BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■結婚式 2010.03.07

久しぶりの結婚式だった。
新郎は「GE・TEN」時代のメンバーで、
今、東京に住んでいる。
式場に着くと、
懐かしい顔がちらほら。
みんな歳取ったなぁ。
人のことは言えないけど。

まずは結婚式。
係員に案内され、
ぞろぞろ行くと、その先に、
キリスト教の教会。

同席した知人に、
「あいつ、いつ改宗したんだ?」
「ジョーダン、あいつ無神論者ですよ。
だから、どっちでもいいんです」
「そんな問題か?
ところで、いつから選べるようになったんだ?」
「昔からですよ」
・・・
僕が結婚したとき、
そんな選択肢はなかったぞ。

不審に思ったので、さらに、
「じゃ、葬式も選べるのか?
オレ、浄土真宗のはずだけど、
教会で葬式やって、その後は土葬 ・・・」
「そういうのは、あんまり聞かないですね」
徹底しろよ。

最近の結婚式は、
宗派に関係なく、
神道、キリスト教、
どっちでも選べるらしい。
そういえば、
昔からそうだったような ・・・

どうせなら、
ゾロアスター教も選択肢に入れたら?
地球最古の一神教だし、
儀式も神秘的だし、
結婚式場のウリになるかもしれない。
だけど、確か、ゾロアスター教は、
「鳥葬」だったような。
死体を屋外にさらして、
鳥についばませる ・・・
日本じゃ、ちょっとムリかな。

日本人は、
お盆に、墓と仏壇にお参りし(仏教)、
クリスマスには、イエスの誕生を祝い(キリスト教)、
元旦には、神社に初もうでに行く(神道)。
だから、
日本人の宗教観は知ってるつもりだったが、
これほどとは ・・・
せめて、冠婚葬祭ぐらい、
宗派に従ったら?

長イスに座っていると、
外人の神父さんが、
何やら話し始めた。
やがて、新郎が一人でスタスタ登場。
あれ、花嫁はどうした?
もう逃げられたか?
キョロキョロしていると、
後ろの扉がゆっくり開いた。

花嫁が父と手を組み、
バージンロードを歩く。
荘厳なオルガンの演奏と、
天上にこだまする美しいアベマリア。
えもいわれぬ感動がこみあげる。
・・・
僕の人生は、
褒められたものではありませんでした。
信号無視以外に、
法を犯したことはありませんが、
良いことをした記憶もありません。
神様、
僕は罪深き人生を送ってきました。
悔い改めます
・・・
真っ白な壁、高い天井、
マリアが描かれたステンドグラス、
端正な顔の神父、
神の音楽
・・・

なるほど、
こういう環境、こういう雰囲気が、
キリスト教徒を懺悔(ざんげ)に導くのだ。
精緻に計算されたキリスト教システム。
僕は、キリスト教の奥深さを、
思い知らされた。

よし、
これからの人生は、
神父になって、人のために尽くそう。
(食いっぱぐれる心配もなさそうだし)
式が終わったら、
家に帰って、
神父になる方法をググるぞ。

結婚式が終わり、
披露宴が始まったが、
こちらも、ビックリ。
両家の家族、親族が、
デジカメでバシャバシャ。
なんと、
新郎新婦までがデジカメで、
ウェディングケーキを撮っている。
あー、こんな時代なんだ。

昔みたいに、
退屈なスピーチも、
かたっくるしい詩吟や謡いも、
とってつけたような幸福ソングも、
一切ない。

そのかわり、
みんなデジカメ片手に、
ワイワイガヤガヤ、
スピーチも行き当たりばったり。
でも、それが楽しいのだ。
ということで、
僕にとって、
けっこう楽しい結婚式だった。

結婚式が終わり、帰宅。
さっそく、ググる。
「神父になるには」

その結果 ・・・

1.カトリックでは神父、プロテスタントでは牧師とよぶ。
・牧師より神父のほうが響きがいいから、カトリックにしよう。

2.神父は妻帯できない。
・離婚したらOKかな?

3.修道会で集団生活を送らねばならない。
・パソコンやDVDは持ち込めるのかな?

4.大学で神学を専攻しなければならない。
・もう、遅いよ。

ということで、
神に仕えるのはあきらめた。
こんなバチ当たりには、
サラリーマンしかないな。

by R.B

関連情報