BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■ノロウィルス・ダイエット 2011.02.20

健康診断をパスしていたことが、 社長にバレてしまった。 強くとがめられたので、 「はい、はい」 とナマ返事をしておいた。

どうせ、 社員の健康診断は管理部の管轄だし、 管理部をみているのは僕なので、 どうにでもなると思ったから。

ところが、 管理部の女子社員から、 「今年は健康診断に行ってくださいね。 でないと、社長に報告します」 と脅された。

というわけで、 10年ぶりに健康診断に行くことにした。 健康診断をさぼってクビ、 なんてシャレにならないし、 親戚の酒のサカナにはなりたくない。

しばらくして、 先の女子社員に、 予防医学協会に行くように言われた。 (小さな会社は巡回検診車がきてくれない) 受付時間は8:30~11:30というので、 11時30分に協会に入った。 この時間が一番待ち時間が少ない、 と読んだから。 予想は見事に的中した。 どこもかしこもスカスカ、 検査はスムースに進んだ。

その一週間後、 健康診断と関係ないが、 家族全員がノロウィルスに感染した。 近所の医者に看てもらったところ、 たぶん、ノロウィルスだろうと言う。 なぜ、”たぶん”なのかというと、 今はノロウィルスの検査はしないのである。 ノロウィルスと分かったところで、 治す薬も手段もないから。 つまり、対症療法のみ。 僕のノロウィルスは、 症状としては軽かったが、 それでも、 下痢が一週間もつづいた。 おかげで、2kgもやせた。 素晴らしい!

さらに、 これも健康診断とは関係ないのだが、 2ヶ月前のこと、 風邪を引いた後に、 臭いを感じなくなった。 近所に耳鼻科はあるが、 過去に2回も誤診されている。 そこで、 ネットで自己診断することにした。

その結果、 「ウィルスが嗅覚細胞に深刻なダメージを与えた」 と確信。 だけど、 風邪を引くのは初めてじゃないのに、 今回に限ってなぜ?

最近、 風邪で体調を崩したら、 必ず、点滴をうってもらっていた。 ダラダラ過ごすのが嫌いなタチなので、 点滴で一気に治す、というわけだ。 因果関係はわからないが、 それが祟ったのかもしれない。 それはさておき、 臭いがしないというのは、 けっこう辛い。

人間は、 食べ物を舌で味わっているわけではない。 味覚は1割ほどで、 ほとんどが嗅覚による。 というわけで、 何を飲んでも食べても、 味を感じなくなった。 当然、食欲も減退する。

そんなタイミングで、 先の健康診断の結果が返ってきた。

その内容は ・・・

血圧、中性脂肪、血糖値が「要経過観察」で、 「メタボリック警報」が発令されている。 ただし、肥満度は、 BMI=体重÷(身長×身長)=23.7 なので、標準の範囲内(断じて肥満ではない!)

まぁ、それはともかく、 これを機にダイエットすることにした。 ノロウィルスで2kg減り、 臭いも味も感じないので、食欲も減退、 こんな良いチャンスはない。 名づけて、 「ノロウィルス・ダイエット」。

朝は、豆乳一杯、 昼は、カミサン特製の低カロリー・サンドイッチ、 夜は、軽くご飯一杯、 これを2ヶ月続けた。

もちろん、腹は減る。 それも、とてつもなく。 だから、自分にこう言い聞かせた。 「空腹こそ、我が友」 そして、 2ヶ月で、5kgのダイエットに成功した!

それもこれも、 1.ノロウィルスに感染した。 2.臭いを感じなくなった。 のおかげ。

それに、 思わぬ副産物もあった。 頭の回転がちょっと良くなったような ・・・ 「メタボ → 血流が悪い → 脳に酸素がいかない → アタマが悪い」 の悪循環が解消されたのかも。

たしかにキーを叩くスピードが上がったような ・・・ 脳と指が直結した感じだ。 若い頃に戻ったような ・・・ いや、やっぱり、錯覚だろう。 若返るわけがないから。

ということで、 健康診断不要論者だったが、 来年もう一度だけ、行くことにした。 「ノロウィルス・ダイエット」の成果を確かめるために。

by R.B

関連情報