BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■おゆとり様(ゆとり世代) 2010.10.31

2010年、就職戦線 ・・・
今年も氷河期がつづく。
しかも、今、戦場にいるのは
「おゆとり様」世代。

おゆとり様とは、
いわゆる「ゆとり教育」を受けた若者たちで、
「円周率=3」
ですっかり有名になった。
いわく、
こんな低レベルな教育をするから、
日本の若者はダメになったのだ、と。

しかし ・・・

円周率はそんな大げさな”数”ではないし、
もちろん、
円周率にも責任はない。
「円周率=円の周の長さ÷円の直径」
なのだが、
整数でも、分数でも表せない。
そこで、無理に小数で表すと、
円周率=3.141592・・・
と無限に続く。

しかも、
10÷3=3.333333 ・・・
のように、繰り返しがない。
無理っぽい数ということで、
無理数とよばれている。
ただ、
直線を引けば、
線上のほとんどの数は無理数である。
なので、
円周率が特別な”数”というわけではない。

おそらく、
「円周率=3」が気に入らない人たちは、
「円周率=3.14」としたいのだろうが、
それなら、
「円周率=3.14 ・・・」
が正しい。

さて、
その「おゆとり様」だが、
一般論的には、”ぬる~ぃ世代”
ということになっている。
では、
具体的にどう”ぬる~ぃ”のか?

簡単にいえば、
1.贅沢に感心がなく、分相応なライフスタイルをもつ。
2.ブランドや車への関心も低い。
3.異性よりも同性の友人を大切にする。
4.休日は自宅でパソコン・DVD・ゲーム・読書などで過ごす。
5.貯蓄を重視する。
6.巣ごもり
7.草食系男子

ところが、見方を変えると ・・・

ゆとり世代
旧世代
ぬる~ぃ ガツガツ
分相応なライフスタイル カードローンで買い物しまくり
異性よりも同性が大切 女 or 男の尻を追っかけまわす
自宅でパソコン・DVD・ゲーム・読書 夜のちまたを徘徊する

さて、どっちがまともなのだろう?

旧世代のライフスタイルとは、
ムダなモノを山のように作って、消費し、
大量の廃棄物をはきだすこと。
つまり、ガラクタ文明
それが、リーマンショックで、
化けの皮がはがれたことを思い出そう。

本当は、
ゆとり世代は、
より洗練された未来文明の継承者なのかもしれない。
ハイテクを駆使し、
ガラクタを生産しなくても、
経済も生活も成り立つ文明。
ECOでありながら、
物質的にも精神的にも恵まれた世界。
これこそ、ハイテク自給自足文明 ・・・

とはいえ、
地球の現実は、やっぱり弱肉強食。
軍事衝突や経済戦争に勝ち抜く力も必要だ。
とすれば、
「おゆとり様」では先が心配、
というのも事実。
だが、
おゆとり様世代のすべてが、
”ぬるーぃ”わけではない。

今、契約しているリクルート会社の担当者は、
まだ23才の女性。
いわゆる「おゆとり様」世代だ。
ところが、
頭は切れるし、ガッツもある。
彼女からのメールは、
午後11時以降はザラ。
しかも、
合同説明会の時期になると、土日はナシ。
家に帰ったら寝るだけ、という。
それでも、彼女は、
元気な笑顔を絶やさない。
(美人だし ・・・)

結局、
こんな”熱い”若者たちを触媒に、
”ぬる~ぃ”若者たちを熱くするしかないのかもしれない。
今話題のレアメタル(触媒)みたいだが。
とにかく、
ヘンな平等主義を捨て、
頑張った者が称賛される社会をつくるしかない。

今、日本は韓国の背中を見ている
企業も人材も後れをとっているのだ。
韓国の成功は、一も二もなく、
競争原理による。
本当に優秀な者は、放っておいても大丈夫。
問題はミドルクラスだ。
しかし、
数の多いミドルクラスを狙うなら、
社会に「競争システム」を組み込むしかない。

とはいえ、
社会を変えるには時間がかかる。
その間も、競争力はどんどん失われていく。
変化を加速するための仕掛けが必要だろう。
何か良い方法はないだろうか?

たぶん、
現実的かつ効果的な方法は一つしかない。
黒船、つまり、どうしようもない外圧 ・・・
北朝鮮が日本海にテポドンを撃ち込む、
尖閣諸島で、海上自衛隊が中国海軍と武力衝突する、
のような緊急事態が起こらない限り、
目は覚めないだろう。
眠っているのは、
ゆとり世代だけではないのだ。

目がうつろで、
キレた時だけマジな首相、
存在感のないサラリーマン大臣、
一方、
こんなチャンスをものにできない自民党。
一体、日本はやっているのだ?
世界トップクラスのハイテクを有し、
他国がうらやむ莫大な富を貯え、
世界一安全な国なのに。

ということで、
立ち上がれ日本!
しかないな。
(新党のことに非ず)

by R.B

関連情報