BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■東日本大震災 2011年3月15日 2011.03.15

【3月11日(金)】
午後3時20分、
東京の取引先で長期研修しているM君から、
メールが入った。
震度5弱の地震があり、
大きな揺れとともに、
物が落下したという。

M君がいるビルは、
2年前に建設された高層ビルで、
最新の耐震構造のはず ・・・
いやな予感がしたので、
ネットで調べてみた。

すると、
東北で大きな地震があったらしい。
4.7m~10mの津波警報?
我が目を疑った。
もし本当なら、
2000人は犠牲者がでる ・・・
そう直感した。
以前、
災害を体系的に調べたことがあるからだ。

その後、
M君から次々とメールが入る。
断続的に大きな揺れが続いているという。
そこで、すぐに返信 ・・・
高層ビルの方が安全なので、
あわてて帰宅しないこと、
帰宅するにしても、
地下鉄を使わないこと。

だが、
そんな心配は無用だった。
都内のJR、地下鉄すべてが止まったのである。
そのため、M君は徒歩でアパートに帰った。
「秋葉原 → 稲荷町」と、
距離が近かったのが幸いした。
帰宅後、すぐにメールが届いたが、
冷蔵庫から食品が飛び出し、
電子レンジが落下していたという。

一方、
徒歩圏外の人たちは、
そのまま「帰宅難民」となった。

その夜、TVを観ていると、
犠牲者が数百人と予測されていた。
何かおかしい。
津波は日本列島の太平洋岸全域に押し寄せ、
波の高さも10mを超えている。
こんな犠牲ですむはずがない。
それに、
現地の状況が全く把握されていない感があった。
町ごと津波にのみ込まれて、
事態を伝える人もいないのでは?
そう考えると、恐ろしくなった。

【3月12日(土)】
被害が拡大している。
東京の友人たちからメールが届く。
大学時代の友人Yは、
六本木で会合があり、
そこで地震に遭遇、
帰宅難民になったという。
Y曰く、
「長いこと東京に住んでるけど、
今回はマジで死ぬと思った」

【3月13日(日)】
東京やさいたまの友人、親戚からメールが届く。
皆、無事だったが、
タンスが倒れたり、
部屋がグチャグチャになった人もいた。

TVを観ていると、
首相の管さんが、
「今から、私はヘリコプターで被災地を視察してきます ・・・」
と得意げに語っている。
瞬間、頭に血が上った。
つまらんパーフォーマンスはやめとけ。
くだらんことに貴重なヘリを使うな。
こんな時に視察なんかしてどうする?
君が視察して、
一体何ができる、何が決められるというのだ?
救助や物資輸送以外のヘリなんか飛ばすなよ。
今この瞬間にも、
人が死んでいるんだぞ、
と、思わず熱くなってしまった。

さらに、
取材ヘリが病院で孤立している人たちをTV放映していた。
ところが、その後、
その病院とは音信普通で、
いまだに救助されていないという。
意味がわからん。
位置が特定され、
映像まであるのに、なんで助けない?
なんで、食料物資を投下しない。
管さんのヘリが恨めしい。
わが目を疑う現実 ・・・

【3月14日(月)】
取引先の担当者と連絡がとれた。
今日は、JRが動かないので、
出社できないという。
東京23区は停電はないらしいが、
JRや地下鉄は間引き運転しているという。
人口が多いぶん、大変だ。

この担当者の家はさいたまだが、
物流がストップしているので、
スーパーもガソリンスタンドも閉店らしい。
彼は、
「米と塩の買い置きがあるので、なんとかなりますよ」
と笑い飛ばしていた。

あまり知られていないが、
東京の食料在庫は1日。
生産と物流の効率を極めた結果がこれ。
トヨタのジャスト・イン・タイムじゃあるまいし ・・・
冗長性がなければ、
危機に対応できない、
これが都市文明の正体なのだ。

横浜に住んでいる友人と連絡がとれた。
スーパーに水、米がなく、
ガソリンスタンドも閉まっているという。
さいたまと同じだ。
このまま放置すれば、
首都圏に食料がなくなる?
食糧難は被災地だけではないのだ。

しかし、
肝心の政府があてにならない。
3月11日からの対応をみれば明らかだ。
もっと早く決断し、
もっと迅速に行動したらどうだ。
今こうしている間にも、
被災者は命を落とし、
放射能が日本列島を覆いつつあるのに。

TVでは相変わらず、
メルトダウンを解決できない東京電力が、
無能ぶりをさらけ出していた。
「海水を入れても、水位が上がらない。
ポンプの圧力が足りないと思われる」
バカじゃないのか?
格納容器に亀裂が入って、漏れてるんだろ。
中学生でも思いつくぞ。
言い出すのが恐いのか?
この場におよんで何!

【3月15日(火)】
早朝、TVで、
東京電力の記者会見をやっていたが、
驚愕した。
「わかりません」
「あとで調べます」
中学生の勉強じゃないんだぞ!
こんな連中に、
原発の管理を任せていたのか?
恐ろしい、信じられない。

想定外の地震と津波?
一体何を言っている?
今回の地震のマグニチュードと津波の高さは、
史上最悪ではない。
もっとひどい前例があるのだ。
前例があるのに、想定外??
バカじゃないのか。

午後になると、
状況はさらに悪化した。
福島原発の4号機で、
火災が発生したという。
1号機、2号機、3号機の爆発に続き、
今度は火災。
原発から半径20キロ圏外への避難の徹底、
さらに、
半径20~30キロでの屋内退避が勧告された。
管さんいわく、
「国民の皆様の冷静な行動を期待します ・・・」
そうりゃそうだろうが、
被災地の人はどう思うだろう。

ところが、
東京電力のあまりのていたらくに、
あの管さんが声を荒げた。
「あなたたちしかいないでしょう。
撤退などありえない。
覚悟を決めて下さい。
撤退した時は、東電は100%つぶれます」
たまにはいいこと言う。

このままいくと、
東京電力は永遠に呪われる。
「史上最悪の放射能災害をひきおこし、
有効な手を何一つ打てず、
歴史的大災害をもたらした忌まわしい企業」
として。
それが嫌なら、
役員みずから、現地に行け。
それがリーダーの結果責任というものだ。
それでも国民は許さないだろうが。

by R.B

関連情報