BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■浅草 2009.08.27

最近、
東京の宿は浅草、
と決めている。
宿泊費は安いし、
なにより、一息つける。
前は、よく新宿で泊まったが、
あの缶詰のようなギッシリ感は、
今は神経にさわる。

浅草は、僕にとって特別の町だ。
よどんだガスを抜いて、
ピュアなエネルギーを充てんし、
身も心もメンテする。

少年時代、
まだ、モノがなかった頃、
田舎に暮らす僕にとって、
祭りは、年に一度の大イベントだった。
学校が終わると、
こづかいを握りしめて、神社へ。

神社の前には、10件ほどの屋台が並ぶ。
たこ焼き、ワタ菓子、おもちゃ、金魚すくい、
コルク銃で景品を当てるゲーム ・・・
カラフルなガジェットが所せましと並び、
にぎやかで、はなやかで、
見ているだけで、ワクワクした。
寂れた村で、この一角だけが、
別世界だった。

屋台街を一歩出れば、
そこは、いつもの見慣れた風景。
色も動きもない、写真のような世界だ。
2つの世界の間には、
目に見えない壁があった。

ところで、あの屋台で、
何を買ったのだろう?
じつは、ほとんど覚えていない。
迷ったあげく、つまらないものを買って、
一週間もすれば、消えてなくなる。
それでも、
祭の日を待ち焦がれた。
毎日がお祭りだったらいいのに ・・・
子供心にそう思った。

ある日、
浅草の仲見世をみて、
息をのんだ。
この空間だけが毎日お祭り!

雷門から眺める仲見世通りは、
無限につづくトンネル、
無数の屋台とガジェット、
僕にとっては子供の王国だ。

東京で仕事を終えると、
必ず夜の仲見世に行く。
店はみんな閉まっているけど、
照明が映し出す空間は、
幽玄世界 ・・・
あまりの美しさに我を忘れる。

朝、仕事に行く前に、
もう一度、仲見世へ。
雷門の大提灯は張りぼてに見えるが、
じつは、700kgもある。
スズキのアルト並の重量だ。
直撃されたら、たぶん、即死。
なので、
大提灯の下は通らないことにしている。

仲見世通りは、
ふだんは吹き抜けだが、
真夏には天井が張られ、冷房がつく。
だから、どんなに歩いても疲れない。
早朝は、まだ閉まっている店もあるが、
すでに、人で一杯だ。
アジア人が7割、修学旅行の学生が2割、欧米人がちょびっと、
あとは、おばさん。
僕みたいなサラリーマンはいない(あたりまえか)。

フィリピン人らしきおじさんが、
ニコニコしながら、僕にデジカメをわたす。
写真を撮って欲しいらしい。
50歳ぐらいの父親と、20歳ぐらいの息子。
2人並んで、パチリ。
ところで、
こんな歳の父と息子が、2人旅?

小さい頃から愛情をかけられ、
物心つくと、父親を尊敬するようになり、
深い愛情と信頼に結ばれた父と子 ・・・
と勝手に想像する。
うらやましい気もするが、
とても真似はできない。

さて、ガスも抜いたし、
エネルギーもチャージしたし、
仕事に行くとするか。
それにしても、
東京の夏は暑い。

by R.B

関連情報