BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■東日本大震災 2011年3月21日 2011.03.21

【3月20日(日)】
 福島原発の状況は一進一退。
正午、TVで、
原子力安全・保安院の会見があった。

原子炉の格納容器の内部圧力が上がったので、
圧力を下げる対策を講じるという。
方法は2つあるらしく、
それをクドクド説明している。
要領を得ないし、話し方も下手。
聞いていてイライラする。
国家的大事なんだから、
もっとマシな職員を出したら!

ということで、
このまわりくどい会見を整理すると、
1.燃料棒と放射線を封印している「格納容器」の内部圧力が上昇した。
2.格納容器に注入した海水で水蒸気が発生、圧力が上昇したと思われる。
3.そこで、水蒸気を外に放出し、圧力を下げることにした(ガス抜き)。
4.但し、問題が一つ、水蒸気とともに放射性物質も外に出る。
5.方法は2つあり、それぞれ外に出る放射性物質の量が違う。
6.どっちでやるかは、今後の状況を見て決める。

ポイントはこれだけ。
2、3分ですむ話だ。
それを、30分もかけて、クドクド ・・・
結論から話せ!
ポイントしぼって話せ!
手短に話せ!

一体、どんな教育を受けているのだ?
緊張して聞いているので、
話を聞いているだけでイライラする。

ちなみに、
この原子力安全・保安院だが、
事故発生後、速攻で避難したらしい。
どうやら、
トレードマークの「安全・保安」は、
自分たちだけに適用されるようだ。

今の福島原発は戦場だ。
東京電力の作業員、自衛隊、消防隊が、
決死の作業をつづけている。
ところが、
原発を管理する原子力安全・保安院、
陣頭指揮するべき東京電力の役員は既に避難ずみ。
これ、「敵前逃亡」じゃないのか?
戦時なら、死刑だぞ。
おおげさ?
では、
「現場の作業員は命がけ」という現実は、
どうとらえればいい?

【3月21日(月)】
福島原発の決死の作業はつづく。
以下、3月21日の原発の状況。

原子力発電所
概況
原子炉
格納容器
福島第1原発 1号機 電源復旧作業中。 メルトダウン 維持
2号機 外部電源から送電線を引き込み、電力回復に成功。今後は、原発施設の制御機能を回復させ、本格的な冷却をめざす。 メルトダウン? 破損
3号機 自衛隊が放水を継続。 メルトダウン? 破損?
4号機 原子炉に燃料はないが、使用済み燃料プールの水温が上昇。自衛隊が放水を行う。 メルトダウン? 維持
5号機 非常用発電機が復旧。安定して冷却を行っている。 安定停止 維持
6号機 同上 同上 同上

今後は、放水で冷却しながら、
原発施設への電力供給、制御機能の復旧を行い、
安定した冷却をめざす。

一方、
市民生活は安定に向かっている。
避難所にも物資が届き始め、
東京のスーパーでも食料が増えているという。

じつは、当地、金沢でも、
首都圏ほどではないが、
防災グッズや日用品が不足気味。
特に、トイレットペーパー、ティッシュ、ペットボトル(水)、カップ麺、乾電池。
一部のスーパーでは、
カップ麺は1人当たりの販売数を制限している。

ところが、
ペットボトルやカップ麺を箱ごとを積み上げ、
「買い置きにいかがですか?」
というスーパーもある。
会社の近くなので、
毎日チェックしているが、
ほとんど売れていない。
「金沢人=おっとり」
というウワサは本当らしい。

ところで、今回、
直接被災地でもない東京で、
防災グッズや食料が不足したのはなぜだろう?
スーパーやコンビニの在庫は、
基本1日だが、
メーカーは1ヶ月分の在庫をもっている。
だから、物資は十分にあるのだ。
だから、
買い置きが一巡し、
流通さえ確保できれば、
モノ不足は解消される。

ただし、
合板など建材は品切れが続く。
多数の家が津波に流され、
需要が激増したからだ。
この点が、日用品とは異なる。
今後、建築関係は、
「需要はあるが部材がそろわない」
で、経営が難しくなる。

一般論だが、
災害が発生した後、
被災地に物資が安定供給されるまで、
3日ほどかかる。
だが、今回は2週間はかかるだろう。
被災地が広域であること、
避難民の数が多いこと(35万人)がその理由だ。

また、
今回の災害には特殊な事情もある。
放射能汚染だ。
3月15日、
原発から20~30km圏内に
「屋内待避」が指示されたが、
現地からは、
「避難指示」にすべきだった、
と非難が噴出している。

「屋内待避」地域の住民が、
「待避」を辞めて、「避難」を始めたからである。
結果、商店も閉まり、
生活物資が入手できなくなった。
しかも、
放射線をおそれ、外部から物資が入ってこない。
つまり、
「屋内待避」は現実には成立しなかったのである。

おそらく、政府は、
20~30km圏内に「避難指示」を出せば大混乱になる、
とみたのだろう。
失策には違いないが、
難しい判断だ。
ただ、
今後はもっと先読みして、対応すべきだろう。

今後、日本は5つの問題を同時に解決しなければならない。
1.放射能汚染拡大の阻止。
2.放射能汚染地域からの避難民の救済。
3.津波被害地域からの避難民の救済。
4.全国の原発の防災強化。

そして、最後に、
東京一極集中をやめること。

今後起こりうる最悪のシナリオは、
「放射性物資が大量放出 → 作業員が避難 → なすがまま → チェルノブイリ」
もし、そうなれば、
首都圏も被爆圏内に入り、
4240万人の避難が始まる。
これは民族大移動であり、
日本の政治、経済、生活、すべてがフリーズする。
それを避けるためにも、
政府は率先して実行すべきである。

by R.B

関連情報