BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■25年ぶりの大雪 2011.02.06

金沢は記録的な大雪となった。
窓の外は銀世界、
スキー場が僕を呼んでいる、
とココロが騒ぐ ・・・
ところが、
外に出て仰天した。
道がない!

明日は会社だし、
渋滞は必至だし、
ゲンナリ。
とにかく、
明日は2時間早く出よう。

庭を見ると、
オリーブが雪に埋もれている。
高さ1m70ほどの小さな木で、
7年かけて大切に育てている。

オリーブは、
地中海地方原産のモクセイ科の植物である。
なので、
潮風と乾燥と温暖を好む。
日本には、明治時代に導入されたが、
栽培に成功したのは小豆島だけ。
今でも、栽培されているのは、
小豆島と岡山県の牛窓だけ(日本で)。
こんな気難しい木を、
家の庭で育てているわけだ。

さっそく、
枝葉から雪を払い落とし、
根元の雪をどけてやった。
オリーブの木は1000年生きる。
きっと、僕の子孫が滅んでも、
生き続けることだろう。
そんな思いで大切に育てている。

夜になると、
さらに冷え込んだので、
寝る前に、
寝室の冷暖房機を入れる。

仕事を終え、寝室へ急ぐ。
う~、さぶ~、
でも、今頃はポカポカ、
ところが ・・・
戸を開けた途端、
冷気が漂っている。
ありゃ、冷房と間違えたか?
ところが、
何をどうしても、
冷風しか出てこない。
くそっ、こんな日に故障かよ!

翌日、
ひいきにしている電気屋を呼ぶと、
室外機が壊れているという。
9年経っているので買い換えた方がお得ですよ、
と上目づかいに迫るので、
それにのったら、
後で、24万5000円の請求書が来た。
おいおい。

話はもどる。
一夜明けて、朝7時、
僕は会社に向け車を走らせていた。
朝早いのに、もう大渋滞。
会社に着くまで、1時間もかかった(いつもは30分)。
駐車場をみると、
積雪は50センチを超えている。
まともな駐車はムリ。

そこで、車を加速して、
頭から一気に突っ込む。
中途半端に出たり入ったりしていると、
タイヤが深みにはまり、
身動きがとれなくなる。

つぎに、
突っ込んだ車の横を除雪し、
1台分のスペースを確保する。
その後、
一旦、車を道路に出し、
空けたスペースに車を入れる。
これが一番早い。

ところが、
最初に突っ込んだとき、
勢いあまって、ストッパーを乗り越えてしまった。
バックしても、
ストッパーが邪魔して、
タイヤが空回りしている。
路面が凍り付いているからだ。
スコップでほじくっても、
焼け石に水。

そこで、会社に入り、
湯沸かし器で熱湯を出そうとしたが、
冷たい水しか出ない。
寒い日はお湯はムリ?!
一体どんな湯沸かし器や。

しかたがないので、
ポットで湯を沸かし、
タイヤの下にぶちまけた。
これで問題解決。
ヤレヤレ、
寒いはずなのに、
身体は汗をかいている。

なんやかんやで、
机についたのは9時過ぎ。
10時になると、
社員がパラパラ出社してくる。
駐車場に入れないので、
道路に車を止めて、
駐車場の除雪をしている。
そこに、社員が次々出社し、
道路は車で一杯。
悲惨 ・・・
結局、全員が仕事についたのは、
11時過ぎだった。

金沢には、
「金沢時間」という言葉がある。
約束の時間に必ず10分遅れて来ること。
だが、この日の「金沢時間」は、
10分遅れどころではなかった。

雪が降れば、
渋滞するのはあたりまえ。
しかも、前日には分かっている。
2時間早く出ればすむのに、
なぜこんな簡単なことができないのか?

きっと、
「大雪→渋滞→遅れて当然」
それに、みんな遅刻するわけだし、
仕事はちゃんとやってるし、
それくらいイイじゃん。
だが、僕はこういう発想が大嫌いだ。
いい大人なんだから、
やるべきことやったら?

人間は誰でもミスを犯す。
だから、何でもかんでも責めるつもりはない。
心臓発作で遅刻しても、
責める人はいないだろう。
要は、不可抗力か否か。
もちろん、
「雪で遅刻」は不可抗力ではない。

というわけで、
今年の金沢は大雪である。
雪だけでなく、
気温も低い。
金沢地方気象台によれば、
金沢の1月の平均気温は、
去年が4.4度、その前年が4.0度、
平均すると3.9度らしい。
ところが、今年はなんと1.9度。
1度台は25年ぶりだという。

ところが、
記録に残る最低気温は1945年の0.0度。
ん~、数字を見るだけで寒くなる。
さすがに、まだ生まれてなかったが、
1981年の「五六豪雪」は覚えている。
こちらも記録的な大雪だった。
記録によれば、
町中でも、1.5m~2mの積雪だったらしい。
一方、僕の記憶によれば、
田舎の道は、
雪で数十センチも盛り上がり、
人間とウサギしか通れなかった。

しかし、地球は奥が深い。
上には上があるのだ。
北極圏に近いロシアのオイミャコン村は、
1月の最低平均気温は-49.8度。
さらに、瞬間最低気温は-71.2度!
ウィルスでさえ死滅するという。
どんな寒さや?

でもメリットもある。
恐怖のパンデミック(感染症の世界流行)が起こったら、
オイミャコン村に逃げ込めばいいわけだ。
ウィルスも死ぬそうだから、
人が住める唯一の安全地帯というわけ。

ということで、
オイミャコン村に土地買っとこうかな。
どうせ、二束三文だろうし(ロシアは私有地大丈夫?)。
だけど、-50度!
ウィルスより、こっちが先に死んだりして ・・・
シャレにならん。

by R.B

関連情報