BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■24-ベンチャー企業編③ 2010.04.11

前回までのあらすじ・・・

CGのクレーム処理を終え、
一息ついていると、
社長から電話があった。
A社の専務が来社したので、
来てくれという。
A社はCGの外注先で、
最近、支払いのタイミングでもめている。
たぶん、要件はコレ。
さぁて、戦闘開始だ ・・・

これは、とあるベンチャー企業の役員の
午後6時から午前7時までに起きた出来事である。

【6:00 PM】
社長室に入ると、
A社の専務がいる。
わざわざ、東京からご苦労様。
オトナの前置きを省いて、
すぐ本題に。

最近、デジタルコンテンツの開発では、
企画 → 契約 → 本開発
の段階をふむことが多い。
企画で商品の仕様をかため、
開発費を決定した後、
契約書をかわす。
そこで初めて、
本開発が始まるわけだ。

ところが、実際は、
企画段階から制作がはじまっていて
一次下請け(ウチ)も、二次下請け(A社)も、
人件費が発生する。
もちろん、
契約書はまだ交わされていないので、
入金はゼロ。

ここで、二次下請け(A社)は、
作業に入ったのだから、
おカネは払ってネ、となる。
至極当然な話なのだが、
これをのむと、ウチは大変なことになる。
ウチとA社、両方の先行費用を、
負担しなければならないからだ。

そこで、A社には、
契約が終わって、ウチに入金されるまで、
支払いを待ってネ、となる。
もちろん、A社は面白くない。

さらに、
「会社を潰すのは赤字ではなく、資金のショート」
という大法則が重くのしかかる。
そんなこんなで、
社長と僕とA社の専務が頭をつきあわせ、
アーでもない、コーでもない ・・・ (社外秘)。

ところが、
社長は律儀な人なので、
A社に妥協案を提示。
それじゃ、ウチの資金繰りが大変じゃん!
A社の専務の真ん前で、僕と社長と内輪モメ。
結局、僕の意見を押し通す。
社長は、A社の専務を気遣って、
食事に誘っている。
行ってらっしゃい ・・・

【6:50 PM 】
 デスクにもどると、N社から電話。
N社が、ウチの女性SEを、
継続して使ってくれるという。
ヤレヤレ ・・・ 今日初めての良い話。
さっそく、彼女に電話で伝えると、
すでに知っている。
N社の友人に確認したらしい。
相変わらず、手際がいい。
みんなこうならいいのだが。

【7:00 PM】
 取引先からメールが入っている。
「今後の開発では、『リアルタイムレンダリング』があるかも ・・・」
と、さりげない一文。
されど、意味するところは、
マグネチュード7.7。

一般に、
CG動画を作るには、2つの方法がある。
①プリレンダリング
②リアルタイムレンダリング

プリレンダリングは、
1秒あたり30枚の静止画を制作し、
連続再生する方法。
いわば、パラパラ漫画。
TVや映画はコレ。
大量の絵が必要になので、
デザイナーは大変だが、
プログラマーの負担は軽い。
標準の再生ソフトがあるからだ。

一方、
リアルタイムレンダリングは、
1秒間に60枚の絵を描き直している。
TVゲームやPCゲームはコレ。
シーンに登場するすべてのオブジェクトの
形状を生成し(ポリゴン)、
表面を彩色し(テクスチャ)、
ライト処理をほどこし、陰影をつける。
これを、すべてプログラムでやるわけだ。
しかも、リアルタイムで。

これをこなせる3Dプログラマーは、
ゲーム会社にしかいない。
だから、
地方ではとても品薄。

リアルタイムレンダリングは、
絵の描画速度と美麗さがキモだが、
それを決めるのは3Dチップ。
取引先のメールには、
3Dチップの仕様書まで添付されている。
3Dチップが決定した?!
これは、本気だ ・・・

