BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■ひぐらしのなく頃に祭 2010.02.13

最近、週一のペースで、
東京に出張している。
ほとんどが貧乏な日帰り出張だが、
今回は1泊。
クライアントとの打ち合わせが、
早朝8時なので、
前日、東京に入った。

夕飯はワタミ。
以前は、一人でも、
テーブル席に座れたのに、
今は、無条件にカウンター席。
目と鼻の先に壁がドーン。
威圧感があり、窮屈。
あのスカスカのテーブル席が、
これから埋まるとは思えないのに。

メニューを開くと、
ティッシュがはさまっている。
途端に食欲が失せた。

味がイマイチなのは昔からだが、
安いので我慢してきた。
ただ、
この程度の素材でも、
ちょっと工夫すれば、
味は劇的に改善するのに。
安さにかまけて、
日々の改善を怠っている?

業種が何であれ、
日々の改善を怠れば、
必ず競争力を失う。
「改善(カイゼン)」の象徴のトヨタでさえ、
リコール問題で危機に陥っているのに。

最近、この会社は、
多角経営に精を出しているが、
原点をおろそかにすると、
トヨタの二の舞になるぞ。

1年前までは、
店員はみんな明るく元気、
サービス精神も旺盛だった。
そこが取り柄だったのに、
今はそれもない。
利用するのは次を最後にしよう。
(割引券が1回分残っているので)

いつものように、浅草で一泊。
翌日早朝、秋葉原に行き、
客先で打ち合わせ。
1件目は、開発体制の取り決め、
2件目は、おカネがらみの話。
クリエーターの頃は良かったなぁ。

打ち合わせを終え、
松屋で牛めしを食べる。
280円で、味噌汁付き。
安いのに、なかなかうまい。
だから、もう吉野屋は行かない。

午後1時、ベルサール秋葉原へ。
「パチスロ・ひぐらしのなく頃に祭」の
プレス向け発表会に出席する。
この機種は、
アルケミストのPS2ゲーム「ひぐらしのなく頃に祭」を
オーイズミがパチスロ化したもの。
原作は、竜騎士07の「ひぐらしのなく頃に」。

この手のコミックは読まないので分からないが、
相当有名らしい。
午後3時から一般公開なのに、
ビルの外はすでに、
長蛇の列。

発表会では、
PR用の映像も公開されたが、
なかなか迫力がある。
好きなジャンルではないが、
演出にキレがあるし、
存在感もある。
いい感じだ。

司会者が、
「今日は特別ゲストをお迎えしております。
知らない人がいないほど有名ななお二人、
さぁ、どうぞ!」
お笑いコンビ「ヒビキ」?
知らん。
つまらないドタバタが始まったので、
膝の上にレッツノートを載せ、
カチャカチャ、
後の打ち合わせに備える。

午後3時、発表会が終了。
関係者を捜し出し、次々と挨拶。
ちゃんと出席してましたよぉ~、のPRのため。
その後、
デザイン担当の役員と合流し、
次の訪問先へ。

ある開発案件で、
デザイナーがまだ決まっていない。
社内のデザイナーはみんなデスマーチ (death march) で、
一人も空いていないのだ。
そこで、
外注先をしらみつぶしにあたっている。
今日の訪問先もその一つ。

訪問した会社は、
DSを得意とするパブリッシャー&デベロッパーで、
業界の中堅どころ。
ところが、
ゲーム業界は今、冬の時代、
そしてもうすぐ、氷河期。
だから、
ゲーム・デベロッパーのほとんどが、
7号業界(パチンコ・パチスロ)を狙っている。

この会社とは、
秘密保持契約を交わしてなかったので、
当たりさわりのない話に終始する。
まぁ、腹の探り合い。
ところが、
RPGゲーム「ウィザードリィー(Wizardry)」が話題になると、
話は一気にはずんだ。

「昔、アスキーからPC9801版が出たけど、
過酷なゲームでしたねぇ」
と僕が切り出すと、

「あ、あれやりました?
僕もやりましたよ。
死んだ瞬間にセーブされるんで、
取り返しがつかないんですよね。
だから、死ぬ直前に、
フロッピー(昔の外部記憶装置)を、サッと抜くんです。
そのうち、壊れちゃって、ハハハ ・・・」

「へぇー、
僕なんか、されるがまま、死んでましたよ」
とまあ、仕事以外で盛り上がっていた。

先方の社長もご機嫌で、
DS版ウィザードリィー「Wizardry~生命の楔~」をプレゼントしてくれた。
なぜか、とても幸わせな気持ちに。
今は昔、
まだ、ドラクエもFFもなかった頃、
「ウィザードリィー」は「ウルティマ」と並ぶRPGの双璧だった。
それが、まだ生き残っていたこと、
それを知る人と話せたこと、
それが嬉しかった。

ベンチャー企業は、
企画、開発、受注、資金繰り、
いつもどこかで問題が発生している。
モタモタしていると、
「未解決の問題数 > 解決済み問題数」
で、仕事が収束しない。
だから、
毎日、ブルドーザーのごとく、
驀進している。

そんな毎日だから、
昔を振りかえるだけで、
心がなごむわけだ。

今回の出張も大忙しだった。
よく働いたなぁ。
1円も稼いでないけど。
最終の新幹線に乗るべく、
大急ぎで東京駅に向かった。

by R.B

関連情報