BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■貧乏防衛Ⅰ・インフレの恐怖 2015.08.09

銀行預金の半分を ・・・
といっても、サラリーマンなので、
大した額ではないのだが、
サクッっと解約した。

理由はカンタン、
今後、日本はインフレになるから。

アベノミクスは、
賛否両論あって、
論評の数は評論家の数よりも多く、
内容もうさん臭いし、
そもそも、
経済予測なんて当たった試しがないので、
鵜呑みにできないのだが、
一つだけ確かなことがある。

政府はインフレに本気!

おいおい、
政府が物価を上げてどうする、バカじゃないのか?
は遠い昔の話。
たしかに、昔は、
放っておくと、インフレになった。
だから、
バブルがはじけるまでは、
政府の経済政策はたいてい「インフレ抑制」。

ところが、
科学技術が進歩して、生産性が向上し、
さらに、
中国みたいな人件費の安い国が大量生産するものだから、
世界中にモノがあふれ、
「モノの価値=物価」が下がってしまった。

(数量が多いものほど価値は低く、少ないものほど価値は高い)

物価が上がらないと、
企業の売上が増えないし、
給料も増えない。
つまり、万年不況 ・・・

そこで、
安部政権は、
不況を脱するために、
誰でも思いつきそうな、
でも、
ちょっと危険な方策を打ち出した。

インフレターゲット、
物価を強引に引き上げる金融政策である。

ふつう、
需要量(買いたい人) > 供給量(売りたい人)
なら、モノ不足になるので、
物価は放っておいても上がる。

でも、現実は、
需要量 < 供給量

というのも、
20年におよぶ不況で、
庶民はサイフのヒモを締めているし、
若者はモノを買わないし、
そもそも、
人口が減っているのだから、
需要が増えるわけがない。

一方、
中国のような巨大な供給口があるので、
供給は増えるばかり。

というわけで、
需要量 << 供給量
は鉄板。
だから、
物価は下がって当たり前。

そこで、安倍政権は、
需要量 > 供給量
をあきらめて、
別の方法をとることにした。

カネの量 > モノの量

市場に大量のおカネをバラまいて、
物価を押し上げようというのだ。

それで上がる?

先の経済原則、
数量が少ないものほど価値は高い、
を思い出そう。

もし、
カネの量 > モノの量
なら、
カネの値打ちが下がり、
モノの値打ちが上がる、
つまり、
相対的に物価が上がる。

でも ・・・
実際に売り買いがないと、
成立しないのでは?

だってそうじゃないですか。

モノよりカネが増えたので、
物価を上げます!
と言い張っても、
誰も買わなければ、
値下げするしかないですよね。

だから、
カネが増えようが、モノが減ろうが、
売買があって、
初めて価格は決定する。

というわけで、
需要がない以上、
何をどうしようが物価は上がらない。
たとえば、
米の値段が1/2になっても、
ごはんを2倍食べる人はいないでしょう。

ところが ・・・

それがどうした!
と、言わんばかりに、
日銀は目標を高らかに宣言した。

「インフレ率2%」

これは、
毎年、物価が2%上がることを意味する。

そして、
日銀は市場に大量のカネをバラまいた。
新規発行量を上回るペースで、
市場から日本国債を買い入れたのである。
日銀が市場から国債を買えば、
その代金が市場に流入する。
つまり、おカネが増えるわけだ。

その結果、
日銀の資産はGDPの60%に達し
異常事態となっている(欧米は20%)。
政府・日銀の
本気度がわかるというものだ。

これが、
ニュースでよく見聞きする「金融緩和」である。

市場に大量のおカネが流通すれば、
モノを買う動機が生まれ、
需要が増えて、
物価も上がるというわけだ。

しかし ・・・

増えたおカネが、
モノやサービスに使われるとは限らない。
先の「米の値段が1/2」の話と同じで、
給料が2倍になっても、
ごはんを2倍食べないでしょう。

では、カネはどこへ行く?

いわずとしれたマネーゲーム。

たとえば、
株、原油・農産物の先物取引、
はたまた、サブプライムローンみたいなインチキ証券など。

そんなもの買ってどうする?

買いたいモノやサービスがないのだから仕方がない。

それに、マネーゲームなら、
おカネが増える可能性もある。
(減る可能性もある)

というわけで、
カネが増えても、
モノやサービスの取引が増えないのなら、
物価は変わらない。

そこで、政府は、
インフレを促進するため、
さらなる手を打った。
大企業に賃上げ圧力をかけたのである。

サラリーマンの収入が増えれば、
購買意欲が高まり、
需要量 > 供給量、
結果、
物価が上がるというわけだ。

それにしても、
政府はなぜそこまでして
インフレに執着するのか?

