BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■3D映画で体調不良 2010.08.15

2010年8月、
消費者庁が所管する国民生活センターは、
ひかえめながら、
しかし、
気になる警告を発した。
「3D映画を見て気分が悪くなった」
という相談が増えている ・・・

具体的には、
1.激しい頭痛がする
2.乗り物酔いが1日以上続く
3.目の奥が痛む
4.物が二重に見える
などなど。

じつは、
半年ほど前、
よく似た話を聞いた。
3Dアニメ映画を見た子供が、
「目がよった」
というのだ。
この映画に関わった知人は、
「大ごとにならなきゃいいが ・・・」
と不安そうに話していた。

「2010年は3Dテレビ元年」
誰が言ったか知らないが、
不況にあえぐ電機メーカーにしてみれば、
恵みの雨、頼みの綱だろう。
あらゆる電気製品が、
中国・台湾・韓国勢におされ、
儲けが激減しているからだ。

しかし ・・・

3Dテレビも3D映画も原理は同じ。
当然、3Dテレビでも、
同じ問題が起こる可能性がある。
というか、
普通に考えれば、
起こるだろう。

国民生活センターでは、
この問題に対し、
消費者に注意をよびかけている。
1.3D映像は体調不良を起こす恐れがある (それでも売る?)
2.体調不良を感じたら視聴を中止する (それでは遅くない?)
3.子供は保護者がしっかり配慮する (何をどう配慮しろと?)

さて、
ここまで分かっていて、
なぜ、3Dテレビを売るのか?
メーカーは商売のため、
国は税収のため、
つまり、
みんなおカネのため。

しかし ・・・

もし、問題が表面化したら、
どうするのだろう?
3Dテレビは3D映画の比じゃない。
視聴者の数が桁違いだからだ。
もっとも、
事が起こったとしても、
犯人捜しは苦労するだろう。
政府も半分認めているわけだし、
3Dテレビのメーカーもたくさんあるし、
・・・
赤信号、みんなで渡れば恐くない。

新しい技術にいどみ、
生活を豊かにすることはいいことだ。
多少の犠牲は目をつぶってもいいだろう。
だが、
問題は「犠牲の内容」だ。

3Dテレビに不安を覚えるのは、
ダメージを受けるのが、
目と神経だからだ。
ココは、
人間の最もデリケートな部分。

冷静に考えてみよう。
3Dテレビどころか、2Dモニターでさえ、
目の疲労や痛みを訴える人は少なくない。
さらに、
パソコンを初めて3ヶ月で視力が半減、
なんてザラ。
目に負担がかかり、
それが神経を刺激し、肩までこる。
これは衆知の事実だ。

そもそも、
普通のメガネ(近視・遠視・乱視・老眼)でさえ、
目が疲れると感じる人は多い。

つまり ・・・

普通のメガネ、2Dテレビでさえ、
人間にダメージを与えるのに、
あんなキワモノ3Dテレビが、
悪影響を与えないわけがない、
と思うのだが。

ところで、
実際に苦情が寄せられているのに、
なぜ、マスコミは取り上げない?
なぜ、世間は騒がない?
認識が甘いのか、
知らぬフリを決め込んでいるのか、
たぶん、
両方だろう。

我々は現実世界を3Dで見ている。
だから、3Dで見て何が悪い?
それはそうだ。
だが、問題は3Dではなく、
3Dの見せ方にある。
あのヘンなメガネが悪い?
そうでもない。
以前、メガネ不要の3D映像を見たことがあるが、
もっと疲れた。

2009年、3D狂想曲の前の年、
社長の知人に、
VMJという会社を紹介された。
この会社は、
西ドイツのVisuMotion社の3D液晶モニターの代理店をしている。
ウリは、専用メガネ不要の3D!
さっそく、
この会社を訪問し、
デモを見せてもらった。
プレゼンテーターはなんと社長、
これは、熱い。

VMJの金山社長は、
亜土電子工業の創業者だという。
これにはビックリ。
亜土電子工業といえば、
1990年代、秋葉原を中心に、
一世を風靡したパソコンショップだ。
あの頃、
「T-ZONE(ショップブランド名)」にはよく行ったなぁ。
洋モノ3Dゲームの品揃えが一番だったので。

その金山氏が創業したのがVMJだという。
金山社長は、
裸眼3Dディスプレイ(モニター)への思い入れが強く、
自らデモをし、
3D技術を熱く語ってくれた。
ハイテクを愛し、商品を愛し、
それに人生を賭ける、
いい人生だ。

ところで、
この裸眼3Dディスプレイ(モニター)だが、
目をこらして見ると、
たしかに、3Dに見える。
こりゃ凄い!
一体、どういう仕掛けだ?

この裸眼3Dディスプレイは、
パララックスバリアという方式。
左目用と右目用の映像を、
横方向に交互にならべ、
その前に設置したバララックスバリア(格子状の面)を利用し、
左目には左目用映像を、
右目には右目用映像だけを見せる。
これで両眼視差が生まれ、
立体映像に見えるわけだ。
(なんか誤魔化されたような)

原理は面白いし、
確かに立体に見えるのだが ・・・
意識を集中し、
目をこらす必要がある。
そして、やっぱり、
疲れる。

また、
映像が画面からはみ出すと、
クリッピング(端)が視線に入るために、
立体感が突然消失する。
たとえば、
レーシングカーが遠方から、
こちらに迫ってきた場合、
画面からはみ出た瞬間、
立体でなくなる。
これは、ちょっとショボイ。

ただ、
金山社長は、
店頭や展示会向けのディスプレイから始める、
と言っていた。
これなら、うまくいくかもしれない。
あの時の熱弁を思うと、
なんとか成功して欲しい、
と思うのだが。

いずれ、3D映像は、
メガネ不要の裸眼3Dになる。
これは確かだ。
しかし、
パララックスバリア方式で、
家庭用テレビはムリだろう。
(任天堂の3D対応DSもこの方式らしいが)

やっぱり、
ホログラフィーしかない?
ホログラフィーは、
今流行のキワモノ3Dではなく、
3D空間上に実際に映像を創り出すからだ。
そう、
あのスターウォーズのレイヤ姫!
究極の3D映像だが、
実現するのはかなり先のことだろう。

ところで、
もし、3Dテレビがこけたとして、
一番喜ぶのはテレビ局かもしれない。
3D映像を作るには設備投資が必要だ。
つまり、カネ。
ところが、
テレビが立体に見えたところで、
広告料が増えるわけではない。
だから、丸損。

とはいえ、
3D問題がこじれれば、
テレビ離れはさらに加速するだろう。
すでに、
情報収集、買い物、コンテンツは、
テレビからインターネットにうつりつつある。
テレビでしか得られないものって何?
という話。

たとえば、
僕のプチ貧乏生活を紹介すると、
情報収集と買い物はインターネット、
ゲームはパソコンかPS3、
大好きな海外SFドラマは、
ブルーレイ・DVDの中古を買って、PS3で観ている。
つまり、
僕にとって、
テレビは無用の長物。

今の方式の3Dテレビは、
人体に与える悪影響が表面化し、
すったもんだのあげく、
テレビ離れも加速、
最後に、
インターネットの集中砲火をあびて、撃沈
・・・
そんな未来が見えてくる。

by R.B

関連情報