BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■ガンジス河でバタフライ 2010.11.28

ある夜のこと、
半醒半眠で、テレビを見ていると、
ヘンなドラマをやっていた。

あの長澤まさみが、
就職面接を受けている。

面接官:
「志望動機は?」

長澤まさみ:
「・・・(焦って言葉がでてこない)」

面接官:
「はいっ、もうけっこうですよぉ」
「ごめんね、高野さん(長澤まさみ)。あとがつかえているから」

長澤まさみ:
「インド ・・・」

面接官:「え?」

長澤まさみ:
「がっ、ガンジス河でバタフライしたいですっ!」

面接官:
「わたしはね高野さん、志望動機を聞いたんです。それはわかるよね」

長澤まさみ:
「はい」

面接官:
「残念ながら、うちはガンジス河でバタフライする会社じゃないんですよね」

長澤まさみ:
「はいっ、でもしたいんです!ていうか、しました」
「わたし、ガンジス河でバタフライしましたっ!」

面接官:
「さっき、し・た・い・って ・・・」

長澤まさみ:
「したんです!ちゃんと写真もあります!」

面接官:
「どこに?」

長澤まさみ:
「現像 ・・・ 現像にだしてるんです!」

こうして、高野てるここと長澤まさみは、
インドに旅立つことになった。

シーンは変わって、
インドのとある空港。
長澤まさみが空港の外に出ると、
インド人の一団がこっちを見ている。

インド人:
「リキシャ(乗り合いタクシー)乗る?安いよ!安いよ!安いよ!」

長澤まさみ:
「けっこうです、歩いて行きます」

インド人:
「500ルピーね。だいたい日本円で1500円ね」

あんまりしつこいので、
観念した長澤まさみが、ホテルの住所を見せて、
「わかりました。ここに連れて行ってください」

ところが、どういうわけか、
インド人たちもリキリャに同乗する。
そして、リキシャの中で ・・・

インド人:
「ちょっとボッてみようか」
「そうだな」
「1000ルピー!」

長澤まさみ:
「えっ、ちょっと待って、さっき、500ルピーって言ってましたよね」

インド人:
「あなた800ルピー、荷物500ルピー、あわせて1300ルピー」

長澤まさみ:
「えっ、1000ルピーじゃないんですか!」

インド人:
「日本語わからないからぁ~」

リキシャがホテルにつき、
長澤まさみ、1300ルピーを払うことに。
そして、ホテルの看板を見て驚く。

長澤まさみ:
「あの、ホテルの名前ちがうんですけど」

インド人:
「ノープロブレム、ノープロブレム」

・・・

このあたりで、
ドラマにクギ付けになっている自分に気がついた。
目もすっかり覚めている。
ところが、
せっかく、はまったのに、
この日放映されたのは前編のみ。
そして、
1週間後に放映されたであろう後編は、
見逃してしまった。

「ガンジス河でバタフライ」は、
メーテレ(名古屋テレビ)開局45年周年記念で制作されたスペシャルドラマ。
原作:たかのてるこ
脚本:宮藤官九郎
主演:長澤まさみ
共演:塚本高史、中谷美紀、竹下景子
と、それなりに力が入っている。

主人公の高野てるこ(長澤まさみ)は、
何のとりえもない平凡な女子大生。
それが、就職面接で、
志望動機を突っ込まれ、
あらぬ事を口走り、
それがために、
インドに旅立つことになった、
という設定。

ところが、
そんな彼女を待っていたのは、
想像を絶する異世界だった。

トイレに紙がないので、
手でウンコをふかなきゃいけない。
ところが、
食事も手で食べるので、
ウンコは左手で、食事は右手で、
がインド式。
とはいえ、
人によって利き腕は違うわけだし、
寝ぼけまなこで、右手でウンコを拭いたら、
その後どうする?

問題はそれだけじゃない。
ホテルのシャワーは水しかでないし、
街を歩けば、
お金をせがまれたり、ボラれたり ・・・
てるこ(長澤まさみ)は、
すっかり落ち込んでしまった。

そんな時
てるこは、ハンサムな日本人と知り合う。
ところが、
気を許したとたん、
荷物を持ち逃げされてしまう。
旅行者相手の詐欺師だったのだ。
それでも、
列車の中で、インド人の家族と仲良くなり、
家に招待され、
インド人の温かみを知る。

そして、クライマックスは、
長澤まさみ本人による「ガンジス河でバタフライ」。
しかも、
服を着たまま ・・・
これは凄い。
普通の人なら、
2、3回水をかけば沈んでしまう。

それに、
海外旅行のバイブル「地球の歩き方」によれば、
ガンジス河では絶対に泳がないでください ・・・
みんな、洗濯したり、身体を洗ったり、
何が流れているかわからない(死体も?)。
なんかのはずみで、
水をゴボっと飲みこめば、
ただではすまない。
長澤まさみが、
こんな根性のある役者だとは思わなかった。

また、ストーリーは、
主義主張のたぐいは皆無で、
理屈っぽいところは一切ない。
物語は、
コミカルに、
スルスルすすんでいき、
ひたすら楽しい。

じつは、
「ガンジス河でバタフライ」は、
視聴率こそイマイチだったが、
顧客満足度はかなり高い。
脚本が良いからだろうが、
長澤まさみの演技も光っている。
演技というか、天然というか、
とにかく、ハマリ役だ。

彼女の
屈託のない大笑いは、バカッぽくて可愛いし、
困り果てた様子は、天然にリアルだし、
泣きじゃくる姿は、どこか微笑ましい。

ということで、
東京に出張するたびに、
秋葉原の中古DVDショップをチェックしていた。
後編を観たい一心で。

そしてついに、
行きつけの中古ショップで、
DVD「ガンジス河でバタフライ ディレクターズ・カット版」を発見した!
価格は2000円ちょっとで、
アマゾンの中古より安い。
迷わず、ゲット。
家に帰って、
2回も観てしまった。

この手のドラマは中味は空っぽなのに、
なぜか心がなごむ。
やっぱり、人生に疲れているのかなぁ。

by R.B

関連情報