BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■クラウド、コワくないですか? 2018.03.22

マイクロソフトから、「使用条件の更新についてのお知らせ」がとどいた。

あやしい文面だが、詐欺メールでははなさそうだ。

内容をかいつままむと・・・

Microsoft製品を使用中のお客さまへ。サービス規約を変更しますので、同意してください。同意されない場合は、製品とサービスのご利用を停止し、Microsoft アカウントを削除してくださいね。

そこで、「サービス規約を変更」のページをみると・・・

ITと法律の用語がちりばめられ、読む気がしない。

もちろん、Microsoftは意地悪でやっているわけではない。これくらい徹底しとかないと、クレーマーが訴訟起こすとか、いろいろメンドーがおきる。備えあれば憂いナシ、ということで、ソフトウェアベンダーはみんなやっている(程度の差はあるが)。

でも・・・

それって、売る側の論理ですよね。

買う側にしてみれば、たかが作文や表計算で、なんでこんなメンドーな目に・・・規約読むのに1時間かかったとして、読む側の人件費800円安くしてよ。

ん?

時給800円って、安くないですか?

基本24時間稼働なので、割り算するとそうなるの、悲しい話だ。

話はそこではなく・・・お金を払う方が、もらう側の「都合=メンドー」につきあわあせるっておかしくないですか?

これで、ユーザーフレンドリーを追求しています・・・なんて言われた日にゃ、マジギレだ。

ところが、もっと深刻な問題がある。

昔のソフトは、パッケージ買ってインストールして、スタンドアローンで使っていた。その後、ネットを介してダウンロードするようになり、今はクラウンドが全盛。つまり、ネットでみ~んなつながっている、コワイコワイ。

ところで、クラウドって?

コンピュータ処理を、自分のマシン(PC、タブレット、スマホ)ではなく、ベンダー(Microsoftなど)のサーバーでやる方法。つまり、プログラムとデータを自分のマシンにおく必要はない。だから、マシンが非力でも(スマホでも)問題ナシ。

便利ですよね。

でも・・・お気づきですか?

プログラムとデータはあなたのマシンにない。どこにあるかもわからないベンダーのサーバーの中にある。だから、「クラウド(雲)」とよんでいるわけだ。

ということは・・・

ベンダーの都合で、あなたの利用を強制停止できる。プログラムもデータもベンダー側にあるのだから。

クラウドって、コワくないですか?

by R.B

関連情報