BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■たそがれ鳩山政権 2010.05.30

とにもかくにも、
鳩山政権がこれほど追い込まれたのは、
普天間基地の移設問題のせいだろう。
どこへ移すかで上を下への大騒ぎ ・・・

議論はけっこうだが、
大事なことを忘れてない?

冷静に考えてみよう。

軍事基地の場所というのは、
軍事的利便性で決めるべきでは?
目的を考えれば、当然だろう。
それを住民感情で右往左往。
いつまでたっても決まらないのはあたりまえ。
どこに決まろうが、
住民は必ず反対するだろうから。

国の指導者は、
こういう時のためにいる。
住民に憎まれようが、
罵倒されようが、
国家の大計のために決断する。
そんな勇気もないなら、
今までの報酬を返すべきだ。
もう使ってしまった?
なら、お母様におねだりすれば?

子供手当ても、ヘンな政策だ。
子供がいるから欲しいけど、
よく考えると、いらない。
その分、どこかで増税されるから。
最終的に増税しかないのに、
取る場所を変えて、
非難をかわそう、
歓心を得よう、
そんなことばかり考えている。
徴税が複雑になるだけで、
国の経費がかさむだけなのに。
バカな話だ。

ところが、
そんな悠長なことも言っていられなくなった。
朝鮮半島だ。
第二次朝鮮戦争が勃発するかもしれない。
軍事力で、韓国が北朝鮮を圧倒するから、
「全面戦争=北朝鮮政権の崩壊」
だから、全面戦争にはならない?
なるほど、ごもっとも。
だけど、歴史をみれば、
どっちもやりたくないのに、
偶然が重なり、
全面戦争にまで発展した例は、
枚挙にいとまがない。

今回の危機の発端は、
韓国哨戒艦の沈没だが、
当初、不審に思ったことがあった。
第1に、
沈没原因の特定に韓国政府が手間取ったこと。
軍艦を真っ二つにできるのは、
潜水艦の魚雷しかないのに。

魚雷は、
艦船の近くで水中爆発し、
それで生じた巨大な水圧差で、
船の竜骨をへし折る。
こんな荒技ができるのは、
高性能な魚雷だけだ。

もう1つ不審な点がある。
なぜ、韓国哨戒艦があっさり撃沈されたかだ。
軍艦はソナーを装備しており、
潜水艦や魚雷を探知できる。
現時点では、
韓国哨戒艦が回避行動を取った形跡はない。
もし、撃沈された原因が監視の怠慢なら、
韓国政府も公表しづらいだろう。

しかし、
この事件の一番の問題は、
鳩山政権の対応にある。
これまでにない迅速さで、
「韓国政府への全面支持」をうたい、
日本独自の北朝鮮制裁を発表し、
北朝鮮を挑発している。

北朝鮮は何をするかわからない国だ。
東京にテポドンを撃ち込まれたら?
日本漁船が魚雷攻撃されたら?
特殊部隊が日本の原子力発電所を占領したら?
なんの備えもないのに、
防衛のスキームも決まってないのに、
カッコだけつけてどうする?

外交は、正論など通用しない、
国の利害が衝突するアリーナだ。
だから、
複雑なからみを読み解き、
脅しと妥協を、繰り返すしかない。
こんなママゴト外交を続けるなら、
国が危うい。

だけど、鳩山政権、
事業仕分けだけはナイスだ!
前回は、スパコンの事業仕分け
今回の目玉は、宝くじの「普及宣伝事業」。
今回問題となったのは、
普及のためと称し、
民間ではありえない贅沢なオフィス、
2000万円もの役員報酬!
さて、問題は ・・・
彼らの仕事が、
こんな目もくらむ待遇に見合ったものかどうか。

そもそも、
宝くじは胴元が必ず儲かる仕組みで、
普及宣伝事業など必要ない。
それがなくて、
国民は何が困るというのだ?
宝くじを買う国民はいい面の皮だ。
夢を買った代金が、
彼らの贅沢なオフィスや生活費に消えている?
国民の夢を食い物に、私腹を肥やす。
昔なら、公金横領、
市中引き回しの上、縛り首だ。
なんという罪悪、
なんという悪徳、
人としての恥を知るべきだ。

ところが、
事業仕分けでNGが出ても、
最終決定ではないそうだ。
そこを突いて、
事業仕分けを否定するエライ人たちもいる。
だけど、事業仕分けは、
国民に悪事を知らしめるだけで十分です。

だが、
今、鳩山政権がやるべきことは、
長期的な政策かもしれない。
あんな決断力では、
短期的な成果は望めないし、
恥を上塗りするだけ。
なら、ダメもとで、
超難問に挑戦したら?
たとえば、
日本の若者が将来に夢と希望をもてる国づくり。

最近、
休日にウォーキングに励むのは退職者ばかり。
若者は、家でインターネットかゲームか、はたまた休日出勤。
老人は、ますます長生きし、
若者は、健康とパワーを抜き取られている。
国の価値を生むのは若者なのに。
善し悪しは別として、
こんな国はやがて没落する。

子供や若者が将来に夢や希望を持てない。
日本は、そんなニュースでいっぱいだ。
親はリストラされ、
子供は、義務教育すら脅かされている。
若者は働けど給与は上がらず、
少ない収入から、
社会保険料をむしりとられている。
しかも、
その見返りはない。
彼らの年金を払ってくれるのは、
もっと貧乏になる今の子供たちだから。
これじゃ、元気が出なくて当然だ。

人間は勘違いしている。
自分たちが、地球上で特別の存在なのだと。
もちろん、違う。
3日も食事を抜けば、
自分の非力さに気づくはずだ。
パンツははいているが、
他の動物と大して変わらないのだと。

人間が働くのは、
エサを口に入れるためである。
野生の動物を見るといい。
自分でエサを取れなくなったら、
死ぬしかない。
こんな自然の法則まで、
人間は忘れている。
60歳まで働けば、
後は遊んで暮らせると、
本気で思っている。

高齢化社会が始まり、
年金資金はパンクしているのに、
ホテル並みの手厚い老後を夢見ている。
それが幻想であることは、
ギリシャ発のソブリン・リスク(国家の信用リスク)が証明した。

ギリシャの財政破綻の主因は、
「過剰な社会保障制度」にある。
社会保障制度といえば聞こえはいいが、
「生産なき消費」。
当然、
国の資金繰りを悪化させ、
最後には国を破産させる。

ところが、
今回の災難はギリシャ一国ではすまない。
ユーロの暴落を引き起こし、
ギリシャにカネを貸したヨーロッパの銀行まで、
危機に追い込んでいる。
それもこれも、
老後は遊んで暮らせるという、
国の空手形のせいなのだ。

では、
たそがれ鳩山政権の起死回生の策とは?
誰も解決できなかった超難問 ・・・
社会保障制度の見直し。
目的は、
子供や若者が夢を感じる国づくりだ。

自分の口に入れるエサは自分でとる。
それを大前提に、
子供の時から人生設計させよう。
社会の価値を生むことが
人としての義務であり、
何より素晴らしいことだと教える。

電気自動車(EV)iPadのような
世界を変える価値でなくてもいい。
身の丈の価値を生むだけで、
それは素晴らしい人生なのだ、
と信じられる社会。
そんな社会こそが、
子供や若者にとって夢のある社会だと、
僕は信じている。

by R.B

関連情報