BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■ガジェット②電子紙芝居 2009.11.21

オープニングが終わると、
「主人公=ユーザー」は、
ホテルの一室にいる。
東欧風の質素な部屋だ。

アイテムをすべて取って、
ラジオをつける。
彗星が地球に接近していて、
衝突するかもしれないという。

ホテルを出て、駅に行く。
奇妙な形をしたエクスプレスが停車している。
どうやら、乗るしかなさそうだ。
旅の途中、
スロースロップなる人物から連絡が入る。
協力を頼まれるが、
断わるすべがない。

列車の中で、行く先々で、
気味の悪い人たちに出会う。
彼らと会話し、
状況を把握する。
この国は、
体制派と反体制派に分かれ、
反目しているようだ。

ホースラヴァーと、
彼を支持する科学者たちは、
反体制派らしい。
彼らは、
彗星が地球に衝突すると信じ、
地球脱出をもくろんでいる。
「ユーザー」に協力を求めてくるが、
真意はわからない。

ホテルのロビー、駅の構内、
どこへ行っても、
人の気配がしない。
ガジェットに登場する人物は、
情報提供者だけ。

ストーリー、登場人物、シーン、
すべてが最適化され、
ムダなものはひとつもない。

この世界の創造主が、
すべてをコントロールし、
画面の向こうから、
ユーザーを監視している。
そんな緊張感が、
孤独感を打ち消し、
没入感を加速する。

自分は誰?ここはどこ?
何が起こっている?
すべてが謎のまま、
ストーリーは進んでいく。

スロースロップは敵か味方か?
彗星は地球に衝突するのか?
ホースラヴァーらは地球を脱出できるのか?

やがて、
巨大宇宙船が出現し、
ストーリーは急展開する。

最後に明かされる真実 ・・・
国家最高指導者オロフスキーは、
洗脳装置「センソラマ・Sensorama」を使い、
人間の意識を統一し、
「完全なる覇権」をもくろんでいた。

それが成功したのか、失敗したのか?
彗星は地球に衝突したのか?
ホースラヴァーらは地球を脱出できたのか?
今となっては、すべては謎 ・・・

長い旅の果てに待っている
どんでん返し。
しかし、
ユーザーはそれを予測していた。

ガジェットは、
電子紙芝居である。
世界全体が、
何百ものシーンで輪切りにされ、
時間軸の上で孤立している。

しかも、
シーンの間にからみはない。
シーンの内部世界が変わることもない。
あらかじめ、作られたシーンが、
鉄道が時刻表で運行されるように、
整然と流れつづける。

これは、
シミュレーションゲームとは真逆の世界だ。
シミュレーションは、
世界の時空が連続し、
何かをすれば、
他の時空に影響をおよぼす。
道で拾った小石が、
引力を介して星々に影響するように。

シミュレーションゲームしかやらない僕が、
すっかりはまってしまった。

ガジェットの素晴らしさは、
庄野晴彦のアートワークによる。
15年前のCGツールは、
今とは比べものにならないほど非力だった。
誰が描いても同じような絵にしかならない。
ところが、
ガジェットの映像は、
それでも、強烈な世界観で、
他を圧倒した。

ところが、
記憶によれば、
「ガジェット」の実売本数は3万。
PCゲームなら大ヒットだが、
メジャーなタイトルにはなれない。
ガジェットの不幸はここにあった。

by R.B

関連情報