BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■フェイスブックと反政府運動 2011.02.27

イスラム世界が混乱している。
チュニジアの「ジャスミン革命」から始まり、
30年続いたエジプトのムバラク政権が崩壊した。
これをみて、誰かが言った。
「次はどこだ?」
エジプト人が答えた。
「フェイスブックに聞いてくれ」

「フェイスブック(Facebook)」は、
今流行のSNS(ソーシャルネットワーク)の一つで、
インターネットの「交流サイト」。
日本では匿名の「ツイッター」が人気があるが、
フェイスブックは基本、実名。
しかも、顔写真まで添付する。
そのかわり、
情報を開示する相手はこっちで選べる。

ところで、
フェイスブックと反政府運動にどんな関係が?
フェイスブックを使えば、
仲間と情報を共有できるし、
送信メッセージを暗号化できるし、
デモの呼びかけも簡単、
反政府運動の強力なツールになる。
だから、
「次の政変はどこかは、フェイスブックに聞いてくれ」
というわけだ。

今回の反政府運動は、
アルジェリア、イエメン、ヨルダン、バーレーンにも飛び火し、
盤石にみえたリビアまで危機的状況にある(2011年2月27日現在)。
それもこれも、フェイスブックのおかげ?

しかし ・・・

たとえば、バーレーンの反政府運動は、
今に始まったことではない。
ここ30年、何度も大きな反政府デモが起こっている。
ただ、バーレーンの場合、
他の国とは事情が異なる。
直接原因は、
チュニジアやエジプトのような失業問題や格差問題ではなく、
宗教対立。
もちろん、最終的には、
失業・格差への不満に行き着くのだが。

バーレーンの社会構造は複雑だ。
一枚岩のイスラム教国ではなく、
王家はスンナ派(スンニ派)、
国民の大多数はシーア派、
と分裂している。
一方、
政府の要職に就けるのはスンナ派のみ。
多数を占めるシーア派が不満に思うのは当然だろう。

さらに、バーレーン王家は、
近隣諸国からスンナ派の民を入国させ、
国籍まで与えている。
スンナ派の人口を増やすためだ。
しかも、
彼らは軍や警察に多数雇用されている。
なぜか?
スンナ派の外国人は、
反政府運動の弾圧にうってつけだからだ。
バーレーン国民へのしがらみがなく、
容赦なく取り締まれるから。

そんなこんなで、
国民の多数をしめるシーア派は、
二重の不満をもっている。
外国人に弾圧されること、
外国人に雇用を奪われること、
つまり、政治的にも経済的にも、
外国人の下におかれているわけだ。
これが、バーレーンの現状。

バーレーンに限らず、
アラブのイスラム諸国は、
王家が支配する君主国家が多い。
当然、民主化は遅れ、格差が生まれる。
これに、貧困と失業が加われば、
民衆の不満が爆発するのは当然だろう。
つまり、今回の事件は、
起こるべくして起こっている。

今回の反政府運動を整理すると、
原因は、貧困と格差と宗教にあり、
それを加速したのは、爆発寸前の民衆の不満。
なので、
フェイスブックの役回りは「触媒」程度?
それでも、
運動の助けにはなっただろうが。

そのフェイスブックだが、
アクセス数がグーグルを超えたと言う。
しかも、
映画化(ソーシャル・ネットワーク)され、
アカデミー賞候補にもなっている。
そして、今回は、
「歴史」を変えた!

フェイスブック ・・・ よくわからんが、凄そうだ。
情報社会はスピードが第一、
乗り遅れて、負け組にはなりたくない。
よ~し、フェイスブックを始めるぞ!
とキーボードを叩く前に、
ちょっと頭を冷やそう。
物騒な個人情報を入力するのは、
それからでも遅くない。

あるTV番組で、
美人キャスターが、
わざわざ米国フェイスブック社に出向き、
フェイスブックに登録してみせ、
懐かしい友人を見つけることができた!
と騒いでいた。

しかし ・・・

逆もあることを忘れてはならない。
誰かが自分を見つけるかもしれないのだ。
その誰かだが ・・・
友好的とは限らない。
自分が指名手配中じゃないにしろ、
見つかりたくない相手はいるものだ。

たとえば ・・・

暴力亭主から逃げ出して、
ひっそり暮らしている母子。
執念深い夫なら、
日々、フェイスブックをチェックしているかもしれない。

借金を踏み倒し、
夜逃げした人もしかり。
債権者がフェイスブックを、
入念にチェックしているかもしれない。

自分が勤める会社も油断できない。
会社の不満分子、
転職を目論む反逆分子がいないか、
人事部が目を光らせているかもしれない。

今のネット社会は何が起こるかわからない、
と思ったほうがいい。
2011年1月11日、
それを象徴するような事件が起こった。

ある女子大生が、
ホテルのレストランでアルバイトをしていた。
そこに、
サッカー選手と女性モデルが来客、
2人の熱いデートを目撃した。

彼女は、ツイッターの常連だったので、
さっそくこの目撃情報を書き込んだ。
いわく、
「○○と××がご来店、
××まじ顔ちっちゃくて可愛かった ・・・
今夜は2人で泊まるらしいよお、これは ・・・ (どきどき笑)」

