BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■ニンテンドー3DSと熱中症 2010.09.12

いい大人が、
これだけ騒がれているのに、
熱中症にかかるなんてどうかしてる、
と思っていたが、
自分が熱中症で倒れてしまった。

9月に入ったというのに、
その日も、
うだるように暑かった。
午前中に金沢から大阪へ移動し、
打ち合わせを2本こなす。
終わると、
すぐに新幹線で東京へ。

浅草のホテルにチェックインし、
和民で食事。
サイコロステーキが、
いつになくうまいので、
生ビールがすすんで、5杯。
飲み過ぎたせいか、
ベッドに入っても、
なかなか寝付けなかった。

そして、
一夜明けて、運命の日。
その日も朝から暑かった。
朝食は、
おにぎり2つと、味噌汁1杯。
後で思うに、
この日とった水分は、
この味噌汁だけ(おそろしい)。

9時にホテルを出て、
最初の訪問先にむかう。
以前、コンペに参加してもらい、
不採用になった会社だ。
用向きは、
その時のお礼とお詫び。
社長と担当役員と面談する。
現在、
ニンテンドー3DSのソフト開発中という。
興味がわいたので、
いろいろ聞いてみた。

「裸眼で本当に3Dに見えるんですか?」
「目からの距離によるんですが、
意外に、3Dに見えますよ。
ただ、プレイヤーの肩越しに見ると、
ダメですね」

さすが、任天堂、
苦しまぎれの3Dかと思ったけど、
きちんとしたものを作っている。

そこで、
以前聞いた話を持ち出した。
「3D映画で、子供の目がよった、
という話があるんですが、
大丈夫そうですか?」

担当役員は、
ちょっと困った顔をして、
「えー、んー、
ありそうな話ですね。
大人でも、
けっこう疲れるんで ・・・
2時間が限界ですかね」

スキのない任天堂のことだから、
長時間やらないでくださいとか、
いろいろ制限を付けるんだろうけど、
度を超すと、
注意書きではすまなくなる。

ちょっと、トーンが落ちたので、
僕は場を盛り上げようとした。

「3Dならではのゲームも出るだろうし、
そうなれば、にぎわいますよ、
たぶん ・・・」

すると、今度は社長が、
「いや、
見せ方にしろ、
ユーザーインターフェイスにしろ、
この10年、3Dでさんざんやってきたわけですよ。
ニンテンドー3DSは、それが浮いて見えるだけ。
案外、
すぐに飽きられるかもしれませんね。
でもまぁ、
3D対応でないと相手にしてもらえないし、
やるしかないですね」

がんばって!
うちは、もうゲームはやらないけど。

帰る間際に、
この会社の社長から、
創立記念の記念品をもらった。
ところが、
これが、デカくて重い。
午後3時からは、
取引先との打ち合わせがあり、
その後、
いっしょにディナーショーに繰り出す予定だ。
こんな重いものをもって、
東京をウロウロしたくない。

どこかに捨てようか?
でも、
創立記念の品を捨てるのも気が引けるし、
ホームレスにプレゼントする?
さて、どうしたものか ・・・
そして、
これが運命の分かれ道になった。

さんざん迷ったあげく、
出た結論は、
「一旦、ホテルにもどる」
だった。
一息つけるし、
記念品も置いてこれる。
一石二鳥だ、
その時はそう思えた。

腹を決めて、
浅草のホテルに向かう。
途中、上野の屋台で、
ラーメンを食べる。

ところが ・・・

食べ終わった直後、
身体の異常を感じた。
体温が、
食べたラーメンの温度まで、
一気に上昇していく。
温度調節がゼンゼン効いていない、
そんな感じだった。

ホテルに着いて、
腰を下ろすと、
周囲の空間がゆがんで見える。
おー、空間移動だ ・・・
元気な時なら、
そんな余裕もあっただろうが、
それどころではない。
すぐに、吐き気をもよおし、
3秒後には、
凄まじい嘔吐(おうと)が始まった。

その間、
立つどころか、
座ることもできない。
ベッドに横になり、
吐き気がしたら、トイレで吐く、
それが3時間も続いた。
この時はまだ、
ラーメンの食あたりだと
思いこんでいた。

歩けるようになったので、
近くのクリニック行った。
診断結果は、
中度の熱中症。
対処を誤ると、重度に到り、
へたをすると重篤になるという。

少し落ち着くと、
事の重大さに気づいた。
熱中症で倒れたことではない。
こんなもの、
若い頃、散々やった二日酔いに比べれば、
屁みたいなものだ。
では、何に恐怖したのか?
そう、あの創立記念品。
あれで、
人生が変わったことに気づいたのだ。

もし、
あの記念品を捨てていたら、
次の訪問先の秋葉原に
直行していたはずだ。
そして、
打ち合わせまでの2時間、
灼熱の秋葉原をうろつくことになる。
味噌汁1杯分の水分で。

この日起こった事から推測すると、
午後2時頃に、
僕は熱中症にかかる。
我慢強い性格なので、
倒れる寸前まで歩き続けるだろう。
もちろん、
ベッドはどこにもない。

倒れた時には、すでに重篤?
救急車で搬送されるだろうが、
間に合ったかどうか?

その日の夜のニュース ・・・
本日、秋葉原の路上で、
会社員が熱中症で倒れ、
救急車で運ばれました。
その後、
病院で死亡したもようです。

まるで、イソップ童話だ。
もらった品で心を試される ・・・
善人なら生かされ、
悪人なら命を取られる。

人間は、
当たり前のように生きているが、
じつは、
偶然が重なって、
生きのびているだけなのかもしれない。

by R.B

関連情報