BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■タングラムスキーサーカス 2009.09.19

バブルの絶頂期、
斑尾高原でタングラムスキーサーカスが開業した。
ホテルタングラムを中心に、
スキー場、ゴルフ場を備える
「高級リゾート」だった。

やがて、バブルが崩壊し、
会社がホテルタングラムの法人会員になった。
おかげで、
「1人1泊食事なし」で、2万円のところ、
3000円で宿泊できた。
こんなうまい話はないので、
毎年のように利用した。

やがて、わが家では、
「家族旅行=タングラム」
という暗黙のルールが生まれた。
こうして、
我が家の歴史は、
タングラムの歴史となった。
タングラムを背景に、
子供たちが成長していく、
そんな記録映像がストックされていった。

今回のシルバーウィークは、
タングラム8回目の家族旅行。
今回初めて参加したおちび(末っ子)は、
かつて、長男が遊んだボブスレーで、
歓声を上げていた。
同乗した長男にささえられながら。

その前までは、
今のおちびの場所に、長男がすわり、
今の長男の場所に、僕がすわっていた。
景色もボブスレーも変わらないけど、
そこで遊ぶ家族は成長している。

豪華だったホテルタングラムも、
今では、すっかり古くなった。
鮮やかだった朱色のベッドは色あせ、
壁もどこか古びて、
机もイスもくたびれている。

だけど、それはそれでいい。
我が家族といっしょに、
タングラムも歳をとっているのだ。
だから、タングラムの古さは、
どこか懐かしい。

タングラムの夕食は、
いつも、中華料理の紅桃(ホンタオ)でとった。
開業当初は、
品数と、美味に圧倒された。
こんな凄い中華料理は、
後にも先にもはじめてだった。

やがて、不況が定着し、
それに合わせるかのように、
紅桃(ホンタオ)の味も落ちていった。
ところが前回、突然、復活。
質、量ともに、全盛期の80%まで回復したのだ。

で、今回は?
選べるコースは2つしかなく、
まるで、工業製品のように、
コストパーフォーマンスだけが向上した。
安価な素材で、できるだけ美味しく ・・・
企業努力は認めるけど、
こういう場で、
僕はコストパーフォーマンスを求めない。
しかも、
青島ビールがない!?
中華だぞ!
他はともかく、
これだけは認められない。

なんかおかしい ・・・
あらためて、部屋を見渡すと、
日本料理店の「風車」と相部屋になっている。
紅桃(ホンタオ)の全盛期を思えば、
悲しい光景だ。

ただ、悪いことばかりではない。
絵画のオークションが始まったのだ。
ホテルの廊下に絵画が並べられ、
気に入った絵を入札できる。
絵の番号と希望価格を記入し、
ポストに入れれば、OK。
ただし、チャンスは1回。

前回のオークションで、
織田義郎の版画「TaraspⅢ」を落札した。
小高い丘の上に修道院があり、
そのふもとに、美しい家々が並ぶ。
宮﨑 駿のような世界だ。

一目見て気に入ったので、
入札することにした。
もちろん、最低価格の4万円で。
ところが、みごと落札。
誰も、入札しなかったのだろう。
額縁だけで、2万円近くするのに ・・・

それに、
この銅版画(エッチング)は、
版を写しとった後、1枚1枚仕上げをする。
しかも、100~300コピー/版。
版画家で生計を立てるのは難しそうだ。

そして、今回のオークション。
前回と同じく、
僕のココロをとらえた銅版画が1枚 ・・・
上砂理佳の「リンドベルグラス館」だ。
ヨーロッパの町並みで、石造りの商店街。
色は薄めだが、強い世界観を感じる。
さっそく、最低価格の2万2千円で入札。
もし、落札できたら、
「TaraspⅢ」の横に飾ろう。

by R.B

関連情報