BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■不況克服 2010 2010.01.01

2010年元旦。
この日が来ると、
誰もが、
今年こそはと、何かを誓う。
そして、1年経つと、
今年こそは ・・・

何十回繰り返しても、
年があらたまるたびに、
新鮮な気持ちで、
懲りもせずに、
誓うのである。
人間は元気な生き物だ。

そして、
「片町」も、金沢で一元気な繁華街だ。
東京や大阪にくらべれば、
こぢんまりしているが、
活気はあるし、
たぶん、日本海側では、一番華がある。
昔から、小京都といわれ、
知る人ぞ知る全国区。

というわけで、
接待は必ず片町を使う。
「近江町市場」から入る魚は新鮮で、
県外のお客さんなら、
たいてい喜んでくれる。

ところが、
もっと喜んでもらえることも ・・・
二次会でクラブに行くと、
皆さん、ウットリした面持ちで、
「金沢の女性って美人ですねぇ」

金沢はフーゾクの規制が厳しく、
下品な店は少ない。
なので、
こういうところで満足してもらっている。
もっとも、
下品な店が大好きなお客さんもいる。
それはそれとして ・・・

僕は社用以外で、
片町に飲み行くことはない。
今時のクラブは、
客のほうが気を遣って、
女の子を楽しませている。
はた目で見ると、
どっちが客かわからない。
だから、
身銭を切ってまで行く気はしない。

クラブで女の子と話すより、
代行の運転手さんと話す方が、
楽しいこともある。
前回の運転手さんも、
なかなか面白い人だった。
「運転手さん、最近、景気どうですか?」
「そりゃもう、最悪やわ ・・・」
「去年のリーマンショックの時より?」
「悪い、悪い。
客は半分以下や。
まだ悪なっとるし、
来年は、もっと悪くなるわ」
んー、「悪」の連発 ・・・

金沢ナンバーワンの繁華街が、
まだ底を打っていない。
昨年末の忘年会は、
一次会のみが多かったという。
都心部では、
回復の兆しがあるが、
地方の景気はまだ降下中。

僕は、思い切って、
難しい質問をしてみた。
「何で、こんなに景気が悪いんですかねぇ?」
気の利いた答を期待したわけではないが、
その答は驚くべきものだった。

「みんな、ダラ(金沢の方言で「バカ」)やからや。
先のことばっかし考えて、今を楽しんどらん。
遊び方も知らんしね。
ダラやわ」

運転手さんは、懐かしそうに続けた ・・・
「わしら若い頃は、
質屋に行って、カネつくってから、
飲みに行ったもんや。
一次会はテキトーに切り上げて、
二次会からが本番や。
場末のキャバレーで飲んで騒いで、
あー、楽しかったわー」

「は、それりゃ、すごいですね。
でも、
将来のこととか、
お金のこととか、
心配にならなかったですか?」

運転手さんはキョトンとして、
「わしらの時代は、
カネはなくても、何とかなると思うとった。
将来のこと?
そんなもん、考えたこともなかったわ」

この運転手さんは、
昭和21年生まれだという。
彼が就職した頃は、
高度経済成長のまっただ中、
明日を心配する必要などなかったのだ。

僕は、
今回の大不況の原因が、
分かったような気がした。

昔は、
今よりずっと貧乏だったのに、
みんな、
明日を信じて、楽しく暮らしていた。
ないカネを使い切り、
それが経済を発展させたのである。

ところが、今は、
老いも若きも、明日を憂い、
老後の年金に思いをめぐらせ、
汲々と生きている。
・・・
不思議だ。
今は、昔よりずっと豊かなのに、
誰も楽しいとは思っていない。

僕が、この運転手さんと話し込んだのは、
彼が元気印だったから。
笑いは、幸福をよびこむ。
そして、人も。

明日を考えることは、
もちろん、大切だけど、
今日を楽しむことは、
もっと大切なのでは?

2010年元旦、
年も改まったことだし、
今年こそは ・・・

by R.B

関連情報