BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■24-ベンチャー企業編① 2010.03.14

これは、とあるベンチャー企業の役員の
午前6時から午後3時までに起きた出来事である。

【6:00 AM】
朝起きて、朝食をとる。
メニューは豆乳とプロポリス。
豆乳は脳の劣化を防ぐため、
プロポリスは若く見せるため。
それ以外、食さないのは、
肥満と高血圧を防ぐため。

【7:30 AM】
会社に到着。
フレックスタイムなので、
社長以外誰も出社していない。

まず、社員のタイムカードをチェックする。
脈絡のない残業をしていないか、
スタッフによるバラツキがないか、
残業が予算に影響を与えていないか、
感覚的に把握する。

【7:50 AM】
 メールのチェック。
デジタルコンテンツの開発には、
複数の企業がかかわり、
場所も、金沢、東京、大阪、名古屋とバラバラ。
そのため、
プロジェクトごとに、
FTPサーバーとメーリングリストを立ち上げ、
指示・承認、成果物をやりとりする。

30人ほどの小さなベンチャー企業なので、
役員は、なんでも雑用係。
ソフトウェア開発部と管理部をみて、
たまに、個別案件のプロデューサー、
まれに、ディレクター、
ごくまれに プログラマー!
ここまでくると、デスマ(death march)。

さらに、
複数のメーリングリストに名前が登録され、
毎日、山のようなメールが入る。
ほとんどが、実務メールだが、
内容が分かろうが分かるまいが、
必ず目を通す。
納期を遅らせる、予算を狂わせるなど、
重大な結果を招くサインを、
読み取るため。

ということで、
夜中に飛び交ったメールを
すべてチェックする。

【8:30 AM】
 不意に、
育休中のSが出社する。
彼女は、N社の会計ソフトを担当するSE(システムエンジニア)だが、
今は育休中で、来月から復帰予定だ。
それが、なんで出社?

いきなり、紅潮した顔付きで、
「ぶ、ぶっちょう~、大変です。
わたしの仕事がなくなりそうなんです」
「え、どういうこと?」
「N社の友だちから電話があって、
わたしが担当するプロジェクトがポシャったって。
正社員すら仕事がないんで、
外注はみんなクビだって ・・・」

「じゃ、制御系のソフトでもやるか」
「エー、わたし、あーいうのやりたくないんですよ。
勝手言うわけじゃないけど ・・・」
(言ってるよ)
「だけど、こんな時期だから、仕事があるだけで感謝しなくちゃ」
「・・・」
(リスク覚悟で転職するか、安全をとって残るか、天秤にかけてるな)

社内で、事務処理系のソフトをこなせるのは、
彼女しかいない。
そして、今後、
この手のソフトは必ずクラウド化する。

クラウドとは、
ユーザー側でハードとソフトをもつのではなく、
インターネット上に存在するハードとソフトを借りる方法。
ソフト開発費もハード費用も不要で、
使用料金を払うだけですむ。
莫大な初期投資は不要だし、
すぐに使えるし、
資産計上も不要、すべて経費で落とせる。
しかも、
クラウドコンピューティングは、
今後20年の基幹テクノロジーになるのは見えている。

彼女はわがままだが、
どこか憎めないし、
優秀なSEで、客先の信頼も厚い。
彼女もクラウドも、
手放すわけにはいかない。

興奮気味のSに尋ねる。
「で、いつ決まるの?」
「今日の午後一番の会議だそうです」
あと4時間 ・・・

すぐに、N社の担当部長に電話をかけ、
彼女を継続して使ってくれるよう、ネチネチくどく。
Sは優秀なので、先方も迷っているようだ。
長電話のあげく、
会議の最終決定を待つように言われる。
Sはちょっと安心した表情で、帰宅。

それにしても、機転が利く娘(こ)だ。
彼女じゃなかったら、
今頃、クラウドなど雲のかなた。
企業にとって、人材でなく「人財」とは、
よく言ったものだ。

【10:00 AM】
コアタイムが始まり、
社員がゾロゾロ出社してくる。
戦闘開始だ。
3つのメーリングリストで、
大量のメールが飛び交う。
デザイン、プログラム、サウンド、
すべての実務情報に目を光らす。
危険なサインがあれば、
すぐに、担当者に確認する。

