BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■就活 (企業の裏事情) 2011.01.30

最悪の就職氷河期、
学生にしてみれば、
理不尽に思うこともあるだろう。

中でも納得いかないのは、
学歴による足切り。

以前、地元の私大生から、
こんな話を聞いた。
彼は、県内の上場企業をねらっていた。
解禁日、さっそく会社説明会に申し込むと、
すでに「満員御礼」。
いくらなんでも早すぎるやろ!
友人(地元の国立大生)に聞いたところ、
その後、普通に申し込めたという。

つまり、この会社は、
説明会の時点で、
足切りしていたのである。
でも ・・・
今どき珍しい話ではない。

最近、
学生にIDを入力させ、
有名大学の学生にだけ重要な情報を開示するサイトもある。
まさに、学歴至上主義 ・・・
もちろん、
すべての企業がそうというわけではないが。

人間の実力は学歴だけでは決まらない。
これはあたりまえ。
事を成し遂げた人物の学歴をみれば、
一目瞭然だ。

そもそも、
学歴の意味するところは、
「読み書きソロバン」、
つまり、
1.計数の理解力
2.言語の理解力
につきる。

ところが、
社会に出ると、
1.ヴァイタリティ(エネルギー)
2.パーソナビリティ(人間力)
3.創造的思考力(新しい価値を生み出す力)
4.状況適応力(環境に適応し生き抜く力)
5.ストレス耐力(プレッシャーに耐える力)
6.統率力(組織や人間を束ねる力)
などが重要になる。

ちなみに、これらの因子は、
「読み書きソロバン」とは関係がない。

ではなぜ、
企業は、学歴にこだわるのか?
合理性に欠くし、
あまりにも理不尽。
だが、企業には、
そうしなければならない理由があるのだ。

その昔、
学生は大学の掲示板に貼られた求人票の中から、
会社を選んだものだった。
これなら、
企業は来て欲しい大学にだけ求人を出し、
学生はその中から選ぶ。
つまり、
企業も学生も選択肢は限られ、
そのぶん、
手間いらずだった。

ところが今では、
マイナビ、リクナビなどの就活サイトが登場し、
就活の効率が劇的に向上した。

まず、企業は、
就活サイトを運営する会社と契約し、
代金を支払う(オプションによって金額は異なる)。
すると、
その企業の求人広告が就活サイトに公開される。

一方、学生は、
就活サイトに登録すれば(無料)、
サイトに登録された企業情報を閲覧できる。
条件付き検索が可能なので、
手間はかからない。
もちろん、
エントリーや応募も可能。

そして、一番のポイントは、
複数の会社に「一括エントリー」できること。
これで、
学生のエントリーの手間は劇的に減った。
結果、
人気のある大手企業に、
エントリー・応募が急増することになった。
企業にとって嬉しい?
とんでもない!

大手の人事担当者はこう思っている。
昔なら、
ウチなんか来なかった大学からも、
応募がポンポン来る。
それもこれも、就活サイトのおかげ?
だけど、
こんな数、とてもさばききれない。
さて、どうしたのものか?

以前参加した面接官セミナーで、
大手食品会社の採用担当者が、
こんなことを言っていた。
「うちは、エントリーだけで5万人なんですよ。
全員チェックするなんて、ムリ。
だから、
エントリー段階で、ふるい落とすしかないんです。
人手が足りないので、
学歴で決めるしかないですね。
きっと、優秀な子も落としてるんだろうなぁ、
と悩みながらやってます」

これが企業側の本音、裏事情なのである。
とはいえ、
足切り(一次選考)するにも、
他に方法はないものだろうか?

最近、
よく利用されるのが「エントリーシート」だ。
企業に提出する自己PR資料のことである。
ただし、
本人が書いたとは限らないし、
エントリーシートを添削する業者まである。
それに、自分が書いたとしても、
表現力のチェックにしかならない。
こんなものに、どんな意味があるのだろう?

