BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■不眠症 2009.10.25

とくに、悩みがあったわけじゃないが、
小さい頃から、
不眠症だった。

床に入り、目をつむると、
鮮やかな映像、
見たこともない記号、
言葉を介さない奇妙な思念が、
脳をかけめぐる。
これじゃ、眠れない。

意識で止めても、
数秒しかもたない。
僕の脳は、
僕の支配下にはなかった。
もっとも、
それが夜中で良かった。
もし、昼だったら、
すでに廃人だ。

高校2年の夏、
不眠症はさらに悪化し、
学校の成績も落ちた。
その頃、学年で5番だったのに、
負けるはずのない同級生にも抜かれた。
あれは悔しかったな。

それでも、年に1、2回、
まともに眠れる日があった。
そんな日はソーカイ。
何を考えても、すべてのニューロンが反応し、
パルスが稲妻のようにかけめぐる。
面白いアイデア、ロジックが次々とわきあがる。
どんな問題でも解決できそうな ・・・
ありえないけど。

それでも、
毎日熟睡できたら、なんて思わない。
今のままで十分。
なぜか?

僕は不眠症のDNAをもつが、
神様はそれを哀れんで、
別のDNAもくれた。
脳内で、Another Worldを構築する力。

脳が、
リアルタイムに世界を創造し、
リアルタイムでそれを体験する。
自作自演、
たった一人の観客、
完全無欠のバーチャルワールドだ。

夜、バーチャルワールドにいると、
そのまま眠りにつくことがある。
すると、
その世界が夢に継承される。
ビジュアルが一気にグレードアップし、
視界を埋めつくす。
眼球が、360度全方位をとらえ、
息をのむほどの迫力。

一旦、このモードに入ると、
途中で目が覚めても、大丈夫。
トイレに行って、そのまま眠れば、
「つづき」を見ることができる。
これは本当に便利。

このDNAのおかげで、
僕は宇宙を旅し、
宇宙の果てまで行き、
時間を旅し、過去と未来にも訪れた。
空想は意識の中にあるが、
僕のAnother World「バーチャルワールド → 夢」は、
意識と無意識の境界にある。
つまり、意識の”渚”。
え、ただの妄想?
そうかもしれない ・・・

あるとき、こんな夢を見た。
大きな家があって、
そばに、大きな木がある。
空は鮮やかなブルー。

意識が無限に拡大している ・・・

そのシーンの中に、
「すべてがある」のを感じる。
1人も見えないのに、
懐かしい仲間がみんないる。
それをビジュアルでなく、
意識で認知している。
体験したことのない至福につつまれた。

ひょっとして、これが、
ユングのいう「象徴」かもしれない?
心理学者ユングは夢分析を重視し、
無意識が意識に投影されたものを、
「心像」とよんだ。

無意識は、文字どおり、認知できないが、
意識上に具象化されれば、認知できる。
これは、意識が生んだ空想や妄想とは別モノ、
とユングは記している。
さらに、ユングは、
「心像」の中で、特に創造性をもたらすものを、
「象徴」とよんだ。

夢で見たあのシーンは、
無意識の何かが、
家、木、空として具象化されたものかもしれない。
現実ではありえない至福を、
創造したのだから。

その背後にある”存在”にも気づいた。
おそらく、無意識の原型。
では、それを探知したのは、僕の中の何?
視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚のいずれでもない。
ひょっとして第六感?
そんなもの、本当にあるの?
だけど、心の中の何かがそれを探知した。

不眠症のおかげで、
僕は脳の神秘にふれることができた。
たった1400ccの脳の中に、
宇宙サイズの思考空間が広がっている。
これは本当にすごいことだ。

今度生まれ変わったら、
脳の神秘を解明することにしよう。
だけど、また不眠症なら、
成績は期待できないだろうし、
学者はムリかな。

by R.B

関連情報