【12:00 AM】
昼食。
カミサンの愛妻かも弁当。
まぁ、実体は残飯整理なのだが、
これで、昼食代300円が浮く。
世の中、不景気なわけだ。

食後、
会社の周囲を45分ウォーキング。
雨の日も、風の日も、雪の日もかかさない。
循環器系の数値を悪化させないためだ。
ただし、雷の日は歩かない。
RPGゲームをプレイすればわかるが、
「電撃」ほど”痛い”ものはない。

【1:00 PM】
 メールで、契約書のドラフトが届く。
秘密保持契約書と開発委託契約書の2つ。
秘密保持契約書の方は、デザインの外注先候補。
任天堂との取引もあるそうで、
内容は、これまでになくシビア。
まわりくどい部分があったので、
3点、先方の社長に問い合わせる。
すると、法務を通さず、社長自ら回答してきた。
内容はしっかりしている。
実務ができる社長だ。

次に、開発委託契約書に目を通そうとした時、
社長から声がかかる。
社長と役員2人で、資金繰りの会議。
現在進行中のプロジェクト6本と
受注予定のプロジェクト2本の、
スケジュールと、入金と出金を再確認する。
ちょっとアブナイ時期があるが、
銀行からの短期借入でしのぐことに。

会社の借金はすべて、
社長が連帯保証人になる。
つまり、
「会社の借金=社長個人の借金」
だから、社長は仕事はしなくてもいい。
いるだけで、黄金の価値がある。
社員はそんなこと、知らないけど ・・・
会議が終わり、デスクに戻る。

【1:50 PM】
開発委託契約書のドラフトを精査する。
金額が1億円クラスのものは、
もう一人の役員と読み合いをする。
このクライアントは上場企業で、
法務部門を強化しつつある。
なので、
毎回、契約書がグレードアップする。
今回も、以前にも増してシビアな内容だ。

あれ、これ著作権法上、問題では?
納期遅れのペナルティ、こりゃキツイ。
だけど、文句を言えば、
徐々に仕事は減るだろうし、
放置すれば、
致命傷になりかねないし、
確認という名目で電話して、
やんわりと落としどころを模索する。
なんとか、問題解決。

【2:40 PM】
重大なメールを発見。
メーカーからのメールで、
「人物の服がリアルでない」
という。
FTPサーバーにアップされた画像を確認すると、
確かに、服が”モッコリ”している。
3DCGなのだが、
MayaかMaxでモデリングされている。
手作業で服をモデリング(形状作成)したに違いない。

リアルに見せるには、
まず、人体をモデリングし、
その体型にあわせて、
計算によって、服の形状を作り込む。
「物理演算(物理シミュレーション)」とよばれる手法だが、
リアルに見えるぶん、高くつく。
1回の計算に時間がかかるし、
試行錯誤を繰り返さないと、
良いものができないからだ。

最初、このメーカーは、
コスト優先で、物理演算は不要とのことだった。
ところが、絵があがってくると、
目が慣れて、より良い品質を望むようになる。
もちろん、その段階では、
予算は確定している。
もし、物理演算でやり直せば、
こっちの持ち出しだ。
つまり、納期と予算がオーバー。
とはいえ、
「ムリ」
なんて言おうものなら、
次の受注はパァ!?
よくある話だ ・・・

ベンチャー企業にとって、
黒字/赤字よりコワイのが、資金繰り。
資金繰りのミスは、
即、会社の死を意味するからだ。
1ヶ月後に黒字でも意味はない。
そして、
納期と予算のオーバーは、
資金繰りを直撃する。

トラブルには、
1.大変
2.さあ、大変
3.神に祈ろう
の3つのモードがあるが、
これは間違いなく、
「さあ大変」モード。

意識をギアチェンジし、
思考中の4つのプロセスを中断し、
全力でこの問題にあたることにした。

3:00 PM ・・・

by R.B

関連情報