BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■面接官セミナーに行く 2010.11.21

この2年間で、
新卒を6人も採用したのに、
期待に応えたのは2人だけ。
あとは、
心の病気、体の病気、
どこにも異常はないけど、ヤル気がちょっと ・・・
などなど、戦力にはほど遠い。
これも、
おゆとり様(ゆとり世代)
のせい?

昔なら、
「話にならん!」
の一声で 一件落着だったのに、
今では、
法律も社会も社員の味方で、
回り回って人事の責任になる。

とはいえ、
ウチみたいなベンチャーは、
人事部も人事課もない。
あるのは、
「管理部 = 経理 + 総務 + 人事 + ネットワーク管理」
しかも、
管理部長は、開発部長が兼任(僕)!?
おいおい、大丈夫か ・・・

そんなある日、
現況を憂いだ社長が、
僕の席にやってきた。
「これからは体育会系でいくぞぉ~」
と力強く訴え、
面接官セミナーの案内を置いて行った。
たぶん、
行ってこい、
というのだろう。

体育会系を否定するつもりはないが、
スポーツ大好きで、元気みなぎるイケイケのプログラマー&デザイナー!?
ぜんぜんイメージがわきませんけど、
とは言えなかった。

それに、
今はそれどころじゃない。
費用でもめている案件があり、
開発炎上中の案件もある。
ところが、
セミナーの開催日を見て、
気が変わった。
炎上案件の対策会議が東京であり、
その翌日がセミナーの日!
まぁ、出張ついでに、
行ってみるか ・・・

ところが、
そんなお気軽な受講者は僕だけだった。
参加者は8名で、
すべて人事担当者。
しかも、
鼻から気合いが入っている。
初めに自己紹介があったが、
「出張ついでに、ちょっと参加してみました ・・・」
とはとても言えなかった。

この面接官セミナーを開催したのは、
ウチが適性検査を依頼しているS社。
講義は30分そこそこで、
ほとんどが演習。
さすが、外資系、
時間対効果は抜群だ。

まず、
学生の面接映像(本物)を観て、
受講者が点数をつける。
その結果を講師がコメント。
さらに、
受講者を2つのチームにわけ、
チーム単位でディスカッションし、
発表する。
これを、延々と繰り返すわけだ。

不思議なことに、
セミナーも後半になると、
いっぱしの面接官になったような気がしてくる。
”付け焼き刃”もいいとこなのに。
もちろん、他の受講者は別。
大きくうなづきながら、
熱心に聞き入っている。
こっちは、ホンモノの面接官だ。

それでも、
このセミナーに参加したおかげで、
「面接=サイエンス」ということは理解できた。
面接官は、
主観を封印し、
「面接者の行動予測」に集中するべし。

一般に、就職面接では、
1.ヴァイタリティ(エネルギー)
2.問題解決力(エンジン)
3.ストレス耐力(装甲)

がチェックされる。
この3つは、あらゆる職種に有効だからだ。

午後からは、
この3つの因子をあぶりだす方法を学んだ。
面接者に対し、
「これまでに最も困難な目標に挑んだ経験を話してください」
という質問を投げかけ、反応を見るのである。

まず、
3人の学生の面接映像(本物)を観て、
受講者がそれぞれ、順位をつける。
その中で、一番評価が高かったのは、
「インドのスラム街で1ヶ月過ごした」学生だった。
あれ?どこかで聞いたことがあるような ・・・
長澤まさみの「ガンジス河でバタフライ」?

「ガンジス河でバタフライ」は、
2008年に放映されたテレビドラマ。
(視聴率は低かった)
長澤まさみ演じる主人公・高野てるこは、
何の取り柄もない女子大生。
そこで、
就職面接対策に、
「ガンジス河でバタフライ」
を思いつく。
うまくいけば、
先の3つの因子をアピールできるし、
インパクトも超弩級。

つまり ・・・

「インドのスラム街」の話は、
「ガンジス河でバタフライ」そのもの。
もっとも、
「インドのスラム街」の学生は、
「ガンジス河でバタフライ」を真似たわけではない。
彼の面接の方が10年も古いので。

まぁ、どっちにしろ、
魂胆はみえみえ。
とはいえ、
「インドのスラム街で一ヶ月過ごす=3つの因子のスペックが高い」
も確かだ。
当然のように、
受講者8人のうち6人が、
最高の評価をした。

たまたま、
低い評価をした一人が、
僕の隣の席だったので、
理由を聞いてみた。

「彼の評価はなぜ低いんですか?」
「確かにヴァイタリティはあるし、
地頭(じあたま)もいい。
だけど、
このタイプは10年経つと、
9割がいなくなるんですよ」
んー、なるほど。

そして、
低い評価をしたもう一人は、
僕だった。
なぜか?

この学生は、
「インドのスラム街で暮らす」
というだれかれできない困難を克服した。
ヴァイタリティ、問題解決力、ストレス耐力、
いずれも優れていることは確か。

ところが ・・・

彼は、何の価値も生んでいない。

これほどの力があれば、
できることは他にもあったはずのに、
なぜ、「インドのスラム街」なのか?
彼がスラム街で1ヶ月暮らしてみたところで、
思い出以外、何も生まないのに。
グループホームで洗濯するほうが、
よほど社会的価値がある。

こういう人間は、
たとえ力があっても、
それを、「自分の価値」にしか使わないものだ。
つまり、
「社会的価値」を生むとは限らない。
だから、
組織には向かないのである。

どうして、そう言い切れる?
若い頃の僕がそうだったから。
(能力は大したことなかったけど)
ということで、
面接官もいろいろ、
学生さんは大変なのである。

by R.B

関連情報