BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■熱中症と巣ごもり  2010.08.08

名古屋に出張した。
JR名古屋駅からタクシーに乗り、得意先へ。
タクシーを降りた瞬間、
クラっときた。
日差しが強いからではない。
大気が煮立っているのだ!

熱波が身体にまとわりつく。
遠巻きに、
ガスバーナーであぶられている感じだ。
暑さが尋常じゃない。

東京から来た協力会社の一人が、
「今日の名古屋、37度らしいですよ。
東京より4度は暑いですね」
この一言で、
倒れそうになった。
実際、
倒れた人もいるらしい。

今年の7月、
熱中症で救急搬送された人は1万7680人、
うち94人が死亡したという。
これまでの最悪の数字らしいが、
熱中症で、94人も死ぬか!?
ここは日本だぞ ・・・

メンバーが全員そろったので、
取引先に入り、打ち合わせを開始。
冷房がガンガン効いている。
あぁ~、気持ちいぃ~
やっぱり、夏日は室内に限るなぁ。
打ち合わせを開発メンバーに任せ、
ぼんやりしていると、
フト疑問がわいた。

最近、
いい若いもんが巣ごもりとは情けない!
と、社会問題になっているが、
果たしてそうだろうか?
確かに、
終日、部屋にこもって、
TVゲームをピコピコは、
ほめられたもんじゃない。

とはいえ、
外に出れば、
熱中症で94人も死んでいる!
間違っているのはどっちだ?
しかも、
最近、紫外線の量が増えたため、
皮膚ガンや白内障になる危険性もあるという。
アウトドアは健康的?
ジョーダン!
そんな時代はもう終わったのだ。
我々は頭を切りかえる時期に来ている。

そのうち、
夏場は外出禁止令が出るかもしれない。
とくに、子供や老人。
真夏日に、
街中をうろつくのは、
外回りのサラリーマンぐらい、
そんな時代がきっと来る。

もっとも、
ITがクラウド化し、
仕事も会議も自宅という時代が、
そこまで来ている。
そうなれば、
仕事も、遊びも、買い物も家の中、
つまり、
「巣ごもり」がスタンダードになる。

4:30 PM、打ち合わせ終了。
開発メンバーはそれぞれ、
東京、金沢へと帰っていった。
雑用係の僕は、
そのまま、大阪へ直行。
知り合いのプログラマーが会社を興したというので、
協業を模索するため。

最近、
周囲で独立する人が多い。
その多くは、
「こんなものが創りたいんだけど、今の会社じゃムリ」
が動機ではなくなっている。
たいてい、
リストラされたか、
会社に居づらくなったか、
こんな消去法の創業が多い。

当然、
行き場は限られ、
昔の取引先にすがることに。
社員は自分一人で、
営業兼、開発兼、経理兼 ・・・
これを、「一人親方」という。
この手の”創業”は、
プログラマーやデザイナーに本当に多い。

こんな「一人親方」は、
会社として成功するのは難しいが、
自己破産の可能性も低い。
固定費は小さいし、
手形を振り出すこともないので、
不渡り(倒産)もないわけだ。
でも、
これで創業と言えるのだろうか?

だいたい、
仕事というものは、
人の集まる所に集まる。
プログラマーにしろ、デザイナーにしろ、
かたまっていないとダメ。

というわけで、
最近、こんな仕事がやたら増えた。
どこそこの、だれそれが、会社を辞めた。
できる人物らしい。
そこで面談して、いけそうなら、
開発ラインに組み込む。
とはいえ、
規模の大きな開発案件で、
複数の個人や会社をハンドリングして、
仕事を進めるのは難しい。

6:00 PM、大阪に到着。
梅田の大阪新阪急ホテルにチェックイン。
さて、ディナーだ。
割引券があったので、
近くの「和民 坐」にいく。
一人なのに、
「カウンター席とテーブル席、どちらにしますか?」
浅草の和民なら、
「お一人様ですか、それではカウンター席でお願いします」
なので、ちょっと嬉しい気分に。
「テーブル席で」
「かしこまりました」

いつもどおり、
刺身盛り合わせ、サイコロステーキ、なすびの浅漬け、
をオーダー。
うまくはないが、まずくもない。
値段は安めだし、
プチ貧乏の僕にはピッタリ。
ただ、
サイコロステーキは、
浅草の和民のほうがうまい。

レッツノートで、
ドキュメンタリー映画を観ながら、
一人でディナーを楽しんだ。
じつは、これが一番くつろぐ。
明るく振る舞っているけど、
僕は本当は孤独なんだ。
寂しいながらも、
楽しい人生 ・・・

by R.B

関連情報