BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■ゴッドオブウォー3・攻略 2010.05.05

毎夜のように、
プレステ3ゲーム「ゴッドオブウォー3(GOD OF WAR)」
をプレイするはめになった。
もちろん、
誰に強制されたわけでもないが ・・・

ゴッドオブウォー3の主人公は「クレイトス」。
全知全能の神ゼウスの息子にして、
半人半神の超人。
頭髪は1本もなく、
腹部には、
長さ30cmほどの手術跡がある。
しかも、
マッチョで、パンツいっちょ。
背中に恐ろしげな双剣を背負う。

こんなのが、
アキバあたりを走り回ればニュースだが、
今ではジョークにはならない。
だが、
クレイトスの使命は、
もっとヘビーだ。
オリンポスの神々を滅ぼし、
自分をはめた父ゼウスを殺すこと。

ゲーム開始直後、
どこに隠し持っていたのか、
光り輝く大剣を大地に突き刺し、
気合いの入った雄たけびをあげる。
さて、戦闘開始だ。

ザコキャラと2戦しただけで、
大地を揺るがすボスキャラ登場。
海神ポセイドンだ。

はぁぁぁ、身の丈500mか!?
複頭の巨馬に乗っているようだが、
どこまでポセイドンで、
どこまで馬なのかわからない。

ときおり、口からはき出す
洪水のような水流は、
マッチョなクレイトスを画面の端まで吹き飛ばす。
ダメージがハンパじゃない。
右スティックでコロコロ逃げまどいながら、
攻撃ボタン□をおしまくる。

・・・

らちがあかない。
だいたい、2mのチビマッチョで、
500mの巨神をどうやって倒すのだ?

ところが、
だんだん目が慣れてきた。
ポセイドンの攻撃はワンパターンだし、
わりとスロー。

そこで、
攻撃から防御に作戦変更。
防御を第1優先とし、
余裕があるときのみ攻撃する。
このルールを脳にすり込み、
パニックにならないよう、
戦況の俯瞰(ふかん)を心がける。

地味な作戦だが、
これが功を奏して、
巨神ポセイドンは消滅。
ところが、
倒したはずのポセイドンが、
その後、2度も復活。
1ボス3回戦?
これが、長い長い戦いの始まりだった。

ゴッドオブウォー3は、
全般を通してグロ、
たまにエロ。
本当に血なまぐさい。
CERO Z指定(18禁)だから、
しかたないけど。

プレイ時間のほとんどを、
ボス、ザコ、民間人を、
殴る、蹴る、斬る、刺す、引き抜く ・・・
なんともおぞましい。
だが、ゴッドオブウォー式の「グロ」は
こんなもんじゃない。

ボスが一定のダメージを受けると、
CSアタックが可能になる。
画面に○、□、△、×のどれかが表示されるので、
該当するボタンを押すと、
必殺技が繰り出せる。
ただし、
表示されてから0.2秒~0.5秒以内。
これがゴッドオブウォー3の十八番、
「CSアタック」だ。

そして、CSアタックが成功すると、
1.ボスの身体をメッタ刺し
2.眼球を引っこ抜く
3.眼球に剣を突き刺す
4.胸の筋肉を引きちぎる
5.首をもぎとる

書いているだけで、胸が悪くなる ・・・

ところが、
やってる分にはそうでもない。
なぜか?

CSアタックは、
1.画面上のマーク(○、□、△、×)を識別する。
2.対応するボタン(○、□、△、×)を押す。

の処理を、0.2秒~0.5秒で完了しなければならない。
もし、
押すのが1/100秒でも遅れたり、
別のボタンを押せば、失敗。
反撃され、袋だたきにあう。

つまり、
残酷シーンを見ているヒマがないのだ。
それに、大きな声では言えないが、
ボスに散々打ちのめされて、
やっと、CSアタックに入ったら、
ブスッ、ブスッ ・・・ あー、爽快!
人間はなんと残酷な生き物なのだろう。

