BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■スマホに完全対応した理由 2015.09.04

電車の中の景色は、
時代の写し絵かもしれない。

その昔、
来日した外国人たちは、
電車の中で漫画を読みふけるサラリーマンをみて、
目を丸くしたものだった。

日本人は、大人になっても漫画に夢中!?
ジャパニーズ・アニメが、
まだ世界で認知されていない時代だ。

その後、
車内の「漫画」は「任天堂DS」に変わった。
紙メディアから電子メディアへと進化したのである。

ところが、
今ではスマホ一色、
たまに ・・・ iPad

孤立したデバイスが、
ネットワークへと進化したわけだ。

じつは、この差は大きい。

コンテンツが、
ユーザーのデバイスの中ではなく、
インターネットのかなたにあるサーバーの中にあるのだから。

というわけで、
漫画、小説、映画、ゲーム、ソーシャル、
中身がなんであれ、
今は、すべてウェブ。

裏を返せば、
ウェブ端末さえあれば、
いつでもどこでも、
どんなコンテンツでも楽しめる。

それもこれも、
スマホのおかげだ。

ポケットに入るサイズで、
重さも100gぐらいで、
カンタンに持ち歩けるから。

ところが、昔はカンタンではなかった。

ウェブ端末といえば、
パソコンしかなかったから。
しかも、ほとんどがデスクトップ。
あんなデカいものを持ち歩くのはムリ。
だから、インターネットは、
机の前に鎮座するしかなかったのである。

ところが、
アップルのスティーブンジョブズが、
世界を変えた。
「スマホ」を再発明したのである。
(モバイルは前から存在したが商業的に成功しなかった)
それが、今の「iPhone」だ。

結果、
2015年現在、
ウェブ端末といえばスマホ、
日本ではiPhoneが一人勝ち、
という状況が続いている。

それを示すデータもある。

年代別のウェブ端末の1日の使用時間 ・・・
【10代】 → パソコン(20分)+モバイル( 80分)=100分
【20代】 → パソコン(60分)+モバイル(100分)=160分
【30代】 → パソコン(50分)+モバイル( 60分)=110分
【40代】 → パソコン(80分)+モバイル( 40分)=120分
【50代】 → パソコン(70分)+モバイル( 30分)=100分
【60代】 → パソコン(40分)+モバイル( 20分)=110分

まずは、
パソコンとモバイルの合計時間、
つまり、1日にウェブを利用する時間。

ほとんどの世代が「100分」前後なのに、
20代だけが「160分」と突出している。
原因はモバイルの使用時間が「100分」と長いこと。
これは10代でも同じなので、
「若者=モバイル」
という構図が見て取れる。

つぎに、モバイルの使用時間。

歳を取るほど、
モバイルの使用時間が激減していく。
最長の20代と比べると、
30代と40代は「1/2」
50代は「1/3」
60代は「1/5」。

この凄まじい落ち込みようは何?

歳とともに、
小さい画面が見づらくなり、
50代以降は老眼がすすんで、
見る気もおこらない ・・・
そんな哀しい現実がみてとれる。

つぎに、パソコンの使用時間。

10代が「20分」と極端に短い。
それはそうだろう。
小学生、中学生はまだ仕事をしていないから。

10代に次いで、
パソコンの使用時間が短いのが60代。
1日「40分」と、
40代と50台の半分しかない。
この極端な落ち込みは、
「定年退職=リタイア」
で説明できる。
要は、仕事をしなくなったのだ。

つまり ・・・

パソコンは仕事の道具なのである。
(昔は趣味の道具だった)

たとえば、
プログラミング、デザイン制作、
WordやExcelでビジネス資料作り、
マシンパワー爆食いのミュレーション、
業務用アプリはすべて、
高解像度、大画面、強力なマシンパワーが必須。

だから、
スマホではムリ、
パソコンでしか処理できないのである。

一方、
カンタンな調べ物、
ニュース、読み物、ゲーム、買い物、
なら、スマホの方がいい。

大画面もマシンパワーも不要だし、
どこでも持ち運べて、
起動するのも一瞬だから。

というわけで ・・・

先のデータはコンピューティングの未来を暗示している。

「ウェブはモバイル一色」

未来をになう10代、20代の若者が、
モバイル >> パソコン
で、パソコンしか使えない40代以降は、
20年で消えていなくなるから(生産・消費市場からという意味)。

最近、
これにからむ面白い話を聞いた。
IT企業の役員さんたちが、
口をそろえて言うには ・・・

最近の若いモンは、
キーボードの使い方も知らない。
だから、
新入社員教育で「パソコンの使い方」
を教えている。

新入社員がパソコンを使えない?

大学の卒論もスマホですませた??
ありえない ・・・
一体、どうなっているのだ?

