まだ緊張が続いている。
報道によれば、
1.放水で一定の冷却効果が確認された。
2.原発への電力供給に一部成功した。
など、明るいニュースもある。

しかし、
「格納容器破損 → 放射性物質の大量放出 → チェルノブイリ」
の可能性はまだ消えていない。
これを防ぐためには、
1.原発への電力供給。
2.中央制御室の機能回復。
3.冷却ポンプの修復。
が必須だ。

だが 現時点では、
1.が一部実現したにすぎない。
一方、燃料棒の発熱は、3ヶ月~数年続く。
だから、
残された時間はあまりない。

政府、マスコミは、
「心配ない、冷静に」
となだめすかし、
週刊誌やネットは、
「格納容器が破損すれば、
半径500km以内が被爆圏内、
(東京から)避難できる人は避難したほうがいい」
とあおっている。

政府と週刊誌、
どっちが正しいか分からないが、
現場の作業員は、
もっとひどいシナリオを想定しているかもしれない。
たとえば、
東日本に住めなくなる、
沖縄以外住めなくなる・・・

おおげさかもしれないが、
今となっては、
何が起こっても不思議ではない。

【3月23日(水)】
福島原発の状況は以下のとおり。
1~6号機は外部電源との接続が完了(電力供給スタンバイ)。

今後は、
1.原発の中央制御室の電力の回復。
2.中央制御室の機能の回復。
3.冷却ポンプの修復。
をめざす。
もちろん、
最終目標は安定冷却にある。

冷却すべき燃料棒は2種類ある。
1つは、原子炉内の燃料棒。
もう1つは、燃料プールにある使用済み燃料棒。
どちらも、3ヶ月~数年間、崩壊熱が放出されるので、
その間、冷し続けなければならない。
そのため、
冷却ポンプが修復するまで、
海水注入が必要になる。

ところで、
福島原発の緊張が続く中、
怖れていたリスクが現実となった。
土壌の放射能汚染が確認されたのである。

文部科学省の発表によると、
福島第一原発から約40km離れた土壌から、
基準値の4倍のセシウム137が検出されたという。

セシウム137は放射性物質で、
強いガンマ線を放射する。
ガンマ線は貫通力が強く、
防護服を簡単に通り抜けてしまう。
つまり、ガンマー線の前では、
防護服は無力。

さらに、
基準の30倍の放射性ヨウ素も検出された。
もし、基準値を超えたヨウ素を長期間摂取すると、
甲状腺ガンを発症する。

今回の土壌汚染地域は、
土壌の入れ替えが必要になるかもしれないという。
そんな所で安心して住めるだろうか?
たとえ、土壌を入れ替えたとしても。

ところが、
政府は、半径20km~30kmを屋内待避としている。
半径40km地点で、土地が放射能で汚染され、
土壌の入れ替えが必要だというのに。
一体、何を考えているのだ?
きっと、後で問題になる。

14時28分、
さらに悪いニュースが飛び込んできた。
東京都の発表によると、
水道局の金町浄水場(葛飾区)から、
乳児の暫定基準値の2倍を超える放射性物質が検出されたという。
都は、
乳児に水道水の飲用を控えるよう要請した。
対象となる地域は、
東京23区、武蔵野市、町田市、多摩市、稲城市、三鷹市。

そういえば、
ここ2、3日、東京の放射線量が増加している。
3月20日8時まで、0.05マイクロシーベル毎時で推移していたのに、
3月21日18時以降、0.15マイクロシーベル毎時(3倍)に急上昇、
その後も、高値のままだ。
ここ2日続いた降雨も一因だろう。

政府によれば、
この程度の放射線量なら、
「直ちに健康には影響しない」
という。
なるほど、東京は安全なわけだ。
では、
乳児が水を飲めない事実を、
どう考えたらいい?

チェルノブイリには絶対にならないと断言した枝野官房長官、
チェルノブイリになっても首都圏は大丈夫と断言する学者たち、
そこで、両者に聞きたい。

格納容器がまだ機能しているのに、
原発から40km離れた地点で、入れ替えが必要なほどの土壌汚染。
原発から220kmも離れた東京で、乳児が飲めないほどの水質汚染。
これでもし、
「格納容器破損 → 大量の放射性物質が放出 → チェルノブイリ」
が起こったら ・・・
それでも首都圏は大丈夫と言える?

そもそも、
「”直ちに”健康には影響しない」
とは、
「”そのうち”影響が出る」
ということでは?

扇動しているのではない。
本当のことを知りたいのだ。
おそらく、
政府はそれを知っている。

今後は、
閣僚やマスコミに東京避難の気配があれば、
首都圏4240万人の民族大移動が始まるかもしれない。
もしそうなれば、
交通機関はパンクする。
そこで重宝するのが自転車だ。
自転車なら、
東京から名古屋まで366km、1~2日で走破できる。

何度も言うが、
あおっているのではない。
備えあれば憂いなし ・・・
もし何事もなければ、
それはそれで良いではないか。

by R.B

関連情報