BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■貧乏防衛Ⅱ・円安の恐怖 2015.08.09

アベノミクスは、
公然と、インフレを狙い、
密かに、円安に誘導している。

金融市場に大量のお金をバラまき、
「お金 > モノ」の状況を創りだし、
物価を引き上げ、
さらに、
円安で輸出企業を儲けさせ、
社員の給料を引き上げ、
インフレに持ちこもうとしている。

しかし・・・

このままでは、
インフレではなく、
悪性のスタグフレーションになる可能性がある。
物価は上がるけど、給料は上がらない、
そんな人を喰ったような世界。

さらに、
円安は銀行預金を目減りさせる。
2012年~2015年で、
37%円安になっているので、
国際基準(ドルベース)でみると、
37%目減りしたことになる。

いつの間に?
オデは何もしていないぞ!
と怪気炎をあげる人のために、
まずは、為替レートのおさらい。

為替レートは、
通貨の価値をあらわす。

たとえば、1ドル120円なら、
1ドルと120円が同じ価値をもつ。
つまり、
1ドルと120円が交換できるわけだ。

では、
1ドル76円なら?
1ドルと76円が交換できる。

どっちが得か?

そりゃあ、
1ドルを76円でゲットできる「1ドル76円」の方が得でしょう。
この場合、
円の方がドルより価値が高いので、
「円高・ドル安」とよんでいる。

ところが、
2015年2月現在は1ドル120円、
つまり、円安・ドル高。
円はドルより価値が低いわけだ。
というのも、
1ドルの輸入品を買うとき、
120円払う必要があるから(1ドル76円なら76円で済む)。

じつは、
今、物価が上昇傾向にあるのは、
アベノミクスのインフレターゲット(物価を上昇させる金融政策)
が効いているからではない。
円安・ドル高で、
輸入物価が吊り上がっているから。

ところが、
輸入物価が上がっても、
得するのは外国の輸出企業だけで、
日本企業はゼンゼン潤わない。

(便乗値上げする輸入業者をのぞいて)

あ、それで思い出した!

東京ディズニーリゾートとUSJが値上げしましたね。
しかも、大幅に。
輸入品とは直接関係ないのに。

来たくなければ、
来なくてもいいですよぉ~、
どうせ、満員ですからぁ~、
と言わんばかり。

資本主義なんだから、そのどこが悪い!

ごもっとも。

でも、正直、
こういうのは好きじゃない。

夢を売る子供相手のサービスなのに、
なんだかんだ理屈をつけて、値上げして、
ふたを開けば、
普通の企業ではありえない利益率。
これで、必要があって値上げしました、
と言われてもねぇ。

だから、僕は二度と行かない。
(そもそも行列が大嫌いなので)

とはいえ、
こんな風潮が根づくと、
インフレが常態化するかもしれない。

輸入物価が、
どんどん値上がりし、
さらに、
便乗値上げが横行すれば、
すべての物価が上がる。

でも、
ガソリンは下がってるぞ。

それは、
原油価格が下がったから(原油はドル建て)。
実際、
1バレルあたり「100ドル → 50ドル」と大暴落している。

本来なら、
日本のガソリン価格も半額になるはずなのに、
そうはなっていない。

なぜか?

円安・ドル高で、
輸入物価が値上がりしているから。
コワイコワイ。

ところが ・・・

円安・ドル高は、
輸入品だけが値上がりするわけではない。
原料が輸入品なら、国産品も上がる。

さらに、
ココが一番の問題なのだが、
資産が目減りする!

たとえば、
1.銀行預金
2.生保系貯蓄商品
3.株
4.投信
5.不動産

全部じゃん!

イエス、円建ての資産はすべて目減りする。

どれくらい?

「37%」円安なので、「37%」減。

へぇ~、そりゃ大変だ、
なんて変顔作って、喜んでいる場合じゃないですよ。

たった、3年間で、
「100万円」の貯金が「63万円」に減ってるんですからね!
(国際基準=ドルベースでみたら)

理屈はわかったけど ・・・
円安・ドル高がずーっと続くわけじゃないでしょう。

ノー!

”続く”どころか、
円安・ドル高はさらに”進む”。

短期的には、
投機筋の思惑や
事件やデマに過剰反応するAIボット(金融取引専用コンピュータ)が原因で、
乱高下するだろうが、
中長期的には、円安・ドル高に進む。

北米大陸が沈没するとか、
宇宙人が北米大陸を切り取って、母星に持ち帰るとか、
そんな、想定外のことが起こらない限り ・・・ 起こらんわ!

では、エビデンス(証拠)は?

為替レートは、
「国力」を写す鏡なので、
国のファンダメンタルズ(基礎的な経済指標)に左右される。

もし、
ファンダメンタルズが「日本 > アメリカ合衆国」なら
ドルより円が強くなり、「円高・ドル安」になる。
たとえば、
3年前の「1ドル76円」。

逆に、
ファンダメンタルズが「日本 < アメリカ合衆国」なら
円が弱くなり、「円安・ドル高」になる。
今の「1ドル120円」のように。

そして、
今後は、さらに「円安・ドル高」が進む。
1ドル150円~180円ですめばいいのだが ・・・

マジか?

はい。

ということは ・・・

アメリカと日本の差がますます開くってこと?

