BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■フリンジ(海外ドラマ)・DVD 2010.06.20

世にいう、マニアとかオタクとかは、
自分がひいきにする作品が一番、
と信じている。
しかも、
たちの悪いことに、
それを人前で主張して譲らない。

僕もそんなマニアの一人だが、
あるとき、
知り合いの映像ディレクターにこう諭された。
「最高の作品とは、
その人が思春期に見たものなんです」
なるほど ・・・

ということで、僕の場合は、
古き良き時代のアメリカのSFドラマ。
そして、その原点が、
「アウターリミッツ」だ。
ただし、
リメーク版の「新アウターリミッツ」ではなく、
元祖「アウターリミッツ」。
1960年代のシロモノで、
全編モノクロ ・・・

そのBOX版が、
「アウターリミッツ 完全版 DVD-BOX」なのだが、
3000セットの限定生産で、
すでに廃盤。
今は中古品しか手に入らない。

中古でも、
amazonならふつうに買えるけど、
代引きは×で、カードのみ。
物騒なカード情報を、
インターネットに流す気にはなれない。
というわけで、
東京に出張するたびに、
時間があれば、
秋葉原の中古ショップをうろついている。

こんなマイナーなDVDを扱っているのは、
「リバティ」で3店舗、
「トレーダー(TRADER)」で2店舗。
僕の脳には、
この5店舗を最短で回るルートマップがインプットされているので、
30分で全店舗回れる。
何の自慢にもならないが。

先週末、東京出張があった。
打ち合わせが午後6時半に終わったので、
秋葉原に直行。
期待はしてなかったけど、
やっぱり、
「アウターリミッツ」はなかった。

ところが ・・・

トレーダー本店で、
思わぬ掘り出し物を見つけた。
「フリンジ・FRINGE(ファースト・シーズン)コレクターズ・ボックス 【Blu-ray】」。
おぉ、フリンジのDVDボックスか。
ん、ブルーレイ?
おぉぉ~、マジか!
我が目を疑った。

中古品だが、
定価24,500円のところを、14,500円。
amazonなら、中古でも16,000円はするし、
新品なら17,800円。
3,000円の差はでかい。
だけど、
今、こんなものを買ったら、
今月のランチは、
コンビニおにぎり(昆布)=115円
生活応援カップヌードル=118円
しめて、233円ナリ。
どうしよう ・・・

もし、仕事か家事なら、
優先順位を決めて、
さっと決断できるのに、
なんで、
趣味だけ、いつもこうなんだ?
ひょっとして、僕という人間は、
趣味 >> 仕事・家庭!?
うわ、誰にも言えんわ ・・・
ということで、
長考すること40分、
僕は店のレジの前に立っていた。
ブルーのBOXを握りしめて。

「フリンジ(FRINGE)」は、
アメリカで人気のSFドラマだが、
日本ではあまり知られていない。
制作は、
ドラマ「LOST」や映画「スタートレック(2009年)」で有名なJ・J・エイブラムス。
放映は、
テレビドラマ「24・TWENTY FOUR」のFOX。

なので、
断じてチープなB級SFではない。
パイロット版(第1話)の制作費は、なんと10億円。
SFドラマの名作「宇宙家族ロビンソン」のパイロット版の20倍!
もっとも、時代は違うが。
それにしても、
アメリカのテレビドラマは気合いが入っている。
日本のドラマとは大違いだ。

出張から帰った翌日、
ある開発プロジェクトの打ちあげがあった。
CG担当の協力会社も来社し、
宴会は大いに盛り上がった。
そして、2次会 ・・・
僕は、デザイン会社のプロデューサーとシッポリ話し込んだ。

「最近、面白いドラマないですかねぇ?」
すると、彼はニヤリとして、
「フリンジです。
マジ、面白いですよ。
レンタルショップで、
毎週借りて観てます」

「えー、昨日、アキバでブルーレイのボックス買いましたよ!」
「えー、いくらです?」
「14,500円」
「えー、マジですか?それ買いですよ!」
なんて、2人だけで盛り上がっていた。

翌日は土曜日だったので、
仕事は午後5時に切り上げて、帰宅。
さっそく、フリンジBOXの封を切り、
ブルーレイをPS3に差し込んだ。
・・・
綺麗だ、なんて綺麗だなんだ、さすがブルーレイ!
マニアックだ、なんて面白いんだ、さすがFOX!
美人だ、なんて魅力的なキャラなんだ、さすが ・・・
僕はフリンジにすっかりのめり込んでしまった。

by R.B

関連情報