さらに、
ゴッドオブウォー3は、
「冷酷さ」も際立っている。
もちろん、
僕ではなく、クレイトス。

敵キャラのみならず、
民間人まで、手にかけるのだから。
じゃ、やめとけば?
ところが、民間人を倒しても、
ポイントをゲットできるのだ。
ヒドイ ・・・

だが、クレイトスの冷酷さは、
こんなもんじゃない。

ゲームの中盤、
美しい、か弱き女性と出会う。
僕は仲良くしようと思ったのに、
この美女が言うには、
「あなたは、クレイトス?
あっちへ行って!」

スキンヘッドで、
パンツいっちょのマッチョ。
だけど、
美女の前だけ正装するコマンドは
ない。

ところで、先の美女、
「あっち行って」
と言っておきながら、
敵キャラに襲われると、
「助けて!」
はいはい、行きますぞ!
敵キャラを全滅させ、
美女を救い出す。
○ボタンをおすと、
クレイトスが美女をかつぐ。
おぉ~、救助コマンド。
クレイトスもいいとこあるなぁ。

ところが ・・・

水車の近くに来ると、
画面が○ボタンを催促している。
言われるままボタンを押すと、
クレイトスが美女を水車のそばに投げ捨てる。
すると、
彼女の身体が水車にはさまり、
水車の回転が止まり、
新たな扉が開く。
美女をかついだのは、
水車のつっかえ棒にして、
扉を開けるためだった!

開いた扉まで行ったものの、
美女が気になって戻ってみると、
血だるまになって死んでいる。
なんてことを。
僕は仲良くしたかったのに、
クレイトスが悪いんだぞ!

なんとも後味の悪い謎解きだが、
まともな謎解きもある。
全般に難しくはなく、
ヒントもあって、
ちょうどいい感じ。

たとえば、
水車を回すと、扉が開く。
ところが、
すぐに水車は逆転し、扉も閉まる。
こんな場合、
水車の逆転を防ぐ道具がどこかにある。
それを引っ張ってくればいいわけだ。
それが美女というのは心残りだが。

また、大きな器があって、
その上に乗ると、
仕掛けが起動し、
次の道が開かれる。
ところが、器から降りると、
仕掛けが元ももどる。
つまり、自分の代わりに、
重しをおけばいいわけだ。

周囲に水流があれば、
それを導き、器に水を流し込む。
それが重しになり、
仕掛けが起動する。
年増の女神を担ぐコマンドがあるが、
嫌がらずに実行しよう。
それが後で、重しになるので。
この場合、先の美女と違って、
ゼンゼン気にならない。
人間はなんと薄情な生き物なのだろう。

ゴッドオブウォー3は、
「簡単」モードなら、
芸のない攻撃オンリーでも、
なんとかエンディングまで行ける。
ただし、「普通」モードは、
防御と攻撃のコンビネーションが必須。

最終ボスのゼウスは、
確かに強いが、
身体はクレイトス並みで、
威圧感はない。
何回がリトライすれば、
クリアできる。

ところが、
最終ボスのゼウスを倒したあとも、
エンディングとはならない。
これまでのクレイトスの人生を振り返るのだ。
真実が明らかにされ、
思いもよらぬラストシーンへ。

ということで、
アドレナリンを使い切ってしまった ・・・

最後にゴッドオブウォー3を総括しよう。
1.アクションゲームとしての面白さは「良」。
2.爽快感は「並」。
3.CGの品質は「優」。
4.臨場感は「グレイト」。
5.世界観は「優」。
6.謎解きを含め、ゲームバランスは「良」。

実は、この手のアクションゲームは、
3Dでグリグリやらなくても、
良い作品は作れる。
たとえば、
10年前に大ブレイクした「ディアブロ2(Diablo II)」。

ディアブロ2は、
いわゆる、クォータービューで、
臨場感はないが、
ドキドキ感は十分。
さらに、世界観は、
無意識に入り込むほど強烈で、
たぶん、
ゴッドオブウォー3の上。

ところで、
ゴッドオブウォー3は全クリすると、
メイキングムービーが見れる。
さっそく再生してみると、
見たこともないツールを使っている。
昔クリエーターのココロがさわいだ。
そこで、もう一度プレイすることに。
ただし、
今度の目的は全クリではなく、
作り手目線で分析すること。

by R.B

関連情報