BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■日本を見捨てる日本企業  2010.10.11

日本の電機メーカーが、
束になってもかなわないのが、
韓国・サムスン電子。
世界最大の電機メーカーで、
利益でも世界のトヨタに肉薄する。
そして、
韓国最大の財閥サムスングループの基幹企業でもある。

サムスンは、1938年、
不世出の事業家、李秉喆(イ・ビョンチョル)氏によって創設された。
李氏率いるサムスングループは、
朝鮮戦争(朝鮮動乱)をはじめ、
様々な苦難を乗り越え、
世界有数の企業にのし上がった。
その成因は2つある。
明敏で大胆な経営トップ、
そして、
熾烈を極める社内競争だ。

サムスンは、
ソウル大学のような難関校から、
優秀な人材を丸取りし、
平均睡眠時間3時間の過酷な研修期間を課す。
さらに、その後も、
熾烈な競争がつづく。
そのため、
サムスンの平均在職年数は2年。
まるで、
肉食獣の弱肉強食世界だ。

一方、
日本の就職戦線といえば、
今や、おゆとり様世代。
「おゆとり様」とは、
ゆとり教育を受けた「ゆとり世代」のことで、
”ぬる~ぃ”若者たち、
ということになっている。

まぁ、そんなこんなで、
日本の若者は頼りにならないので、
韓国人を採用しようという動きもでてきた。
ここで、注目すべきは、
1.中途ではなく、新卒採用
2.現地採用ではなく、日本国内での採用
という点。

国際化、グローバリゼーション、
正当化する言葉はいくらでもある。
企業の使命は極めれば金儲け、
ビジネスに勝つには、
「日本の国益」などかまっていられない、
というわけだ。

ユニクロは、
素晴らしい業績を上げているが、
日本に対する貢献度は低い。
ほとんど中国で生産しているから。
人件費の高い日本で生産しても勝ち目はない ・・・
目線を世界におかないと生き残れない ・・・
などなど、殺し文句は山ほどある。
とはいえ、
何をどう正当化しようと、
中国に貢献する日本企業であることに変わりはない。

僕のジーパンは、
日本で企画し、
日本でデザインし、
日本で染め上げ、
日本で縫製したものだ。
ちょっと値は張るけど、モノはいい。
安物をはき変えるより、
安上がりだと思っている。
なにより、
僕の払ったおカネが、
日本の会社、日本人のフトコロに入ることが、
心地いい。

こんなことを言うと、
鬼の首を取ったように、
ナショナリズムだ!
と吠える人たちがいる。
だけど、
尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をみて、
どう思う?

今回の事件をみれば、
中国の望みは「生存権=領土の拡大」
は明らかだ。
もちろん、
原動力は強烈なナショナリズムにある。
市民運動出身で低姿勢がウリの素人首相にも、
「国内法にもとづいて粛々と ・・・」
が、どれほど的外れか、
わかったのではないか。

そもそも、
日本のような大国で、
あれほど問題解決力のない人物が、
首相まで上りつめること自体がおかしいのだ。
一体、政界で何が起こっている?
もちろん、
民主党もおかしい。
他にも人材はいるだろうに、
身内の調整を優先して、
党首を選んでどうする?
草食系の首相など、
どこにいるというのだ?

さて、
ナショナリズムに話をもどそう。
ナショナリズムとは、
国籍を尊重する意識のことである。
もっとも、
度を超せば”嫌悪感”が生まれるし、
ヘタをすれば戦争を引き起こす。
そのため、
”良識”で生計を立てている評論家は、
判で押したように、
ナショナリズムを非難する。

中には、
「国と運命をともにする?
そうしたい人はそうすれば。
自分はごめんだ」
と言い切る人もいる。
ならば、
国籍を捨ててみてはどうだろう。
その瞬間、
財産権はおろか、
生存権まで消失する。
守ってくれる法律も国もないのだから。

もちろん、
「ナショナリズム=異民族の排斥」
を意味するわけではない。
たとえば、
今、勤務している会社に、
スペイン人とコロンビア人がいる。
中途で入社したグラフィックデザイナーだが、
彼らと仕事をするのは楽しい。
会社恒例のバーべーキュー大会では、
この2人を中心に盛り上がった。
知識も発想も違うので、
話していて新鮮だ。

それに、
「ただの陽気なスペイン人」だと思っていたのに、
スキルは高いし、
管理能力まである。
これはすごいぞ ・・・
会社にとって、良い刺激になる。
これこそ国際化、
と僕は思っている。

しかし ・・・

先の「韓国人優先」も「ユニクロ」も、
僕が言う国際化とは別ものだ。
国際化の価値は、
多様な民族、文化、価値観が混ざり合うことで、
人間の意識が拡大する素晴らしい体験にある。

意識しようがしまいが、
結果として、
自国を疲弊させ、
他国を富ませる行為を続けるなら、
グローバル化の名を借りた売国奴、
と言われても仕方がないだろう。

もし、中途採用なら、
外国人優先にも正当性はある。
目当てのスキルの有無が優先するからだ。
だが、新卒採用は根本が違う。
新卒採用には、
「日本の労働者の”雇用”」と
「日本の若者の”教育”」
という2つの役割があるからだ。

教育は、
「教える+育む(はぐくむ)」と2つの意味を含んでいる。
手間は省いて、「育む」をスポイルすれば、
日本の人材が育たない。
さらに、中長期的には、
国そのものが衰退するだろう。
だから、
ナショナリズムであろうがなかろうが、
国内の新卒採用で、
日本人を後回しにするのはどうかしている。
(現地採用は別だが)

外に目を向けてみよう。
中国や韓国がそんなことをするだろうか?
戦後、外国人の雇用を優先したドイツが今どうなっているか?
日々、世界をチェックしていないと、
現実は見えてこない。

ところが、
アメリカも日本も、
我先にと中国に進出して、
工場を建て、中国人を雇用し、
せっせとカネを落としている。
最後は、
技術もノウハウもみんな取られて、
ポイ捨てなのに。
目先のカネ儲けのためなら、
国益を損ねてもいい、
これが、
資本主義、自由主義なのだ。

本当は、
ただの利潤追求なのに、
グローバル化で自らを正当化し、
日本の若者と、
日本の労働者を見捨てるのは、
日本の企業として、
恥ずべきことである。
たとえ、
どんな理由があるにしろ。

もちろん、
会社と社員を守るためにはそれしかない、
と言うなら、
そうするしかないだろう。
ただ、
正当化するのだけはやめて欲しい。
誰が見ても、
気持ちの悪いウソだから。

by R.B

関連情報