BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■韓国の背中を見る日本人  2010.10.17

将来、有機ELが、
液晶にとってかわるのは見えている。
ところが、
先行していたはずの日本企業が、
次々と撤退している。
なぜか?、
韓国・サムスン電子にとてもかなわないから ・・・
かつて、
アメリカは、短期的成果を追求し、
日本は、長期的視野で経営する、
と言われたが、
それも遠い昔。

そして今年、
日本企業が国内で韓国人を新卒採用しているという。
日本のぬる~ぃ「おゆとり様」世代より、
ガッツのある肉食系韓国人のほうがいい、
というわけだ。
日本企業は日本まで見捨てている

この現況を総括すれば、
韓国○、日本×、
となる。
もっとも、日本では、
自分を卑下するのが美徳とされ、
それを煽(あお)るほど注目される。
たとえば、
「日本は、経済で中国に負ける」
「日本は、外交・軍事でも中国に惨敗し、尖閣諸島を失う」
「次に、石垣島・沖縄まで失い、最後は中国の一省になる ・・・」
まるで、オオカミ少年だが、
本当になる可能性は高い。

先日、
ある開発プロジェクトの懇親会があった。
メーカーが主催し、
開発会社4社が一堂に会した。
そこで、僕の隣に座ったのが、
韓国人の李(イ)くんだった。

彼は、
日本のJ社のメインプログラマーで、
入社2年目。
本プロジェクトのソフトウェアの1/3を担当している。
韓国の大学を卒業後、来日し、
J社に就職したのだという。
つまり、
日本での生活は2年。

ところが、
日本語はペラペラ。
日常会話はもちろん、
技術打ち合わせも問題ナシ。
日本語で書かれた技術仕様書も、
スラスラ読みこなしている。
漢字は書くのは苦手らしいが、
読むのは問題ないという。

「日本語が上手ですね。
ここまでくるのに何年かかりました」
「2年です」

はいっ?2年!

日本では、
中学・高校で6年間も英語を学ぶが、
しゃべれる人はほとんどいない。
やっぱり、
現地で暮らさないとダメなのかなぁ、
と思いつつ、
能力と意識の差のような気もする。

彼は、
打ち合わせ会議でも、
質問に対する回答が速い。
観察していると、
質問が終わる1秒前から、
口が動き出す。
しかも、
言葉にムダがなく、
内容は核心を突くものだ。
日本人のように、
回りくどい言い方はしない。

「この仕様で大丈夫ですか?」
「はい、大丈夫です。
11月の中旬までにはアップします」

「△△の仕様変更の件は、どうですか?」
「ご希望の11月末に、すべて完成するのは難しいです。
でも、良い方法があります。
確認が必要な部分だけ、11月末にアップし、
御社の確認をとります。
そうすれば、御社の作業は止まりませんし、
残り部分は弊社が並行して進めるので、
全体スケジュールは守れると思います」

昔、伝説のベンチャー企業にいたとき、
社長からこれを徹底的に仕込まれた。
「結論から言え」
「聞かれたことだけ答えろ」
「回りくどい説明はするな」
「できない、で終わらせるな」
李くんを見ていると、
あの”熱い”時代を思い出した。

韓国では、
大学を1年終えた段階で、徴兵される。
李くんも、
2年2ヶ月、軍隊で過ごしたという。

「徴兵は厳しかったですか?」
「はい、厳しかったです。
夜、徹夜で歩哨(ほしょう)に立つのですが、
あからさまな居眠りが見つかると、
処罰されます。
お前が居眠りしているときに、
北(北朝鮮)が攻めてきたらどうするんだ?
お前の命だけではすまないぞ、
というんです」

僕は、李くんに聞いた。
「徴兵で得た一番の収穫は何ですか?
やっぱり、ガッツ?」
「いいえ、両親への感謝の気持ちです」

「夜、歩哨に立っていると、
他にすることがないので、
いろんなことが頭に浮かぶんです。
でも、眠いし、寒いし、
難しいことは考えられないです。
子供の頃、可愛がってくれた
お父さん、お母さんのことを思い出すんです。
そして、徴兵が終わって、家に帰ると、
両親への感謝の気持ちで一杯になるんです」
・・・
何かコメントしなければと思ったが、
一言も出なかった。

宴席での李くんの言動は、
社会人2年生とはとても思えないものだった。
周囲に合わせ、
生ビールを1杯、
韓国のマッコリを愛想で一杯、
あとは、ずーっと、ウーロン茶。
深酒をさけているのだ。

その後、
李くんは会場を回りながら、
行く先々で、
「このような席に招待していただいて感謝しています。
私は韓国人なので、
これを機会に、
日本の人たちと心の距離を縮めたいと思っています。
これからもこういう席がありましたら、
是非、声を掛けてください。
よろしくお願いします」

異国に移り住んで2年で、
もうこのレベル?

その後、
李くんの上司と話したが、
「李は本当に優秀です。
プログラムは完全にお任せですね。
習得が速いんで、ビックリですよ。
これまで、言葉の問題があったので、
打ち合わせには出さなかったのですが、
もう大丈夫ですね。
僕はタダの付き人ですよ、ハハハ」

あっ、そういえば ・・・
ウチの2年生はどうした?
去年入社したプログラマーのことだ。
会場を見渡しても、どこにもいない。
彼の上司を見つけ出し、
「おい、Sが見あたらんぞ。
まさか、外でゲロ吐いてんじゃないだろうな。
ちょっと、見てきてよ」
「了解」

と、そのとき、
取引先の営業マンが僕に歩み寄ってきて、
耳元でささやいた。
「すみません。
御社のSくんですけど、
外で、ゲロ吐いてます」

結局、
先の営業マン(ウチのお得意様)に、
ホテルまで送ってもらうことになった。

そして、車の中 ・・・

よだれを垂らして、
酔いつぶれたウチの2年生を見て、
もう一人の2年生を思い出していた。
日本語を巧みにあやつり、
会場をさっそうと歩き回る李くんを。

by R.B

関連情報