その数時間後、
世界最大の掲示板「2ちゃんねる」で
このツイート(書き込み)に対するスレッドが立ち上がった。
その後、
女子大生の個人情報が次々と暴露されていく。

まず、
ツイッターのアカウント名、プロフィール等の情報から、
mixiのアカウントが発見された。
次に、mixiの参加コミュニティから、大学名と入学年度が特定され、
さらに、所属サークル名、氏名が判明。
そして最後に、
フェイスブックのアカウントも発見され、
顔写真まで抜き取られた。
ここまでくれば、おしまい ・・・

事件から1ヶ月以上たった今、
あらためて、この事件を調べてみた。
4つのキーワード ・・・ 「サッカー選手」、「デート」、「ツイッター」、「暴露」
からスタートし、検索エンジンを駆使すると、
この女子大生の実名、
大学と学部学科および所属サークル、
顔のアップ写真、着物姿の写真、
が20分ほどで入手できた。
もちろん、
彼女はツイッター、mixi、フェイスブックのアカウントを既に削除している。
だが、一度取られた情報は、
ネット世界から完全に消去することはできない。
これがインターネットのコワイところだ。

もし、事の発端が善行なら救いようもある。
だが、彼女がやったことは、
立場上知り得た個人のプライバシーを、
ネット上でさらしものにした ・・・
法的にうんぬん以前に、モラルの問題だ、
とみんな思っている。

とはいえ、
この手のスッパ抜きは、
フライデーなら日常茶飯事。
もちろん、
彼らが罰せられることはまれだ。
ところが、
この女子大生が受けた罰は致命的だった。
実名、大学名、顔写真まで公開されたのだから。
親戚、友人、知人に合わせる顔はないだろう。
もちろんし、
就活は絶望的。

つまり、
罪と罰の重さがつりあっていないのだ。
ネット世界の裁判は言わば「リンチ(私刑)」、
判決も執行も一瞬だ。
恐ろしい世界である。
もちろん、
匿名のツイッターも、
100%安全とは言い切れない。

この事件は、
米国TVドラマ「24・twenty four」を彷彿させる。
主人公のジャック・バウアーは、
手がかりゼロからスタートし、
ささいな出来事をたぐり寄せ、結びつけ、
犯人を追い詰めていく。
そして最後に、逮捕 or 殺害。
今回の事件そのものだ。

フェイスブックやツイッターのような、
SNS(ソーシャルネットワーク)には光と影がある。
問題は影の部分。
影が個人におよべば、
一人の不幸ですむ。
だが、もし、相手が政府なら、
歴史が変わる(善し悪しは別として)。

今回のイスラム反政府運動で、
最も神経を尖らせているのは中国政府だろう。
じつは、中国のネット規制は世界最強。
グーグルが中国本土から撤退した理由もこれだ。
中国では、数万人のサイバー警官が、
日夜、インターネットを監視・規制している。
もちろん、
フェイスブックやツイッターは、
そのままでは利用できない。

中国政府は、なぜネット統制に執着するのか?
歴史年表をみれば明らかだ。
中国の歴代王朝のほとんどが、
民衆の反乱を機に滅亡している。
支配者の力は点と線だが、
民衆の力は面 ・・・ それが一斉蜂起だ。

もし、中国の民衆がSNSを手に入れれば、
「情報=不満」の共有、
蜂起の伝達は一瞬だ。
人口13億の国の一斉蜂起 ・・・ 支配者にとって悪夢だろう。

最近、東アジアで、
中国式のネット統制に興味を示す国が出てきた。
自由が多少阻害されても、
秩序のほうが大事というわけだ。
確かに一理ある。

実際、
ムバラク政権が倒れたエジプトは、
不安定な状態が続いている。
つまり、今回のエジプト政変は、
政変というより、破壊に近い。

とはいえ、
ここまでネットが普及した以上、
強権的統制で、
国を治めるのはムリだろう。

安定と秩序を求めるなら、
中国式にも理はあるが、
現実には長く続かない。

ネット文明は、
既存の強権統治を破壊し、
一時期に混乱を生むだろうが、
最後には真の民主主義に到る、
そう期待するしかない。
民主主義とは時間がかかるものなのだ。

by R.B

関連情報