ということで、
選考対象者を一気に絞り込むには、
学歴しかない、と大手は考えている。
学生が「一括エントリー」でくるなら、
企業は「一括足切り」で対抗?
笑えない話だ。

それに、
企業の中には、
学歴の有効性を信じる人が意外に多い。
実例をあげよう。

ある会社では、
学生の履歴書に学歴を書く欄がない。
にもかかわらず、
後で、合格者を調べると、
有名大卒が圧倒的に多いという。
(球団経営会社の採用担当者の話)

もちろん、
この会社は学生を、
計数理解力や言語理解力だけ見ているわけではない。
シビアな面接で、
1.ヴァイタリティ
2.問題解決力
3.ストレス耐力
を入念にチェックしている。

にもかかわらず、
有名大卒が残るのだという。

例をもう一つあげよう。
大学時代の友人が、
大手電機メーカーで特許部長をやっている。
彼も僕と同様、学歴無用論者だった。
ところが、
子会社に出向し、
考えが一変した。

出向先で見たものは、
親会社とは桁外れに見劣りする特許部員だった。
特許は、
どんな素晴らしい発明でも、
些細なミスで、無用の長物になりうる。
特許部員には、
論理的思考力はもちろんだが、
計数理解力、言語理解力、英語力、工学知識も必要だ。

ところが、
彼が特許出願文書をチェックしていると、
日本語になってないやろ ・・・
こんな英単語も知らんのか ・・・
はぁ?一体、何考えてんだ?
という具合で、
朝から晩まで、お怒りの毎日となった。
あげく、
「おまえ、中学校で勉強やり直してこい!」
と言い放つ始末。
元々、温厚な人物なので、
よっぽど、腹にすえかねたのだろう。

彼によれば、
有名国立大と早慶あたりなら、
こんなことはないという。
たしかに、
仕事が特許なら、
基礎学力は必須だろう。

さらに ・・・

ある大手企業の採用担当者から聞いた話。
新入社員が配属され、しばらくすると、
人事部にクレームがくるという。
「なんであんなの採ったんだ?
どんな選考やってるんだ?」
ところが、
これが、有名大卒だと文句がこないのだという。
だから、
彼は有名大卒に執着している。
採用担当者にしてみれば、
学歴は「担保」というわけだ。

最後に ・・・

以前いた会社(上場企業)で経験したこと。
ある日、
有名大卒の新入社員がヘマをやった。
すると、みんな口をそろえて、
「へぇ~、あいつでも失敗するんだ」

別の日、
無名大卒の新入社員がヘマをやった。
すると、上司が、
「やっぱりな、いつかやると思ってたよ」
・・・
ヒドイ話である。

ここで、
就活の企業側の本音、裏事情を整理しよう。
もし、
応募者の数が処理能力を超えるなら、
足切りはやむえない。
その方法は?
数が多い場合、「統計学」が最も有効だ。
それが学歴というわけ。
つまり、
学歴で選ぶのが一番効率がいい ・・・
これが企業側の論理なのである。

だが、
学歴がパッとしなくても、
悲観することはない。
就活・必勝法が、
ちゃんとあるのだから。

それに、
忘れてならないのは、
内定をもらうより、
入社した後のほうが大切だということ。
内定は一瞬、その後は40年もあるので。

ところで、
学歴は入社後も有効?
ノー!
大手といえど、
入社した瞬間、学歴は関係なくなる(一部例外あり)。
つまり、
その後は実力次第。

もちろん、外資系は、
もっと過酷な「実績主義」。
つまり、実力があっても、
結果が出ないとダメ。

ということで、
学歴は入社時だけ有効、
と考えた方がいい。

さてここで、
遠い昔の僕の就活 ・・・

ある日のこと、
研究室の教授によびだされ、
会社見学に行くように言われた。
その会社は、
船舶用のレーダー、ソナー、魚群探知機、衛星通信などを製造する
一部上場企業だった。

指定された日に会社に行くと、
なんか様子がおかしい。
虎ノ門にある本社に連れていかれ、
部屋に入ると、
社長を真ん中に、役員がズラリ。
役員も見学対象?
・・・
ところが、矢継ぎ早に質問がくる。
あれ、これ面接?

社長:
「君の支持政党は何かね?」

僕:
「はいっ、自民党です!」(当時は社会党や共産党と答えるのはタブーだった)

社長:
「ところで、前の選挙だが、投票に行ったかね?」

僕 :
「・・・ すみません、行ってません」

役員爆笑。
結局、僕はこの会社に入社することになった。
古き良き時代のぬる~ぃお話 ・・・

その後、Uターンし、2度転職したが、
仕事の内容を変えたことは一度もなかった。
「コンピューター = 趣味・遊び = 天職」で、
コンピュータ技術を片っ端から習得していった。
だから、他社からよく声がかかった(今はナシ)。
ここで言いたいのは、
手に職があれば必ず道は開けるということ。
「価値を生む力」こそが、
”銀の弾丸”なのだから。

by R.B

関連情報