景気を良くして、
国民を幸福にしたいから?

そうなると本当に良いですねぇ~、
でも、本音は別の所にある。

国債、つまり、
国の借金を目減りさせるため。

インフレになれば、
貨幣価値は下がる。
だから、国の借金はチャラ!
とは言わないが、
実質目減りする。

たとえば、
100万円の国債を発行し、
10年後に償還するとき、
「100万円+わずかな利息」を返金するわけだが、
インフレで、100万円の価値が半分になっていたら、
実質、返金するのは50万円!

政府はラッキー&ハッピー!
でも、買い手(金融機関と個人)はたまったもんじゃない。

新手の詐欺にも見えるが、
政府はこれを狙っている!
大きな声では言えないから、
小さな声で言うけど、
ホントだぞ。

ただし、
政府に悪意はない。

財政赤字=国の借金=国債
を減らそうとしているのに、
そのどこが悪い。
責務に忠実なんだから尊敬しろ、
というわけだ。
(言ってないと思うけど)

とはいえ、
悪意があろうがなかろうが、
国の借金がどうなろうが、
誰が損をしようが、
・・・・
自分だけは損したくない!

ですよね。

ところが、
もっとコワイ話がある。

インフレで物価が上がっても、
給料が上げればなんとかなる。
でも、
給料が上がらなかったら?

これが恐怖のスタグフレーション。

貧乏がさらに貧乏になる、
最悪のパターンなのだが、
これがすでに始まっているのだ。

マジか ・・・

ただし、
あなたが大企業の社員か公務員なら、
この話は忘れていい。

というのも ・・・

大企業は余力があるし、
国や地方自治体は税金を上げればいいのだから。
つまり、給料は上がる。

しかし、
労働者の63%が占める中小企業は、
賃上げはカンタンにできない。
売上、利益が上がらないのに、
給料だけ上げたら、どうなりますか?
倒産します。

じゃあ、
キリギリスさんのように(アリさんではなく)、
質素倹約して、貯金に励んだらどうだろう。
銀行利息が物価の上昇率なみになれば、
なんとかなるかもしれない。

なんともならない。

2015年の銀行金利は平均0.02%。
この場合、
100万円を10年預けても、
利息は1600円也(税金も考慮)。
はぁぁぁ~、なめとんのか!

問題はそこではない。

日銀が目指す物価上昇率は2%、
銀行利息は0.02%、
つまり、
物価は、銀行利息の「100倍」の速度で上昇する!
(政府の思惑どおりいけば)

これって ・・・

たくさん貯金すればするほど、
長期間貯金するほど、
損するってこと?

そうですね。

これが冒頭の、
「銀行預金の解約」
の理由なのである。

さては、
なんだかんだ言って、
政府の「インフレターゲット」を信用しているな?

ノー!

先の理由から、
何をどうしようが、
カンタンにはインフレにならない。

ところが ・・・

カンタンにインフレにする方法がある。

今起こっている「円安・ドル高」だ。

これで、
輸入商品と、
原材料が輸入品の国産品は、
みんな値段が上がる。
(けっこう多い)

実際、為替レートは、
2012年から2015年の3年間で、
「1ドル76円 → 1ドル120円」
つまり、
37%も円安になっている。

だから?

1ドルの外国商品を買う場合、
以前は、76円払えばよかったのに、
今は120円!
つまり、
たった3年間で、37%値上げ!

だから、
物価上昇の強力な要因になるのだ。

しかも、
円安・ドル高で物価が上がっても、
上昇分は、
すべて輸出企業(外国)に入り、
日本企業が潤うわけではない。
(便乗値上げする輸入業者はのぞく)

これが、
物価は上げるけど、
給料は上がらない、
最悪のスタグフレーションなのである。

さらに、
円安・ドル高は別の災いをもたらす。
安全なはずの、
銀行預金、生保系貯蓄商品などの
円建ての金融資産を目減りさせるのだ。
現実に、
3年間で37%も目減りしている。

しかも、
円安・ドル高は今後さらに進む。

最悪 ・・・

というわけで、
銀行預金を解約した一番の理由は、
政府のインフレターゲットではなく、
円安・ドル高

by R.B

関連情報