BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■ヤモリとブス猫 2013.10.27

夜、風呂に入っていると、
窓にヤモリがはりついている。
白い腹を窓にくっつけて、
何か目論んでいるようだ。

窓には、
小さな虫たちがいて、
羽根をばたつかせている。
どうやら、
それを狙っているらしい。

夜、窓に虫が集まるのは、
暗闇の中で、
窓から洩れる灯りに、
虫が惹きつけられるから。

つまり、
我が家の小さな風呂窓は、
ヤモリの狩り場というわけだ。

それにしても、
ヤモリの身体能力恐るべし!
長時間、
疲れもスキもみせず、
窓ガラスに張り付いている。

それがいかに凄いことか、
ヤモリの姿をそのまま、
自分の姿に置き換えてみると、
よくわかる。

つまり ・・・

いい歳したおっさんが、
両手両足に吸盤を装着し、
風呂場の窓ガラスに張り付いている!?
ただのデバガメ、変態だが、
問題はそこではない。

過酷な重力に抗して、
垂直方向の支えなしに、
水平方向の吸着を頼りに、
ぶら下がる ・・・
これで一体、何分もつというのだ?

ところが、
ヤモリはどうだろう。
そんな重力地獄をものともせず、
切り立った垂直面を、
地平面を歩くがごとく、
シャカシャカ歩き回っているではないか。

そして、
獲物が射程距離内にはいると、
長い舌でペロリ!

こりゃ凄い!

ところが、
くだんのヤモリは、
プレデター(捕食者)としてはいまいち。

というのも、
僕が見た限り、
ハンティングに成功したのは一度だけ。
たいてい、
最後の「舌でペロリ」で逃げられている。

ヤモリの静から動への急峻な立ち上がりは、
驚くべきものがあるが、
相手の虫たちも、
負けず劣らず俊敏だ。
弱肉強食世界は厳しい。
だから、みんな真剣なのだ。

少しは見習わなくては。

そんなある晩のこと、
寝ていると、
外でバリバリ異音がする。
風呂場のあたりだ。

懐中電灯をもって、
現場にいくと、
エコキュートのヒートポンプのプロペラに、
雑草のつるが巻き付いている。
それがひっかかって
異音を出しているのだ。

眠くて寒いのをこらえながら、
プロペラにからんだつるを排除した。

そのとき ・・・

ヒートポンプのすき間に
ヘンなものを見つけた。

なんと、あのヤモリではないか!

よくみると、
目をつぶっている。
どうやらご就寝中らしい。

それにしても、
なぜこんな狭苦しいところに居るのだろう。
理由はすぐにわかった。
ヒートポンプを触ると暖かいのだ。
つまり、床暖房!

エコキュートは、
夜、電気料金が安いときに、
電気でお湯をわかすシステム。
だから、
夜中に稼働する。
その間、
ヒートポンプのモーターも回転するので、
その余熱で、
上部が暖かくなるわけだ。

しかも ・・・

ヒートポンプのすぐ上に、
風呂の窓(ヤモリの狩り場)がある。
距離にしてざっと30センチ。

窓でハンティングした後は、
自由落下にまかせて、
ヒートポンプに直行。
そのまま、
床暖ヒートポンプで快眠。

ヤモリにしてみれば、
願ったり叶ったりのスポットではないか。

貧乏な我が身を思うと、
家賃を徴収したいくらいだ。

それにしても、
こんないいスポットをよく見つけたのものだ。
近場のヤモリ不動産で、
我が家を斡旋しているとは思えないから、
「食事&宿泊が徒歩1秒圏内 → 超お得」
に気付いたのだろう。

つまり、
あんな小さな頭で、
「一石二鳥」を理解している?
これは驚きだ。

そう思うと、
このヤモリが急にいとおしくなった。
いつか、
連れ合いを見つけ、
子供をつくって、
家族で住むのだろうか?
ヤモリにそんな習性はなかったか ・・・

翌朝、
カミサンにこのことを話すと、
いつもの責任感で、
家の外のつるを一掃すると言い出した。
それはそれでありがたいのだが、
ヤモリを驚かしたり、
害を与えないよう念を押しておいた。

使命感に燃えた働き者なので、
ゴキブリにしろ、何にしろ、
家に害を与えるものは、
容赦しないからだ。

そういえば、
4年前のゴキブリ事件は今も謎のままだ。
あれは不思議な事件だった。
今でも思い出すと、
深く考え込んでしまう。

翌日、帰宅して、
カミサンに「ヒートポンプのつる」の件を聞いた。
つるは完全に一掃したという。

さすが。

次に、あのヤモリのこと聞いた。
すると、カミサンは、
驚くべきことを言った。

「シッポがなくなっていたわよ」

僕は動転した。

トカゲにしろヤモリにしろ、
何かに襲われて命が危なくなると、
シッポを切り離し、
敵がそれに気を取られているスキに、
その場を脱出する。
これを「トカゲのシッポ切り」という。

ということは、
あのヤモリは命が危なかった!?

猫にでも襲われたのだろか?

近所にタチの悪い猫がいて、
僕の自動車のボンネットの上をよく徘徊する。
エンジンの余熱で暖かいので、
床暖房だと思っているのだ。
おかげで傷だらけじゃないか。

それにしても、
あのブス猫(メスかどうかも判らないが)
ぶくぶく太って、
ふてぶてしい面構えで、
じつに憎たらしい。

きっと、あの猫にやられたのだ。
そう思うと、
ブス猫に腹が立つと同時に、
ヤモリが不憫になった。

その後、
風呂に入って窓に目をやるのだが、
あのヤモリがいない。
体調でも崩したのかな。
それとも、
あのブス猫にやられたのかな。

というわけで、
飼っているわけではないが、
あのヤモリに情が移ってしまい、
今は僕の心の家族になっている。

それにしても、
こんなことで時間を費やすとは ・・・
いよいよ焼きが回ったかな?
それとも、断酒のせい?

by R.B

関連情報