BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■就活 (必勝法) 2011.01.23

2011年1月18日夜、金沢市、
帰宅途中の大学生が、
「男に脇腹を刺された」
と110番した。
ところが、翌19日、
自作自演であることが分かった。
理由は、
「単位が足りず、卒業できない。
就職も決まっていない ・・・」

政府の発表によれば、
2010年末時点で、
大卒の就職内定率が68.8%。
調査以来、最悪の数字らしい。

テレビでは特集が組まれ、
40社受けたけど、内定ゼロ、
100社エントリーしたのに、
会ってもらえたのは2社だけ、
しかも、落ちた ・・・
など、悲惨な話ばかり。
あげく、政府までが、
異常事態宣言なのだという。
しかし、何かがおかしい。

学生にとって、
就活は社会に出る最初の「問題解決」の場である。
だから、
問題解決に集中すればいい。
それだけのことなのだ。
考えるべきはただ一つ、
自分だけの居場所(会社)を見つけること。

いや、現実は厳しい?
世の中、不景気だし、
小さい会社なら倒産するかも ・・・
やっぱり、大企業しかないなぁ。
パパもママもそう言っているし、
ボク・ワタシもそう思う。
だいいち、
安定を求めてどこが悪いの?

なるほど。

だが、
「大企業=安定」はウソ、
だったらどうする?

すでに、日本は終身雇用の社会ではない。
たとえば、人気の銀行、
定年まで働けるのは役員などごく一部で、
あとは、途中で出向。
しかも、
自分の銀行が併合されれば、
大量のリストラが待っている。

また、学生に大人気の大手メーカーでも、
日常的に早期退職を募集しているところがある。
40社受けて全滅の人は、
万一、大手にもぐりこんでも、
いつかリストラされる可能性が高い。
つまり、
「大手=安定」とはならないのである。

逆に、
中小企業は人材不足なので、
リストラされる可能性が低い。
それに、
大手より、出世が早いので、
給与が逆転することもある。

つまり、
大手は倒産する確率は低いが、
競争が厳しいので、
リストラされる確率が高い。
一方、
中小は倒産する確率は高いが、
人材不足なので、
リストラされる確率は低い。
「安定」という点では、
五十歩百歩なのだ。

では、
安定を得るには、
何を基準に考えれたらいいのだろう?
結論からいけば、
会社のスペックではなく、
「その会社で自分が価値を生めるかどうか?」

なぜなら、
「価値」を生んでいる限り、
大手でもリストラされないし、
中小なら倒産しても、
拾ってくれる会社があるからだ。
つまり、
「価値を生む力」だけが、
安定を約束してくれる。

ここで重要なことは、
「どんな会社でも価値を生む力」
は必要ないこと。
自分が価値を生める会社は1つでいい。
どうせ、
就職できるのは1社だけなので。

それに、大手は、
安定を求める学生など求めていない。
肉食系を求めている。
しかも、ハイスペック。
だからこそ、
日本人を見捨てて、
新卒に韓国人を採用する会社まで出てきたのだ。

また、ソニーでは、
2013年の新卒採用の30%が外国人だという(日本採用で)。
2年前にくらべ、外国人比率は約2倍。
おゆとり様世代の日本人学生にとって、
競争はさらに厳しいものになるだろう。

だから ・・・

40社、80社受けて、全滅なら、
方向が間違っている。
高速道路を逆走しているようなものだ。
では、具体的に何をすればいい?

まずは、
「自分が何を望んでいるのか?」
ハッキリさせる。
親の望み、先生の望み、社会のトレンドは忘れよう。
つぎに、
自分の強みをハッキリさせる。
その上で、
会社のスペックにこだわらず、
自分の「望み」と「強み」にマッチした会社を捜すのである。
それがそのまま、
「自分が価値を生める会社」になる。

たとえ、
自分の望みがわからなくても、
落ち込む必要はない。
ナポレオンは、
「最大の悪徳は、他人の稼業をすることである」
と言った。
だから、
絶対にやりたいくない仕事は除外し、
残ったものの中から選べばいい。

もし、
自分の強みがわからなくても、
嘆く必要はない。
たとえ、
有名大学を出ていなくても、
大した資格がなくても。
自分の好きなこと、得意なことを、
極めればいい。
それで成功するとは限らないが、
少なくとも道は開ける。

甥に面白い子がいる。
小さい頃から、
オモチャが大好きで、
それが20歳になっても続いた。
親にはバカにされるし、
学校の成績は悪いし、
常識はないし、
見るからにオタク。
しかも、学歴もイマイチ。
ところが、
東証一部上場の超優良企業に就職した。
一体、どんな手を使ったのか?

彼は、ダメもとで、
面接官に、オモチャの持論をぶちまけたのである。
その会社は、空調機メーカーで、
オモチャとは関係がない。

ところが ・・・

面接官たちは、
彼の話を、じつに楽しそうに聞いていたそうである。
たかがオモチャ、されどオモチャ、
彼のウンチクには、20年の年季が入っている。
オモチャの知識、哲学、販促方法、価格決定にいたるまで、
彼は、自分の想いを熱く語ったのである。

しかも、
彼はオモチャを買う資金を得るため、
ネットオークションで売買を繰り返している。
つまり、彼は、
「オモチャを通して社会を学んだ学生」
と見られたのである。

つまらない面接テクニックだけを身に付け、
中味のない学生を極端に嫌う面接官を、
僕は知っている。
彼は大手アパレルメーカーの採用責任者だが、
話をしていると、
寒気がするほど鋭い。
面接テクニックで取りつくろっても、
彼の前では無力だろう。

「得意」を極めて成功した例を、
もう一つ紹介しよう。

 彼は無名の工業大卒で、
資格も自動車の免許だけ、
コミュニケーション能力もいまいち、
肝心の理工系科目は大の苦手?!
結果、
内定を一つももらえなかった。

仕方がないので、
1年間、外国を放浪した。
旅の途中、あるきっかけで、
動物が好きになった。
それに、
英語も日常会話ならなんとか。
旅で得たものはこんなものだった。

ところが、帰国後、
彼は県立の動物園に中途採用されたのである(憧れの公務員!)。
40人受験し、採用されたのは彼一人。
なぜか?

最近、動物園は、
インターネットで世界中から飼育情報を得ている。
さらに、
世界中の動物園とメールで情報交換している。
つまり、英語は必須。
ところが、
動物園に英語ができる人は少ないだろうし(失礼)、
帰国子女が動物園を希望するとは思えない(失礼)。
つまり、
彼にとって、動物園が、
「自分が価値を生める会社」だったのである。

彼には悪いが、
この程度の強みなら、誰でもつくれる。
それに、
就職氷河期と言いながら、
求職の数より、求人の方が多いのも事実。
要は、
無責任な世間のウワサなど気にせず、
「自分が価値を生める会社 = 自分だけの居場所」を見つける!
それだけのことなのだ。

by R.B

関連情報