さっそく、
仕様書に目を通す。
機能は、10~15年前のゲーム機程度。
これならなんとかなりそうだ。
もっとも、
ライブラリ(3Dチップの基本ソフト群)が、
どれだけ整備されているかによるが。

しかし、
一番の問題はヒトだ。
社内の3Dプログラマーは僕一人。
そのとき、
邪悪な私利私欲が脳裏をよぎった

・・・

ものは考えよう、
プログラマーにもどるチャンスかも。
とはいえ、
2年もブランクがあるし、
「全体管理+3Dプログラミング」
じゃたまらん。
デスマ(death march)のあげく、心筋梗塞!
あれはすごい激痛らしい ・・・
だけど、
死んだ人間からどうやって聞き出したのだろう ・・・
???
自分のことしか考えてない ・・・

【8:30 PM】
 こんな私利私欲にふけっていると、
別の取引先からメールが入った。
ウチのプログラマー宛だ。
液晶パネルの件?
今さら、何?

この開発案件で使用する液晶パネルは、
赤色、緑色、青色それぞれ8ビットカラー。
なので、
赤色=2の8乗=256階調、
緑色=2の8乗=256階調、
青色=2の8乗=256階調、
よって、表現できる色数は、
赤色×緑色×青色=256×256×256=1600万色(フルカラー)
つまり、パソコンと同じ。
当然、それにあわせて、
映像をフルカラーで制作してきた。

ところが、
メールによると ・・・

「液晶パネルは8ビット対応なのですが、
制御基板のほうが6ビット対応と判明しました。
なので、絵も6ビット対応でお願いします」
はぁ?

液晶パネルが8ビットでも、
制御回路が6ビットなら、
当然、低い方にあわされる。
ユーザーは8ビットのつもりだぞ。
画質がスペックダウン!
今さら、どー言い訳すんの?
あんなに綿密に打ち合わせしたのに。

ハードは、ウチには手が出せないし、
ハードが対応していない以上、
ソフトではどうしようもないし、
ユーザーは納得しないだろうし、
なんで、こんなおバカなスポットに落ち着くワケ?

トラブルには、
1.大変
2.さあ、大変
3.神に祈ろう
の3つのモードがあるが、
これは間違いなく、
「神に祈ろう」。

是非もない、帰宅することに。
きっと、明日は大騒動だ。
担当のプログラマーは、
睡眠不足で目が真っ赤だ。
今晩も会社にお泊まり。
フロアに放置された毛布が痛々しい。

【10:00 PM】
 帰宅。
風呂に入りながら、
明日の作戦を練る ・・・

ったく、どーなってるんだ。
8ビットで制作した映像を、
減色ツールで、バッサリ6ビットに。
見るにたえない部分は、
手作業で修正。
これしかない。

だけど、
ユーザーは納得しないだろうな。
神に祈る?
神を呪いたい気分だ。

考えても仕方がないので、
遅い夕飯を食べて、
そのまま寝る。
生まれつき眠りが浅いので、
ヘンな夢を山ほど見た。

【7:00 AM】
早朝、ブルーな気分で出社。
事務所に入ると、
何かにつまづいた。
固体ではなく、柔らかいモノ。
視線を落とすと、
毛布にくるまった人間 ・・・
担当のプログラマーだ。

プログラマーはまぶしそうに見上げながら、
「あ、早いですね」
「徹夜?」
「ええ、でも良いニュースもありますよ。
例の液晶の件ですけど、
コネクタには、6ビットの信号線しか出てないんですけど、
回路は、8ビットに対応しているそうです」
「じゃ、2ビットの信号線を、コネクターに出せばいいだけ?」
「そうです」

なら、映像はこれまでの8ビットでOKだ。
はぁ~
体内に充満していた陰鬱な気が消えた。

プログラマーに、
もう少し睡眠をとるように指示し、
照明を消す。
あと3時間もすれば、
また、忙しい1日が始まる。
社員のタイムカードをチェックするために、
僕はゆっくり歩き始めた。

by R.B

関連情報