BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■3Dテレビ 2010.01.24

いつの間にか、
「3Dテレビ」がブームになっている。
メディアは口をそろえて、
2010年は3Dテレビ元年!
はぁ?
地デジはいずこへ ・・・

ココで言う「3Dテレビ」とは、
3DCGのことではなく、
ズバリ、立体映像のこと。
わかりやすくは、「飛び出す画面」。

そういえば昔、
ヘンな「立体絵」があった。
赤と青のセロハンメガネで、
立体っぽく見せるやつ。

念力を使うごとく、
目の焦点を合わせる必要があり、
苦労のわりには、
ショボイ絵だった。
キワモノで始まり、
キワモノで終わると思ったが、
今でもたまに見かける。
一体、どういうことだ?

ところで、
今回の3Dテレビは、
大手メーカーがこぞって参入するという。
すでに、
ソニー、パナソニック、東芝、シャープは、
試作機まで公開している。

特に、ソニーはやる気満々で、
1.液晶テレビのBRAVIA
2.ブルーレイ(BD)
3.パソコンのVAIO
4.プレイステーション 3
5.デジタルカメラ
これらすべてを3D対応にするという。
It’s a Sony ・・・ さすがだ!
売れないと思うけど。

ところで、やっぱり、
メガネは必要?
どうやら、そうらしい。
もちろん、
赤と青のセロハンメガネではない。
「液晶シャッターメガネ」というハイテクメガネらしい。
もっとも、原理は、
セロハンメガネとかわらない。

物が立体に見えるのは、
右目と左目が離れているから。
それが、視差を生み、
人間は”奥行き”を感じるわけだ。

3Dテレビもこれと同じ。
視差分ずれた右目用の映像と左目用の映像を、
それぞれ、
右目と左目に見せれば、
立体に見える。

まず、
右目用の映像を画面に表示し、
メガネの左目のシャッターを下ろす。
すると、
右目だけが右目用の映像をとらえる。

次に、
左右をかえて同じことをすれば、
左目が左目用の映像をとらえる。

この切り替えを高速で行えば、
左右の目が視差のある映像をとらえ、
立体映像に見えるわけだ。
原理はいたってシンプルだが、
問題もある。
高くつくこと。

まず、
左目用と右目用の映像が必要なので、
情報量は2倍になる。
当然、制作コストは上がる。
さらに、
情報量が2倍になれば、
映像ソースから3Dテレビへのデータ転送速度も、
基本2倍になる。
速度が上がれば、
回路も部品代も高くつく。

現在のハイビジョンテレビは、
1秒間に60枚の絵を描きかえている。
これでも、被写体の動きが速いと、
映像は乱れる。
ところが、3Dテレビでは、
左目用と右目用を表示するので、
1秒間に120枚!
綺麗に見せるには、
応答速度の速い液晶パネル、
高速なドライブ回路(液晶を光らせる電子回路)が必要だ。

だが、一番のネックは、
「メガネをかける」こと。
ニュースを見るのに、
わざわざメガネをかける?

メガネかけっぱなしも恥ずかしいし、
なんかテレビって、うっとおしいなぁ ・・・
と、みんなが思ったら、
おしまい。

メンドーをおしてまで観るのは、
アクション映画ぐらいだろう。
天気予報やニュースを、
”飛び出す画面”で観たい人はいないだろう。

さて、
この事実は、
テレビ局の暗い未来を暗示している。

3Dテレビが話題になれば、
テレビ局は3D番組を制作しなければならない。
ハイビジョンでさえ、
コスト高でヒーヒー言ってるのに、
3D映像!?
さらに、3Dに対応しても、
広告収入が増えるわけではない。
どう考えても、大損だ。
やっとれん(テレビ局)。

テレビ局の対応は3つある。
①必要な番組だけ3Dテレビに対応。
②すべての番組を3Dテレビに対応。
③3Dテレビはなかったことにする。

①の場合、
視聴者は番組によって、
メガネをつけたり、はずしたり ・・・
こんなメンドーなこと、
仕事以外、絶対やらない。

結局、
3Dで見たい映画だけ、テレビの前に座り、
ニュース、天気予報、その他の情報入手は、
インターネットに頼るようになる。
つまり、3Dテレビは、
稼働率の低いホームシアターと化す。

②の場合、
視聴者は、メガネをつけてまで、
ニュースや天気予報を観たいとは思わないので、
①と同じ結果になる。
ただし、
①よりはるかにコストがかかるので、
テレビ局にとって最悪。

③の場合、
コストは増えないが、
売り上げが伸びるわけでもない。
つまり、ジリ貧。
どう考えても、
3Dテレビは、
テレビ局にとって悪夢だ。

これまで、
テレビを破滅させるのは、
インターネットだと言われてきた。
だけど、ひょっとして、
テレビにとどめを刺すのは、
3Dテレビかもしれない。
なんという皮肉。

打つ手のないテレビ局は、
3Dテレビが大コケするよう、
心から願っていることだろう。
だが、心配無用。
3Dテレビは失敗する。

しかし ・・・

テレビ局の平和は、
長くは続かない。
生命線の広告が、
インターネットに丸取りされるからだ。
そうなれば、
テレビ局も広告代理店も、
ただではすまない。
かつて栄えた恐竜や日本航空のように、
倒れる日が必ず来る。

インターネットは、
究極の情報インフラ。
コミュニケーションも
知識も情報も、
コンテンツまで、
タダにしようとしている。

さらに ・・・

権威づけされたマスメディアを無力にし、
真の民主主義を生みだそうとしている。

さらば、テレビ ・・・

by R.B

関連情報