真偽のほどは定かではないが、
主要ツールが、
パソコンからモバイルに変わりつつあるのは確かだ。

だから、今後、
すべてのコンテンツは、
まず、スマホに最適化し、
パソコンはあくまで「おまけ」。

じつは、
これと同じようなことが、
15年前にもあった。

その頃、
デスクトップパソコンが減って、
ノートパソコンが急増していたのだ。
当時、
ガイアチャンネル~3D地球儀で眺める世界史~
という歴史ソフトを作っていたので、
難儀なことだ ・・・ と頭をかかえたものだった。

というのも ・・・

このソフトは、
ビジュアルはすべてリアルタイム3Dで描画される。
だから、
3Dチップのスペックが大きくものをいうのだ。
ノートパソコンの貧弱な3Dチップでは、
CGアニメーションは、
コマ落ちでガタガタ。

じゃあ、一部、2Dでやったら?

ムリ!

そもそも、このソフトは、
1.地球(球体)
2.地球上のオブジェクト(町、交易路、英雄、軍団、艦隊、航空機、宇宙船・・・)
3.イベント(戦争、同盟、発明、裏切り、英雄の独り言、災害・・・)
をすべて3D描画する!
が、ウリだったのだから。

それを、いまさら、
非力なノートパソコンにあわて、
スペックダウンする?

ありえない!

そもそも、
3Dと2Dの玉石混合はやりたくない。
ハイブリッドなんてタコだ、
テクノロジーたるもの、モノリシック(一枚岩)たるべし!

なんて、お尻の青いポリシーで、
貧弱な3Dチップはバッサリ、
という大胆不敵な作戦に ・・・
販売本数を直撃したことは言うまでもない。

もちろん、
2015年以降のノートパソコンなら快適に動作するが、
今となっては手遅れ。
コンピュータデバイスの主流は、
ノートパソコンどころか、スマホなのだから。
しかも、
ゲームのほとんどはフリー。
販売本数もへったくれもないだろう。

だから、昔も今も貧乏なのだ ・・・ 哀しい。

そんなある日のこと、
神様が貧乏を哀れんで、
手をさしのべてくれた。
某大手IT企業から、
ウェブ広告の話が舞い込んだのだ。

すでに、
GoogleのAdSenseを導入しているし、
手間もかからないし、
話に乗ろうと思ったが、
一つ問題があった。
この会社のウェブ広告は、
「スマホ専用」だったのである。

これまで、
ウェブサイトといえば、
大画面のパソコンで見るリッチサイトが主流だった。

そのため、スマホで見ると、
文字が「豆粒」で、読みづらい。
40代以降の老眼世代なら、
見る気もおこらないだろう。

もちろん、
拡大すれば字は読めるが、
一行読むたびに、
横スクロールする必要がある。
メンドーくさぁ~

そこで、
大手のウェブサイトは、
スマホに完全対応している。

スマホ対応?

スマホでアクセスすると、
小さい画面に最適化され、
文字が大きくなり、
拡大も、横スクロールも不要。

一方、
パソコンでアクセスすると、
大きな画面に最適化され、
大量の情報が一網打尽にできる。

スマホ用とパソコン用の切り替えは、
文字のサイズだけでなく、
ページのレイアウトも違う。
だから、スマホとパソコン、
どっちでも快適なわけだ。

というわけで、
今後、コンシューマ相手のサイトなら、
スマホ対応は必須。

実際、
検索エンジンの覇者Googleは、
2015年4月から、
モバイルに対応していないサイトは、
検索順位を下げている。

つまり、
スマホに対応していないウェブサイトは、
時代遅れの過去の遺物!
というわけだ。

せっかく作ったウェブサイトが、
シーラカンス呼ばわれされては、たまらない。

というわけで、
当「ベネディクト地球歴館」もスマホ対応することにした。

元々、このサイトの一番人気の、
週刊スモールトークとスモールトーク雑記は、
ヒマつぶしに読む人が多い。
1日1万ページビューを超えるが、
そのほとんどが、ヒマつぶしなのだ!

そりゃあ、そうだろう。
「スモールトーク」の意味は「世間話」なのだから。
ヒマつぶし以外にどんな意味があるというのだ。

でも ・・・

もし、目的がヒマつぶしなら、
どんな時に読むのだろう?

通勤電車、
公園、茶店、レストラン、
自宅のソファかトイレ

・・・

おいおい、「モバイル」じゃないとダメじゃん!

そこで、
Google Analyticsで分析してみると、
アクセスデバイスの「52.69%」がモバイル!
しかも、
「46.33%」がiPhoneなのだ。

え、アクセスの半分がiPhone!?

つまり、こういうこと。

サイトを訪問してくれるユーザーの半数以上が、
拡大して、横スクロールして、イライラしながら閲覧したか、
さっさと立ち去るかだった ・・・
もったいないというか、申し訳ないというか。

そこで、
大金を投じて?
「ベネディクト地球歴館」を完全スマホ対応にした。

これで、
ヒマつぶしサイトの面目躍如!

ということで ・・・

これからもよろしくお願いいたします!

by R.B

関連情報