BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■パチンコ業界の憂鬱 2010.01.16

年明け早々、
世の不景気を憂い、
デスクでしんみりしていると、
デザイン担当の役員から電話があった。
今日、東京から来客があるので、
同席してくれという。

夕方、デザイン会社の社長が到着。
自社のプレゼンの後、
「仕事ありませんか?」
最近、こんなケースが多い。

デザイン会社といっても、
昔のように、
印刷物だけという会社は少ない。
雑誌広告は激減しているし、
そもそも、
出版業界が危機的状況だ。
盤石と言われた小学館や集英社まで、
フラフラ(失礼)。

ということで、
デザイン会社が生き残るには、
デジタルコンテンツは必須。

もっとも、
映画のようなハイエンドなCGを手がける会社は、ごく一部。
圧倒的に多いのがウェブ系だ。
簡単に参入できるし、
難易度は低いし、
一人でも可能。
反面、
差別化が難しいコモディティな世界だ。
不毛の消耗戦は避けられない。

来社したデザイン会社は、
数十名の社員をかかえ、
ヤリクリが大変そう。
じつは、
これくらいの会社が、
経営が一番シンドイ。

はた目には華やかなベンチャー企業の社長。
実際は ・・・、
ほとんどが資金繰り。
やってることは無味乾燥なのに、
胃がキリキリ傷む神経戦だ。
ところが、
そんな事情を知らない社員は、
「社長なんて、なんにもやってないじゃん!」
社長、僕だけは分かってますよ(ヨイショ)

ところで、先のデザイン会社、
仕事が、ゲーム業界から7号業界(パチンコ・パチスロ)へ、
シフトしているという。
確かに、ゲームはいい話は聞かない。
ドラクエ、FF、無双シリーズ、バイオハザード ・・・
有名タイトルしか売れていない。
もっと面白いゲームはいっぱいあるのに。

今のゲームユーザーは、
1.好みのゲームを買う
2.内容のいいものを買う
3.面白そうだから買う
ではなく、
「有名タイトルか否か」で選択している。
ユーザーが「素人化」している証拠だ。

この後に待っているのは、
「ゲーム=有名タイトル」、
その他は選択の対象外!
どんな面白いゲームでも、
店に並ばなければ買ってもらえない。
15年前のPCゲーム業界にソックリだ。

DSでさえ、
実売本数500本は珍しくない。
開発会社を経営する知人が、
1タイトル200万円でやらされた、とぼやいていた。
「2000万」ではなく「200万」 ・・・
一体、何を作れというのだろう。

10年前、
PCゲーム業界が崩壊し、
食いっぱぐれたゲームデベロッパー(開発会社)が、
7号業界(パチンコ・パチスロ)になだれ込んだ。
そして今、
デザイン会社(特にCGプロダクション)が、
7号業界に殺到している。
雑誌広告も、TVCMも激減し、
逃げ場はココしかないのだ。

ところで、彼らは、
パチンコ・パチスロの何をやるのだろう。
役モノ(演出の仕掛け)や筐体のデザインは、
独特のノウハウが必要だし、
出玉制御はキモなので、
すべてメーカーがやる。

ということで、
デザイン会社が担当するのは、
「液晶演出」。
たかがパチンコ・パチスロの絵と侮るなかれ。
ヘタなゲーム、TVCMより、
カネがかかっている。

パチンコ・パチスロの台は、
昔と大きく様変わりした。
台のど真ん中に、液晶がドーン。
そこに、様々な演出が表示され、
遊技者をクギ付けにする。

パチンコ・パチスロの映像は、
デジタルコンテンツ最強と言っていい。
3DCG、アニメ、実写、
まるで、映像のデパートだ。
絵作りは絢爛豪華だが、
独特のテイストがあり、
ゲームやTVCMとは何かが違う。

絵は専用のハードで動かすため、
制御用のプログラムも必要だ。
描画方法は、
高圧縮のムービー再生か、スプライト表示だが、
パチスロではリアルタイム3Dも増えている。
つまり、TVゲーム。

ということで、
パチンコ・パチスロの液晶演出は、
ゲームデベロッパーのスキルとオーバーラップする。
だから、われもわれもと、
7号業界に参入するのだろう。
だが、7号業界はそんなに甘くない。

某大手パチンコメーカーの開発部長曰く、
「絵が巧いだけのデザイン会社は掃いて捨てるほどある。
だけど、ほとんどが、
パチンコの絵が分かってない。
あれじゃ、仕事は出せない」

大手商社の開発課長曰く、
「提案力のないデベロッパーは、仕事が激減している」

これらの発言が意味するところは、
1.パチンコ・パチスロ映像の「文法」が分かってないとダメ。
2.演出の企画力・提案力がないとダメ。
たとえ、ハリウッド映画なみの映像が作れたとしても ・・・

怒濤のごとく、
7号業界に参入しているが、
そのほとんどが、
1、2年以内に破綻するだろう。
7号業界が縮小し、
メーカーが開発機種を減らしているからだ。
特に、パチスロは、
このままいけば、
業界全体が沈没する。

老舗のデベロッパーでさえ淘汰されるのに、
パチンコ・パチスロのノウハウのない新規参入組に、
勝ち目はない。
絵を作るだけの二次下請けがせいぜいだろう。
この場合、値段は叩きに叩かれ、
仕事が継続する保証もない。

パチンコ・パチスロに対する世間の目は冷たい。
ギャンブルだし、
破産者まで出るし、
社会悪、と断言する人までいる。

しかし ・・・
7号業界は経済と雇用に大きく貢献している。
液晶演出だけではない。
パチンコ・パチスロに使われる電飾、センサーで、
潤っている電子部品メーカーは多い。
パチンコ・パチスロを表に出さず、
利益の100%がパチンコ・パチスロという
東証一部上場企業も存在する。
そして今、TVCMを支えているのは、
間違いなく、7号業界。

そんなガラクタ資本主義が、
良いか悪いかは別として、
パチンコ・パチスロが、
日本経済を支えていることは確かだ。
ところが、
その7号業界も斜陽化している。
そろそろ、
新世界を真剣に考える時かもしれない。

by R.B

関連情報