BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■東日本大震災 2011年3月19日 2011.03.19

【3月18日(金)】
 東京出張から帰り、
翌日出社すると、
社員の質問攻めにあった。

「東京に、食料と水ありました?」
>あるに決まっとるやろ!

「電車が止まって、みんな帰宅難民ってほんとですか?」
>いつの話や?

「放射能は大丈夫でしたか?」
>オレはガイガーカウンターじゃない!

「新幹線が東京脱出組で満杯って本当ですか?」
>2ちゃんか?ガラガラ、スカスカ。

「よくこんな時、東京に行きますね?」
>仕事やろ!

どうかしてるぞ。

今こうしている間にも、
福島原発では、
東電の作業員が決死の作業を続けている。
(経営陣は50km圏外らしいが)
自衛隊、消防隊、警察もしかり。
もちろん、一番辛いのは、
避難所生活を送る人たちだ。
その数は数十万人にも及ぶという。
みんなやるべきことをやっているのだ。

ところが ・・・

3月18日の毎日新聞によると、
今週初め、東京電力が、
福島原発にいる職員全員の退避許可を政府に求めたという。
これに対し、菅首相は、
「撤退はありえない。
東電がつぶれるということではなく、
日本がどうなるかという問題だ」
と拒否したという。

一方、東京電力側は、
「『撤退は許さない』というのは、
『被爆して死ぬまでやれ』と言っているようなもの」
と不満をもらしたという。

では、東京電力に聞く。
この後始末を誰がやるのか?
撤退したら、メルトダウンは本格化し、
チェルノブイリの二の舞になる可能性が高い。
(現状でもそうなる可能性はある)
そうなれば、
首都圏もただではすまないが、
それでもいいと?
そもそも、
福島原発は誰が作ったのだ?

それでも作業員を撤退させたいなら、
代替案がある。
鉄道会社がストをおこせば、
管理職が現場に動員される。
それと同じ論理で、
役員と管理職が現地に行けばいい。
何をしていいかわからないって?
心配無用、
部下が教えてくれる。

もちろん、
管首相が断言したように、
「撤退はありえない」

日本史上最悪の国難にあって、
人ごとのように後ろ向きで、
問題解決できない東京電力の経営陣。
東京電力の不幸と日本の不幸の根源は、
ここにある。

人の上に立つリーダーは、
たとえ、状況が絶望的であっても、
危機に立ち向かうべきだ。
東京電力の経営陣には、
そんな気概はみじんも感じられない。
だいいち、
部下を危険にさらしておいて、
自分たちは安全圏内!?
こんなリーダーに誰がついていく。

一方、
管首相の「撤退は許さない」は、
一部非難はあるだろうが、
正しい決断だ。
平時は頼りないが、
危機におよんで意外な覇気をみせる。
不思議な人だ。

ネットで偶然、感動的な記事をみつけた。
島根県の電力会社の社員が、
応援のために福島へ向かったという。
原発運転のスペシャリストで、
会社が募集した応援派遣に応じたのだ。
定年を半年後にひかえているのに、なぜ?

彼は家族にこう告げたという。
「今の対応で原発の未来が変わる。
使命感を持って行きたい」

娘さんは、そんな父を誇りに思い、
涙が出そうになったという。

自らの命を危険にさらして、
国のために尽くす。
東京電力のトップは、
この話を聞いてどう思ったか。

【3月19日(土)】
福島原発の状況は変わらず。
3号機を冷却するため、
放水しているが、
当たった当たらないが話題の中心なので、
焼け石に水だろう。
それでも、
やらないよりはマシ。

ここ2、3日、
政府に対する不信感が増大している。
日本はもちろん、米国からも。
日本政府は真実を隠しているのではないか?
という疑惑。

だが、現状をみると、
真実を伝えても、状況が好転するとは限らない。
むしろ、国民に希望をもってもらったほうがいい?
もちろん王道は「真実を伝える」だが。
難しい判断だ。

では、今後起こりうる最悪のシナリオは?

すでに、燃料棒が溶け出しているので(メルトダウン)、
冷却ポンプが復旧しないかぎり、
1.溶けた燃料棒が冷却水に落下 → 水蒸気爆発 → 格納容器が破損
2.溶けた燃料棒が格納容器に落下 → 熱で底が抜ける → 燃料棒が外へ

どちらにせよ、
これまでとは桁違いの放射線が放出される。
格納容器は放射線を封印する最後の砦だからだ。
そうなれば、プロセスは違うが、
被害はチェルノブイリかそれ以上になる可能性がある。

ちなみに、
チェルノブイリ原発には格納容器がなかったので、
爆発とともに、放射線が外に放出された。
結果、
作業員5万5千人が死亡し、
ウクライナ国内の被ばく者は343万人(総人口の7%)に達した。
その時の放射線量は、
広島型原爆500発分だったという。

ところが、
福島原発が内包する放射線は、
その10倍を超えるという。
東京電力は事の重大さが分かっているのか?
よく「撤退」など口にできたものだ。

今回の事故の行く末は、
ひとえに、「格納容器」にかかっている。
もし壊れれば、パンドラの箱がひらく ・・・
それを防ぐため、
東京電力の作業員、自衛隊、消防隊の決死の作業が続く。

by R.B

関連情報