BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■尖閣ビデオ流出事件 2010.11.07

仮にの話だが、
日本の閣僚が、
女性問題で弱みを握られ、
中国に便宜をはかっていたとする。
もし、その証拠が、
外部に流出したとしたら
・・・
世論はどう反応するだろうか?

誰がどんな便宜を図り、
どれほど国益が損なわれたか、
で騒ぐのが普通で、
情報を漏らしたのは誰だ?
で騒ぐ者はいないだろう。

仮にの話だが、
巨大隕石が地球に衝突する事を、
政府が隠していたとして、
もし、その証拠が、
外部に流出したとしたら
・・・
世論はどう反応するだろうか?

隕石衝突が、
いつ、どこで起こり、
どの程度の被害が出るのか、
で騒ぐのが普通で、
情報を漏らしたのは誰だ?
で騒ぐバカはいないだろう。

ところが、
今、日本で起こっている現実は、
その”バカ”なのである。

2010年11月5日、
インターネット上で、
尖閣諸島沖の中国漁船衝突の映像が公開された。
人気の動画サイト「ユーチューブ」に、
投稿されたのである。
映像は全部で6本、長さは44分。
投稿者名は「sengoku38」だが、
仙石(せんごく)官房長官を、
非難しているのだろう。

映像は鮮明で、
中国漁船が体当たりしたことに、
疑う余地はない。
こんな証拠があるのに、
処分保留で中国人船長を釈放した?
アタマおかしいんじゃないのか?
だいたい、
なぜ映像を全面公開しない?
・・・
という展開を予想したのに、
見事にはずれてしまった。

マスコミや世論は、
「情報管理に問題がある。
内部関与なら守秘義務違反だ ・・・」

え?問題はそこか?!

管首相は、
いつものとろんとした眼(まなこ)で、
「しっかり調査して原因究明をしなければならない」
と何の意味もないコメント。
マヌケでピント外れのジョークには使えるかもしれない。

ただ、
「みんなの党」の渡辺代表は、
「尖閣諸島は日本が実行支配しているということを、
国際社会に明らかにできたのに、
圧力に屈して釈放してしまった」
と中国人船長を釈放したことを非難した。

また、
自民党の小池百合子議員は、
「早く公開しないからこのようなことになった」
と情報を全面公開しなかったことを非難している。

この2人に共通するのは、
情報が漏れた経緯ではなく、
情報の意義を中心にコメントしていることだ。
しごく当然なのだが、
すごく立派に見えるのはなぜだろう?

この映像は、
海保と検察にしか存在しないらしいが、
海保は現場でコピーしているだろうし、
今さら管理しろと言われても、ムリ。

今回の事件は、
ハッキング(外部からの不法アクセス)ではなく、
内部関係者のリークである可能性が高い。

つまり、内部告発。

普通、内部告発の場合、
リークしたのは誰だと騒ぐのは、
リークされた側だけで、
マスコミや世論は、
真相を知りたがるものだ。
だが、今回、
マスコミはその逆をいっている。

政府も、マスコミも、世論も、
中国を気遣っているわけだ。
中国漁船に当て逃げされ、
船長を拘留したのに、
すぐに釈放。
しかも、
証拠の衝突ビデオさえ公開しない。

こんな情けない政府に業を煮やして、
キャリアを棒に振ってまで、
内部告発に踏み切った、
というのが、
今回の事件の真相かもしれない。

いずれにせよ、
リークした人物は、
いずれ特定され、
処分を受けるだろうが、
「国民に真実を知らせるための告発」
であったことを忘れてはならない。

自己を犠牲にしてまで、
真実と正義を尊重する。
それが、
守秘義務よりはるかに尊いことは、
誰にでもわかることだ。
「おとぎの国」日本にも、
こんな気骨のある人物がいたのだ。
(もしそうだったらの話だが)

1830年7月27日、フランスの都パリ、
フランツ・リストは一発の砲声で目を覚ました。
窓を開けると、
民衆が三色旗をひるがえし、
歓声と熱気が街をおおっていた。
フランス7月革命が始まったのだ!
この瞬間、
ピアノの魔術師、リストは、
長かったスランプを脱し、
再び、創作を開始したのである。

さて、
今回の「尖閣ビデオ流出事件」は、
日本にとって
「リスト一発の砲声」になるか?

by R.B

関連情報