BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■インフレに強い商品・金&投信 2015.08.09

インフレになっても、価値が目減りしないのは?

モノ!

インフレとは物価が上ることなので、
モノの価値 > カネの価値
だから、
おカネで持つより、モノで持つ方が得!

とはいえ、
大根を買いだめするのはお勧めできない。
置き場所に困るし、
すぐに腐るし、
そもそも、
誰も「資産」なんて思っていないから。

では、
何が「モノの資産」になるのか?

最もポピュラーなのは不動産だろう。
ただし、
持っているだけでは、
税金をとられるだけなので、
おカネを生む仕掛けが必要だ。

たとえば、アパート経営。
物価が上がれば、
家賃も上がるし、
不動産価格も上がる。
だから、
二重のインフレヘッジ(回避)になるわけだ。

じゃあ、お前が買ったらどうだ、
という話になるのだが、
僕には買えない。
住む家を買うので精一杯なので。
(しかも中古)

というわけで、
身の丈の投資でがまんしている。
それが、
田中貴金属の「純金積立」。

「純金積立」とは、
読んで字のごとく、
毎月、純金を積み立てる貯蓄。
たとえば、
積立金額を1万円に指定すれば、
毎月、1万円分の金を買ってくれる。
(買うのは田中貴金属)

つまり、
マネーの積立てではなく、
Goldの積立て。

毎月、一定額の金を購入するので、
金の価格が高いときに少量、
安いときに多く、購入できる。
平均すると、安く買えるという寸法だ。

さらに、
購入した金は田中貴金属が預かってくれるので、
盗まれたり、
火事で消失することもない。
そして、いつでも、
金地金(金の延べ棒)や金貨や現金に替えて、
引き取ることもできる。

ではなぜ、金(Gold)なのか?

1.需要がある。
宝飾品と工業品。

2.量が少ない。
金は希少な貴金属で、
安価な元素変換技術が発明されない限り、
希少性が失われることはない。

3.劣化しない(腐食しない)。
大根のように腐っては元も子もない。

4.国籍をもたない。
通貨は国籍をもつため、
その国の政治・経済・外交の影響をうける。
これを、ソブリンリスクとよんでいる。

たとえば、ドル。
現在、オンリーワンの基軸通貨で、
世界中の国際取引で使われているが、
国際法で定められているわけではない。
アメリカの国力が図抜けているから、
結果としてそうなっているだけ。
IBM PC互換機やWindowsと同じく、
デファクトスタンダード(事実上の標準)にすぎないのだ。

ということで、
毎月3万円貯金できるなら、
1万円は純金積立に、
2万円を銀行に預金する。
そして、
銀行預金がまとまったら、
別のものに投資するのがいいだろう。

別のもの?

たとえば、株。

株は金融資産だが、
モノの仲間なのでインフレに有効だ。
実際、
1930年代のドイツのハイパーインフレのときも、
株価も物価と連動して上昇したので、
(ある程度)しのぐことができた。

ただし、
日本で買う株は円建てなので、
円安はヘッジ(回避)できない。
中長期的には円安は必須)

では、
円安の対抗策は?

「円資産」を「ドル資産」にシフトする!

ドル資産?

ドル預金でもいいが、
大きく増やしたいなら、
米国の投信か株だろう。

まずは、投信。

昨年末、
銀行の定期預金を解約して、
野村證券が販売する投信、
「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信」。
を買った。

この商品は、
資産の92.5%を米国の成長株で運用するアグレッシブな商品だ。
利回りは、ここ数年、
年率32%から45%と非常に高い。
(2015年3月の銀行利息は年率0.02%)。

さらに、
オプションとして、
為替ヘッジなしのBコースと、
為替ヘッジありのAコースがあるが、
ここは迷わずBコース。

「為替ヘッジなしのAコース」は、
為替の変動を相殺するので、
円安のメリットを享受できないから。

この商品は野村證券が販売しているが、
運用しているのはアメリカの企業。
つまり、
円資産ではなく、ドル資産。
しかも、
実体は米国の成長株なので、モノ資産。

というわけで、
この商品はインフレと円安を両方ヘッジできる。
しかも、
利回りが高く、透明性も高い。

透明性?

運用するのが、
アップルやGoogleのような成長株と決まっているから。
つまり、
サブプライムローンみたいなインチキ商品が紛れ込む心配がない。

もちろん、
実体は株なので、
下がることもある。
たとえば、
リーマンショックの時は、
40%下落している。

40%の損?

おいおい、シャレにならぞ!

ノーノー、心配無用。

下がったら売らなければいいのだ。
資本主義経済が続く限り、
いつかは上がるから。

実際、
この商品の現在の価格は、
リーマンショック前の2倍。
(暴落後ではなく)
つまり、
リーマンショックのときに、
狼狽売りしなければ、
資産は2倍になっているわけだ。

さらに、
この商品は購入するのもカンタン。
10万円とか100万円とか、
金額を指定するだけでいい。

では、いくら買ったらいいのか?

僕みたいに、
不動産投資がムリな人は、
余剰資金の30~50%ぐらいは買ってもいいだろう。
(日本円の銀行預金よりはマシ)

ただし、
投信は、ダウ平均を買うようなものなので、
10倍の値上がりは期待できない。
(10年単位なら別だが)

では、
インフレと円安を両方ヘッジし、
ガバッと儲ける方法は?

米国株の一本釣り。

ただし、
信用取引ではなく、現物取引にすること。

「信用取引」は、
元本の何倍もの投資ができるので、
儲けも大きいが、
損失も大きい。

そして、最悪なのは、
長期的な投資ができないこと。
(損がかさむと、強制終了させられる)

ということで、
次回のお題は、
究極のインフレ・円安対抗策「米国株」

by R.B

関連情報