BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■死神 2009.12.13

作りたいものは、みんな作ったし、
仕事は管理ばっかしで、
直接価値を生んでるわけじゃなし、
生きてる意味あんのかな?
と思ったある日のこと ・・・

会社のトイレで大をしていると、
シャーッと音がした。
小便器のセンサーが人間を感知し、
水を流したのだ。
それがたてつづけに2回。

えっ?
人はいないはずだけど。
恐る恐る、扉を開けると、
やはり、誰もいない。
センサーの誤動作?
何度も試してみたが、
センサーに異常はない。
その日は休日出勤だったので、
仕事をほっぽり出して、
家に逃げ帰った。

その晩、寝ぼけ眼で、トイレへ。
すると、後ろで、
ミシッ、ミシッと廊下を踏む音がする。
それも2回続けて。
振り返ると、誰もいない。
気味が悪くなり、
そのまま、布団にもぐりこんだ。

翌朝、
玄関の扉を開けた瞬間、
フリーズした。
扉を開けるのを待っていたかのように、
一匹のネコが僕を凝視している。
時間が停止し、
この広い世界に僕とネコだけ、
というカンカク。

そのとき、
昔観たTVドラマを思い出した。
ミステリー・ゾーン「死神の訪れ」だ。
たしか、
無名時代のロバート・レッドフォードが、
出演していた。

現世に何の希望ももてなくなった、
一人暮らしの老女のもとに、
ある日、
美しい青年(ロバート・レッドフォード)が訪れる。
青年は、やさしく老女に接するが、
じつは、「死神」だった。

やがて、
老女は青年の正体を知るが、
彼にさとされ、
黄泉の国へと旅立つ。
めでたし、めでたし ・・・

人間には、
理解しても、自覚できないことがある。
人間は生まれながらの逃亡者だということ。
もちろん、追っ手は死神。

ということで、
今回の不吉な事件は、
僕に死神が迫っているメッセージ?
ところがその後、
真相が明らかになった ・・・
1.トイレの音→人がいなくても、時々自動洗浄する。
2.廊下の音→欠陥住宅?
3.不吉なネコ→近所をうろつく有名なドラネコとのこと。

こうして、死神事件は一件落着したが、
その後、
無限に続くかのような気だるさからは開放された。
そして、
若い頃は自覚していたのに、
長い間忘れていた大切なことを思い出した。
「生きている限り、何かできる」

by R.B

関連情報