イエス。

前述したように、
為替レートを左右するがファンダメンタルズだが、
中でも、重要なのが「経常収支」。

「経常収支」は主に、
貿易の儲け(貿易収支)と、
海外資産の利息(所得収支)からなる。
つまり、
対外的な経済力と考えていいだろう。

ちなみに、
米国の経常収支は、
かつて、年間8000億ドルだったが、
2013年には4000億ドルに半減している。

一方、
日本の経常収支は悪化するばかり。

というわけで、
円安・ドル高は必然。

しかも、
この状態は今後も続く。
おそらく、50年は ・・・

なぜか?

中長期的にみても、
ファンダメンタルズは「アメリカ >> 日本」
だから。

エビデンス!!

一般に、ファンダメンタルズは、
1.労働力
2.お金
3.技術革新

の三つの要因で決まる。

まずは「労働力」。
じつは、先進国の中で、
唯一、アメリカだけが人口が増加している。
一方、日本は減るばかり。
つまり、
労働力では現在も未来も、
「アメリカ >> 日本」

次に、「お金」。
GDPでは、アメリカが世界一。
しかも、
アメリカは金融のメッカなので、
世界中から投資マネーが集まってくる。
なので、「お金」でも、
「アメリカ >> 日本」

最後に、「技術革新」。
経済は、
既存の商品やサービスが成熟すると、
景気循環のループに入る。
それを打破し、
経済を成長させるのは「技術革新」のみ。

たとえば、
自動車が発明されたとき、
自動車通勤、ドライブなど、
まったく新しい需要が生まれた。
この新しい需要は、
GDPにそのまま上乗せされる。

しかし、
電気自動車が普及しても、
ガソリン自動車のパイを食うだけなので、
GDPには貢献しない。

つまり、
経済を成長させるには、
代替品ではなく、
全く新しい需要が必要なのだ。
その原動力は、
改良技術ではなく、技術革新なのである。

そして、
この技術革新でも、アメリカは一人勝ち。

たとえば、
蒸気機関以来の技術革新「ビッグデータ&人工知能」も、
アメリカがダントツ。
特に、
IBMの基礎技術とGoogleの応用技術は凄まじい。
「高度な技術は魔法と区別がつかない」
を画に描いたようなハイテクだ。
残念ながら、
日本が付け入るスキがない。

そもそも、
歴史的にみても、
技術革新は欧米が独占してきた。
・・・・
蒸気機関(イギリス)、
電気文明(アメリカ)、
コンピュータ(アメリカ)、
V2ロケット(ドイツ)、
自動車(ドイツ、アメリカ)

では、日本は?
カップヌードル!

というわけで、
技術革新(イノベーション)でも、
「アメリカ >>> 日本」

ところが、
アメリカの一人勝ちの要因はまだある。

シェール革命。

これまで、
原油や天然ガスは油田から産出した。

ところが、
シェ-ル革命では、
天然ガスや石油を含む岩盤を破砕し、
ガス(シェールガス)や石油(シェールオイル)を抽出する。

ただし、油田にくらべ、
手間ががかり、コスト高なので、
これまでは採算が合わなかった。
ところが、
採掘技術に技術革新がおこり、
1バレルあたり、
50ドル~80ドルで精製できるようになった。

ちなみに、
従来型の油田の採算ラインは、
1バレル50~130ドル(産油国によって違う)。

つまり、
シェール革命により、
エネルギーの新しい供給口が出現したわけだ。
その結果、
供給量 >> 需要量
で、原油価格が暴落したのである。

もちろん、
それで困るのは産油国(OPEC)。
経済も政治も外交も、
原油におんぶにだっこだから。

そこで、これまでは、
減産して(供給量を減らす)、
原油価格を上げていたが、
今回はそれはナシ。

なぜか?

原油安を続けて、
アメリカのシェール革命をぶっ潰すため。
あくまでもウワサだが、
本当だろう。

じつは、
シェールガス、シェールオイルの最大の産出国がアメリカ合衆国なのだ。
順調にいけば、2017年には、
アメリカは石油・ガスの生産量で世界一になるという。
(現在はロシア、中東)

さらに、2035年には、
アメリカは「エネルギーを自給自足する」という予測もある。

高度な技術力と工業力にくわえ、
エネルギーも自給自足?
そんな国ありません!

もし、本当に、
アメリカがエネルギーを自給自足するようになれば、
経常収支はさらに好転する。

というのも、アメリカは、
毎年2000億ドルの石油を輸入している。
それがゼロになるのだから、
経常収支が好転してあたりまえ。

というわけで、
ドル高要因がテンコモリだ。

一方、日本の未来は ・・・ 暗いとは言わないがアメリカとの差は開くばかり。

だから、
ファンダメンタルズは、
今は「アメリカ > 日本」だが、
未来は「アメリカ >>> 日本」。

つまり、
とことん、円安・ドル高なのである。

ただし、
極端なドル高は、アメリカの輸出産業を弱体化させるので、
アメリカ政府は介入するだろう。
うまくいくかどうかは別として。

ということで、
今後の日本は、
インフレと円安・ドル高で物価は上がるが、
給料は上がらない(大手企業と公務員はのぞく)。

その結果、日本は、
アメリカや中国なみの格差社会になるだろう。
富める者はさらに富み、
貧しき者はより貧しくなるのだ。

前述したように、
円安・ドル高がもたらす問題は、
物価と給料だけではない。
資産も目減りしていく。

それは、
お金持ちも貧乏人も同じでは?

ノー!

お金持ちは、
すでに対策済みです。

ということで、次回は、
いかにして、
インフレと円安から財産を守るか

by R.B

関連情報